@日本亭 お誕生日ありがとう 第3弾

すみませーん、お誕生日関連記事は、これで最後にしますんで、、、。
次回からは、ちゃんとお料理記事、アップしていきますねー。
あっ、でも旅行記事のアップもしたいのよねー、んー、悩ましい。。。

今年の誕生日、忙しくしながら迎えたので、どう過ごそうかってあんまり考えてなくて、でもおにいさんが、「どうする? どうする?」ってうるさい、、、。
「今年はやっぱり世話になった日本亭さんでゆっくり飲みたい」ってリクエストをすると、「誰と?」ってまた聞き返され、そのうち忙しいんで、「なんでおにいさん誕生日も私がアレンジして、自分の誕生日までアレンジするのよー!」と、「誕生日は感謝の日」って言ってたのはなんなんだー!? って状態でキレました。

慌てたおにいさん、日本亭の予約と自分が驕ることを決意して、自分たちをいれて5人までってことでお友達を直前にご招待(結局、集まったのは4人)。
ホント、直前なのにご参加いただいてありがたかったです。
日本亭での注文もおにいさんが主導権を握ってくれました。

まずは前菜的に

20110727日本亭01   20110727日本亭02

ソラマメは、タイでは高級食材です。
そして茗荷も。
茗荷は、なかなか手に入らないですねー。

お料理番組でプロの料理人が茗荷使って冷奴とか作って、「おいしー!」って絶賛されてるの見ると「あたりまえじゃん、、、」といじけたくなるほど、茗荷が恋しいです。
子供の時は、そんなに食べなかったのにねー。

20110727日本亭04

ジュンサイの吸い酢

「吸い酢」っていう料理があるんですねー、薄味な酢のものです。
ジュンサイは秋田名物なので、私は、珍しくないんです。
家には一升瓶でジュンサイが売っているんですよー、たまに持ち帰るんですが、「おねえさん料理とは明らかに違う」とはっきりと言われてしまいました。
そりゃそうだ。。。
しかもこんな風にオシャレに出て来ちゃって!
こういうところ、見習いたいですねー、ワイングラスは家にあるんだし。

20110727日本亭05

これも盛り上がりましたねー、さざえ。
すっごい大きなさざえ、私は、見たことないです。
中は、山菜と一緒に料理されたさざえが入っていて、薄味なのにじんわ~って、歯ごたえがあるからしっかり味わえておいしかったー!!

20110727日本亭06   20110727日本亭09

日本亭で出すアスパラガスは、立派です。
日本酒、4合瓶を2本持ち込みしたのですが、写真、撮ろう、撮ろうと思ってるうちにラベルがはがれたり、瓶が下げられたりして、これだけ撮りました。
三重県の「作」、今年は、頻繁に帰国するおかげで「作」三昧してます。

20110727日本亭08   20110727日本亭07

メインは、、、と、ステーキやら考えてたみたいだけど、四足はやめよーってことで、やっぱりこの時期鰻だねーと。
軟骨「やげん」は、私の大好物。

メインっていうなら、これがメインですかね。

20110727日本亭10

何貫食べるかって悩ましかったですねー。
おにいさんが、全員に中トロとウニを注文、あとは2つ、各自好きなのをってことで、1人4貫いただきました。
私の注文は、イクラとおまかせ。
おまかせで来たのは、あわびでした~!

他の人のもみんな並べ方からすごく工夫してて美しくってさすがだったと、、、しかし! トイレに立ってる間に出てきて、みんなすっかり食べてたので、写真が撮れませんでした。。。残念。

20110727日本亭11   20110727日本亭12

もういい加減お腹いっぱいなんですが、お酒が一升瓶でどーんとあり、まだまだ宴を続けるよーってことで、ちびちび食べられるものを注文。
この辺は、シェアしてたんですが、私は、ほとんど手がつけられませんでした。

20110727日本亭13

でも、これは食べる。
リンゴじゃないですよー、桃です、桃!
これまたタイでは、のどから手が出るほど!? あこれがれの桃です!!

ホントに私は、幸せ者です、ありがと~!
この日、4人で4合瓶2本、1升瓶1本空けて、かな~り気分よくおうちに帰りました。

昨日、おにいさんの髪が短くなっていたので(おにいさんは、長髪で後ろに束ねてるのです)、「あれ? 切ったんだ?」って聞いたら、「誕生日の日に酔っ払って帰って、切ってくれただろー!」って、、、覚えてません。
しかも、帰ってからも飲んでたらしい。
朝、起きたら日本酒を飲んだらしい形跡が・・・。

今年も飲み過ぎに注意して、健幸生活を送っていきたいと思います。


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)

健幸料理教室「クウシンサイ」の巻

記事を書き貯めて、予約投稿して日本に飛ぶはずが、、、ハイ、やっぱり私は、いつもバタバタ、、、。

今回は、これまで片づけたものを不用品回収業者に来てもらって、きれいさっぱり持ち帰ってもらうのをメインにやってきております。
きれいさっぱり・・・のはずが、こちらで伝えた分量がいい加減だったので、軽トラックにはおさまりきれず、また次回ということになってしまいました。
また8月かな、、、。
そもそも4月にお願いする予定でしたが、業者の方が震災支援でずーっと東北にいってらして手が足りなかったのでした。
そんならいくらでも待ちます、どうぞ東北をよろしくということで7月になったのでした。

それにしても不用品でほとんど使えないってわかっているけど、トラックに陶器などの壊れモノも何もかもガンガン放り込まれていく様子を見るとちょっとだけカナシー。
どうにか使えそうなものもあるのだけど、業者からするとそんなもんは価値はないも同然とのこと。
かといってモッタイナイなんて家の中に置いておくわけにもいかないので、やっぱりお引き取りいただくしかないんですよねー。
物は、買わないのがイチバン、、、なんて、人のを見てると思うのだけど、、、実は、もらいものも多いんですよねー。

出発前にバタバタしてたのは、スミタカルチャーセンターでのお料理教室があったというのもあります。
今回のテーマは、パックブン=クウシンサイなのですが、ちょっと試作に苦労しました。
時間とか手順というのもあるしねぇ~。

パックブンナー   パックブンタイ

よく見るクウシンサイは、中国種なのですが、これは、左がパックブンナー、右がパックブンタイと呼ばれるものです。
当日もやっぱりバタバタしてしまって、写真もきちんと撮れず、イチオシのグリーンのクレープの写真が見当たらない、、、(ーー;)
見当たらないっていうか、撮ってないんですよね、時間オーバーだったので最後、ホントにバタバタでしたもの。
デザートがないとなんか地味なんですが、、

20110714スミタクウシンサイ4

ふわふわ豆腐とクウシンサイのスープ
これは、中国クウシンサイ。

20110714スミタクウシンサイ5

タイクウシンサイパスタ風(トマトソース炒め)

さすがにトマトソースを作る時間はなく、かといって市販のを持っていくのも先生、ど~なのよ~? ってことで、朝、作ったんですよね、自分で味見をちゃんとしてないので不安。。。

20110714スミタクウシンサイ3   20110714スミタクウシンサイ6

今回は、あまり目にすることのない茎がしっかりしたタイクウシンサイを使ってみました。
やわらかく煮びたしにするとふきっぽいです。
なのでご飯もふきの混ぜご飯風にしました。

タイクウシンサイではなく、ふつ~のクウシンサイでも茎の部分は歯ごたえがかなりあるので、漬物にしたり煮びたしにするとオモシロイですよ。

20110714スミタクウシンサイ1   20110714スミタクウシンサイ2

これは、家で試作をかさねてた時のお弁当。
洋風にするか和風にするかも悩ましかったんですよね。
ちょうど前日にピラフを試してあったので、残りをオムライス風にしました。
あとは、白和え、梅海苔和え、サラダです。

タイクウシンサイ、なかなか手強かったですが、楽しい教室になりました。
ご参加いただきましたみなさまありがとうございます。
誰かクレープの写真撮ってたら送ってー!!
健幸料理教室、次回は、9月を予定しています。

ああ、やっと日本でネットが使えたのですが、次はいつパソコンに触れるか、、、。
戻りは月曜日の夜の予定です。



ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)



伊勢丹健康弁当講習会、一人反省会の巻

そういえば、すっかり寒天料理の紹介が中断しておりますが、、、7月になったらまた紹介してまいりますのでお待ちくださいませ~!
季節的にそのくらいの方がよさそうですしね!(と、また言い訳かい!

とりあえず今月の大きなイベントの一つ、伊勢丹の健康弁当講習会が終わって、ホッとしております。
でも、また木・金には野菜ソムリエコミュニティ主催のセミナーがあって、それも講師をするので、まだまだ落ち着いてはいられません。。。

伊勢丹のワークショップで紹介したお弁当のレシピもそのうち紹介したいと思ってますのでお楽しみに!
我ながらよく揃えたもんだ~って感心してるんですよ~、自画自賛!
ただ、やっぱ欲張りすぎかなぁ~?
予定時間内ではあったんですが、見てる方も疲れたんじゃないかと、もう少し、品数を減らしてもよかったのかなと反省してみたり、、、でも、日本人はこれだけの弁当を毎日作ってるのよ!(ウソ?)というところを見せたかった気もして・・・。

20110626伊勢丹01   20110626伊勢丹06

今回は、お醤油のヤマモリさんがスポンサーということで、あらかじめ試供品をたくさんいただき、、、こ、これがホントにたくさんで、、、これでいきなり張り切っちゃたんですねー。
おにいさんにも「全ての料理にヤマモリさんの商品を使うべきだ、それがスポンサーに対する当然の義務と礼儀だ」と言われ、ポテトサラダも胡麻ドレッシングを使ってみたり、とにかく全部で5品、使い切りましたよ~!!

右の写真は、「がんばる! 日本人フェア」の会場で売っているヤマモリさん製品。
イベントは、6月27日(月)を持って終了しました!

私は、25日(土)、26日(日)の2日間、12時、15時、18時の1日3回、計6回のデモンストレーションを行いました。
そのちょうど1時間前に、平安桜さんの演奏が同じ会場でありました。

20110626伊勢丹03   20110626伊勢丹04

三味線とオカリナのユニット、なつかしくキュンとなるような童謡からオリジナル曲まで、その演奏姿がまたカッコイイの!
私の出番直前だったのでゆっくり見られなかったのが残念なのですが、、、しっかりCDをゲットしました!

さて、私の出番、、、めずらしく!? 写真がいっぱいあります。
これまで、セミナーなんかでも自分の写真って自分で撮れないし、たまに人に撮ってもらっても、人に撮ってもらって文句は言えないけど、、、変な顔だったり、、、
(自覚してないだけで、他人からみたらそれがふつうの顔だったりするかも・・・
それで、最終回前に、そういえば、自分の姿、ほとんど見てないのよねーと、一応、、、と思って、伊勢丹の担当の方に自分のカメラを渡したら、それはそれは、たーっくさん撮ってくださってました。(やっぱ変な顔が半分以上ですけど

20110626伊勢丹02   20110626伊勢丹14

日本食がたくさん売っているフェアの会場とデモンストレーションに集まってくださったお客様たち。

私、この日に向けてダイエットするはずが、失敗したままのコロコロな姿でちょっと恥ずかしいんですけど、、、、一応、記念に。

20110626伊勢丹13   20110626伊勢丹18
20110626伊勢丹23   20110626伊勢丹21   

前日は、緑の野菜ソムリエスカーフをほうっかむり(?)してたんですけど、やっぱこっちの方がいいってことでこの姿に。
余裕で笑ってる写真ばかり並べましたけど、豆腐のハンバーグ作りの時は、なんかケワシー顔をしてました。
豆腐ハンバーグ、下手すると壊れちゃうので、ついキンチョーしちゃうんですよねー。
写真は、ごまかせない!?

今回、本当に勉強になりました。
人前で話すのは慣れてきてたつもりですが、これまでは、セミナー会場や料理教室で、きちんと座って話を聞いてくださる方々ばかりだったんですよね。
今回のように入れ替わり立ち替わり、興味がないとスッと去ってしまったり、こっちが話してる最中なのに「そのしょう油はどんな味?」とか平気で聞いてくる人がいたり、、、観客の反応をみながら話すのは一緒ですが、どうにも落ち着きがなく、ふりまわされちゃいけないのに、どっか舞い上がってしまってました。

・・・それより何より、タイ語が・・・
日本語のセミナーもそうだけど、用意してなかったことでも、急に思いついてオモシロイ話をしようとしゃべりだして、、、あれ? 単語がわからない、、と、日本語と同じようにはいかないんですよねー。
で、結局、伝わらなくって、ハハハ。。。みたいな。

あと、お料理の手際の悪さが、、、
無駄な動きが多過ぎで、1品作った後、次に移る時にきれいにさりげに片づけるってことができなくって、終わってみたらグチャグチャだったり。
1回目終了後に伊勢丹の担当の方のアドバイスで大改善しましたけど、、、最終回をみたおにいさんが「まだまだ」と…。
おまけにちゃんと材料も道具も手元に用意していたつもりなのに、何かが足りなくて、あれっ? サランラップ、どこどこ? ゴマは? みたいなことがあったり、、、。

お客さんは、どこまでシビアに見ていたかわかりませんけど、別にそんな私のことを見てるわけではなくって、料理そのものを見てたんでしょうが、、、それにしても、新しい経験をするっていうのは、ホント、自分と向き合うことになるのだなあと思いました。
だからこそ、新しいチャレンジって意味があって楽しいんですよね。
いや、楽しいばかりじゃなくって、落ち込むことも多いんですが、、、きっと、その分、強くたくましくなってる・・・でしょう!?

スミマセン、なんだかダラダラと一人反省会でございました。
月末で仕事ギューギュー、セミナーもあるのでまた更新はお休み、、、かな?


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)

健幸料理教室「ひよこ豆」の巻

先日、スミタカルチャーセンターで、今年5回目の健幸料理教室を開催しました。

20110616スミタ1

前回の教室の最後、「豆」をテーマにすると豪語(?)してしまった私、豆は大好きなのでまーったく問題ないかと思ったら、大あり!
だって、一口に「豆」といっても、あまりに種類があり過ぎなんですもの~、しかもどれもこれもオモシロイのよ~。

 乾燥豆に苦手意識を持っている人が多いので、実は、とっても簡単なのよ~! ってことを教えたい!!
 メンドーなら缶詰使えばいいじゃんって思うけど、量が多いから手を付けたくないって人も多く、いろんな応用料理があるのよ~! ってことを教えたい!!
 豆はモソモソしてる・・・と敬遠されがちだけど、いろんな料理があるのよ~! ってことを教えたい!!
 見たことない豆、食べたことない豆には触ろうともしない人たちに、チャレンジすることの楽しさを教えたい!!

・・・とまあ、夢はふくらむんですが、まず、和風にするか洋風にするか・・・で悩んじゃうし、、、実は、優柔不断なんですよ~、私
で、あれこれやってみたけれど、食事込みで約2時間半の授業で「いろんな豆」なんてムリなわけだし、私の好きな豆をまずは取り上げることにしようと決心。
私の好きな豆・・・それは!

ヒヨコマメそうです、ヒヨコマメです。

タイは、インド人がたくさんいるせいか、乾燥豆がいろんな種類とっても安く買えるのです。
(ヒヨコマメの生産量も消費量もインドが世界一
ヒヨコマメも500gで40バーツ(約120円)ですから、気軽に買えます。
日本でもずいぶん流通するようになって、身近になってきているとは思いますが、食べたことがないと言う方もまままだ多いはず!
そう思って、テーマを「ヒヨコマメ」にしたのでした。

ヒヨコマメに限らず、豆全般の資料を作成するにあたって、吉田よし子さんの「マメな豆の話―世界の豆食文化をたずねて (平凡社新書)」を読んでいたら、ヒヨコマメで豆腐を作るという話が載っていました。


ヒヨコマメで豆腐~
それはぜひとも試してみたい!
でも、その本は、あくまでも読みモノなので、作り方までは書いていません。
こりゃ、英語でもいいから検索してみるか・・・と、とりあえず日本語で「ひよこ豆 豆腐」と入力したら、ケッコー、出てくるじゃないですか~
どうやら豆腐も大豆が手に入りにくいインド以西、ヨーロッパにお住まいの方たちが多いようです。
ナルホドー。
多くお方のを参考に私も実験、水も多め、少なめしましたが、やっぱり少なめの方が濃い~感じでいいですね。

20110615ヒヨコマメ1

これは、家で実験した時のものです。
20110614ヒヨコマメ10   20110614ヒヨコマメ08

どんな食べ方がいいかなぁ~と、これまたあれこれ思案。
シンプルにお醤油でもいいんですが、豆の味がしっかりした豆腐なので、しっかりした味つけでもよさそうです。
オリーブオイルと野菜、塩だけにしたら、おいしいのだけど、もうちょっとインパクトが欲しいような感じ。

これならどうです!

20110615ヒヨコマメ4

って、これじゃあ、豆腐が見えなくってさっぱりわからないでしょうけど、、、得意の(?)パクチー&ニンニク水です。
豆腐のおいしさとの相乗効果で野菜モリモリ食べちゃえます。

で、教室では、、、

20110616スミタ2   20110616スミタ5

みんな遠慮がちねぇ~。
右が私の分ですけど、まあ、今回は、豆腐のお味を楽しむということで
ぜひ、おうちでパクチーニンニク水でモリモリ! っていうのを楽しんでみていただきたいものです。

豆腐を作った後は、おからを使ってハンバーグとサラダを作りました。

20110616スミタ6

家でシュミレーションしながら、時間が間に合うかどうかドキドキだったのですが、さすが人数がたくさんで手分けできたので、思ったより早く完成。
そこで、戻したヒヨコマメをいろんな味で楽しんでもらいました。

20110616スミタ3

(1) オリーブオイル+ニンニク+唐辛子+しょう油
(2) 黒砂糖
(3) ハチミツ+マナオ(ライム)

おつまみからデザートまで、ちょこっと味つけするだけでいろいろ楽しめるとわかっていただけたかしら・・・?
ここにキノコやネギやお好きな野菜を足して、煮たり炒めたりでどんどん応用していけるかと思います。
他にもヒヨコマメはペーストにもできますし、楽しみ方はいくらでもあります。

これで身近に感じてもらえて、おうちで豆を楽しんでもらえるようになったらうれしいです!
この教室を前に、我が家で食べたヒヨコマメ料理をそのうち紹介しますね!



ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)

健幸料理教室「ヒョウタン」の巻

スミタカルチャーセンターで開催しております「健幸料理教室」、今月のテーマは「豆」の予定です。
今月は、6月16日(木)10時~ です。
スミタさんのキッチンは、新しくて大きいので大人数でも大丈夫です。
お申込みは、スミタカルチャーセンターに直接どうぞ~!

ってことで、、、ここんとこ宣伝ばっかりですが、まあ、それなりに労力使ってるってのもありますし、何より私が楽しくって、みんな参加したらいいのに! って思うイベントばかりなんですよ。
このブログを見て参加したって人が1人でもいればうれし~です。

健幸料理教室、前回のテーマは、ヒョウタンでした。
基本的に前菜、サラダ、メイン、デザートみたいなスタンスなんですけど、ヒョウタンでデザート・・・
でも、以前、健幸料理研究所jの活動でヒョウタンをとりあげた時に、ゲスト参加した方がヒョウタンのコンポートというデザートを作ってこられてみんなでビックリしたってことがあるんですよ。
そのレシピをそのまま頂くか・・・と、悩みに悩んで、一応、私っぽいのも考えてみました。

そうだ、これは、ただいまのテーマ「寒天」にもなるので、次回、レシピをお知らせします。
今日は、教室でどんな料理を作ったかったって紹介を・・・

スミタヒョウタン1

ヒョウタンのサラダ
これは、オクラとトマト、ハトムギを混ぜてます。
ヤマギシ農場さんのとれたてオクラとハムを使わせていただきました。
スミタさんの教室の後は、ヤマギシさんのお野菜を買うことができることもあるんですよー(毎回ではないかも、です。)

スミタヒョウタン3

ヒョウタンとカジョン(夜来香)のスープ
お醤油ベースの和風なスープですが、ヒョウタンとカジョンから味が出てとってもおいし~んです。

スミタヒョウタン2

ヒョウタンと豆腐の味噌炒め
水分が思ったより出たので、蒸し煮のようになってしまい、あんかけにしたチームとそのままのチームとお好きなように(?)リカバリーしてもらいました。

スミタヒョウタン4

これはヒョウタン料理ではなく、レンズ豆を入れて炊いた私が持ち込んだご飯。

スミタヒョウタン7

これがヒョウタンのデザート、レシピは次回!

スミタヒョウタン6

ヒョウタン料理集合!

今回は、私も一緒のタイミングで食事ができたので、あれこれおしゃべりできて楽しかったです!
次回、さらに楽しくなるようがんばりまーす!!
バンコク近郊のみなさま、ぜひ一緒に健幸料理を楽しみましょー!


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)





健康でいること、それも貢献になるのではないでしょうか?

3月26日の行われるバムルンラート(病院)のインターナショナル・ファミリーフェア―で、野菜ソムリエコミュニティBangkokがブースを出します。
パン、スープ、ジュース、サラダを提供させていただきますが、売上は全て募金させていただくことになりました。
バンコク在住のみなさま、ファミリーフェア―にぜひいらしてくださいませ~!
詳細は、野菜ソムリエコミュニティBangkokの新ブログで!


大地震と津波から1週間たちました。
もう1週間? なのか、まだ1週間、なのか、ただただ呆然と過ごしてしまった気がします。
でも、これからは、しっかり生活していきます!

ブログでも何を書くべきかと、役立つ情報を集めてアップするべきではないかとか、あれこれ悩んでおりましたが、あまりに情報が多過ぎて、中には間違った情報や読んでてこちらもへこんでしまったり神経質になってしまうようなものも多いので、とりあえずムリして情報を探すのはやめました。

一つだけ気になったのは、放射能に玄米と味噌、ワカメ、ビールなどなどがいいって話。
なんかちょっと某健康法の陰謀を感じなくもないのですが、真偽はともかく、被ばくしてない人までせっせと味噌を過剰にとるようになったらどんなものかと。
味噌は、体にいい部分があるのはたしかですが、塩分ですからねぇ~。
ワカメも理想的な健康食品のように見えますが、やっぱり摂りすぎはよくないんですよ。
私も玄米をすすめてる立場なのでなんですが、別に玄米でなくっても雑穀でもいいのかもしれないし、ひょっとすると断食した方がもっと効果があるのかもしれないし、たまたま玄米がとりあげられただけで、確実な検証はされてません。
ビールは大歓迎! 
いやいや、動物実験である程度の効果を確認できているようですが、これだって飲み過ぎたらねぇ~

食品は薬ではありませんから、○○にいいっていう食品でも、他に害になる部分をもってることもあります。
食には、たしかに体質を変える力がありますが、即効性があるものではありません。
○○がいい、にとびつかず、日頃の食生活をまずバランスのとれたものにしていきましょう。

仮に真実だとして、○○がいい、が妙な形でひろまると、その買占めが起こってしまうかもしれず、本当に必要な人に届かないことにもなりかねません。
いざというときに備えるために、情報を得ることは大事ですが、噂にふりまわされないよう、また神経質に噂をひろめないよう気をつけましょ~!
とにかく被災地以外の方は、極力、平常心を心がけましょう。

それから、、、祈るしかない状況なので、祈ることはいいんですが、一緒に祈りましょうと妙な宗教や団体に引き込まれないように注意してくださいね~!
彼らにとっては、絶好のチャンスですから。

20100413N (162)

さて、この花はなんの花でしょ~?
花見てすぐわかる人は、わかるんですよねぇ~、私、野菜ソムリエと名乗るのが恥ずかしくなるほど、植物に疎かったりします。。。
答えは、最後に!

昨日、スミタカルチャーセンターで健幸料理教室の講師をつとめました。
そこでもお話をさせていただいたのですが、今、元気な人にできることは、健康を維持し続けることだと思います。
健康でいれば、いざという時に役にたつことができます。

この先、復興には何年もかかるでしょうから、直接的にお手伝いできる機会があるかもしれません。
そんな時にすぐ風邪をひいたり、病気になるような人には、手伝って欲しくないですよねー?
でも体質だから・・・って言わないでください。
風邪をひかない体、病気になりにくい体は、毎日の生活で作ることができます。
それにはやっぱりバランスのとれた食事と運動なのです。

この先、病気にならなければ、国の医療費をセーブできます。
これから日本は、もっともっとお金が必要になります。
被災者に少しでも多くのお金がまわるよう、余計な負担をかけないよう、病気にならない体を作りましょー!
それにはやっぱり!
バランスのとれた食事と運動なんですよねー

日頃から少食やミニ断食(朝食or夕食抜き)をしていれば、いざという時に食べられなくても体がすぐにバテることはありません。
急に食事を抜くことになると、体への負担は大きいものです。
日頃から、少食やミニ断食をして腸をきれいにしておくのもおすすめですよ。

災害にあわれて、今、苦しんでいる方たちどうこういうつもりはまったくありませんが、非常時に持病があるというのは、本当につらいものです。
いつ何があっても大丈夫な、薬に頼らなくていい強い体を作りましょう!

まずは、自分の食事を見直してみてはいかがですか?
急に変えなくてもいいから、いつもの食事の動物質や油をちょっと減らして、その分、野菜や雑穀を加えてみてはどうでしょう?
あるいは、食前に果物を食べてみるとか?
急に変えるのはストレスになりますから、少しずつ、楽しみながら生活を変えてみてください。

…と、私はエラソーなことを言えるほどの立派な生活をしていないので、私自身にも言い聞かせております…。

ちなみにバランスのとれた食事のご参考にどうぞ。

「ま」 豆(マメ、莢、味噌、豆腐、豆乳)
「ご」 ゴマ
「わ」 ワカメ等海藻(昆布、ワカメ、海苔、ひじき) ― ヨード、カルシウム、マグネシウム 
「や」 野菜(根菜、果菜、葉茎菜、果物/緑、赤、黄色、白)
「さ」 魚
「し」 シイタケ等キノコ(シイタケ、シメジ、エリンギ、エノキ)
「い」 芋類
「げん」  玄米、雑穀(ムギ、ハトムギ、ひえ、あわ、アマランスなど)
「き」 木の実、ナッツ(アーモンド、カシュナッツ、ピーナッツ、クルミ、ひまわりやかぼちゃの種)
「な」 納豆などの発酵食品 (納豆、テンペ、漬物、味噌、酢、ナンプラー、ヨーグルト、チーズなど) 
「こ」 香辛料などスパイス&ハーブ


献立を考える時に、1~2日にこれらを取り入れるようにすれば、それなりにバランスのとれた食事になるかと思います。

さてさて、上の花の答えは、

20100413N (155)

ハイ、レモンでした!
去年の春、スペインで撮影したものです。



ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)

2011年もよろしくお願いします!

遅ればせながら、、、新年、おめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

20100410N (160)

新年初記事はこの噴水の写真で景気よく! と思っていたんですよねぇ、ちょうどスペイン記事を始めたところだし。
この噴水は、バルセロナの美術館の前のものです。
たまたま午後7時ちょっと前に美術館を出たら、人がたっくさん集まってて「なに? なにがあるの?」とわけわからずその場にいたのでした。



そしたらこの曲が流れだし、大噴水ショーが始まったのでした。

20100410N (162)

20100410N (166)

20100410N (178)

BGMは何曲ぐらいだったかしら、、、全部で30分くらいだったんじゃないかと思うんですが、音楽にあわせて派手にあがる噴水にオーッと大歓声。

そして最後は当然!!



いやぁ、この曲を聴きながら噴水を眺めてたら涙が出てきちゃいましたよー。
この動画は、まさにこの噴水の前でのコンサートです。
フレディがいた噴水の前で、彼が歌うバルセロナの地にいる私、なんてしあわせなのかしら~

20100410N (197)

おっとっと、、、思わず話がバルセロナとフレディーになっちゃいそうですが、今日は、ホントに遅いけど、新年のご挨拶というか豊富を書かなくっちゃ、なのです。
やっぱりこういうことを書かなくっちゃ、新年を迎えた気分にならないんですよねぇ。
私って、宣言しなきゃ、なかなか実行できない人だったりするし。
(宣言してもできなかったり、3日坊主だったりしますが)
今年はですね、最初から大きな目標はたてず、小さな目標をコツコツとこなして、日々、感謝しながら生きていこうと思っているんですよ。
去年の野菜本執筆の後遺症(!?)だったりするんですが、今年は、日々の生活を大事にしようと思ったのでした。
小さな目標というのは、、、

1) 1日15分、片づけをする
これは、私が私を好きになるために必要なことかと…。

2) 家に人を頻繁に招待して健幸料理を食べてもらう
健幸料理は、やっぱり食べていただかないことにはねぇ、、ってことで、家を片づけて、お友達に食べてもらう機会を増やそうと思ってます。
なんて、要は、実験料理の試食をして欲しかったりするんですが。

3) 月1キロの減量
これも自分を好きになるためですね。
この間、突然思ったのですが「年取って痩せると老けて見える」とよく言いますよね、なので痩せるなら早くしなくっちゃ! と思ったのでした。

4) 日々の健幸料理をもうちょっとブログにアップ
これまで家で作った料理もちょっとはアップしてましたけど、きれいに盛り付けてないこともあり、1品だけ紹介というのはありましたが、1食分の食事を紹介することはあまりなかったんですよね。
でも健幸料理がもっと日常的なものだと知ってもらうために、実際にどうゆう食事をしているかっていうのをちゃんとアップしてみようと思ったのでした。

4) メルマガを頻繁に発行
もう恥ずかしいほどにずーっとさぼりまくってまして、、、購読してくださってるみなさま、すみません。

5) 1日15分、1日を振り返って反省と感謝をする。
バタバタと過ごすことが多いけれど、ちょっとだけ自分のために自分のことを考える時間を持とうってことですね。

今年は、15分をキーワードにしたいなあとも思っております。
10分だと1時間に6回数えなきゃいけないけど、15分だったら1時間を4つにわけるので管理しやすいかなと。
15分単位でこなすべきことをこなしていこうと思っています。

う~む、、、本来なら1月1日にどーんとこの記事をアップしようと思っていたんですけどね、前回「今頃は、スリランカで山に登ってるはず」で消息不明状態になってしまってすみません。
遭難していたわけではないんです、むしろ山には登っておらず、、、今は、日本におります。
山登りの前日、キャンディのホテルでやっとネットにつながったと思ったら、いきなり「至急連絡せよ」との実家からのメール。
海外で使える携帯を持ってたはずなのに、スリランカは使えなかったんですねぇ。
何事かと思ったら、2日前に義母(おにいさん母)が家で倒れたそうで、それから大慌てで帰国したのでした。
しかし、いくら大慌てといっても、スリランカですからね、飛行機も毎日飛んでないし深夜便しかないんですよね。
バンコクに早朝着いて、冬服をつめこんで、仕事を万が一の場合のためにスタッフに指示をして、そのままその夜の深夜便で名古屋へ。
なかなかハードな移動でしたねぇ。
スリランカの旅行スケジュールは、山登りをのぞいてほとんどこなしていたのでいいんですけど。

さて、義母の状態ですが、左が動かなくなってどうしても転んでしまうので、近所の人にお願いして病院に行ったけど、日曜だったので検査ができず、しかも病院のベットもないということで自宅療養、翌日、検査は行ったけど、要は高血圧がずっと続いていて脳梗塞気味ということで、血流をよくする薬をもらって自宅療養となったのでした。
その間、寝起きもままならず、トイレにも行けない状態のところをご近所の方が面倒みてくださり、本当に恐縮するばかり、、、。
それにしてもちょうど年末年始で公的サービスは一切お休みで、到着後にあれこれ手続きするにしてもホントに困りました。

幸い、日に日に回復してなんとか歩けるようにもなったのですが、1人きりで家においておくわけにもいかないということで、寒い間だけでも高齢者向けマンションに入ってもらおうと、大急ぎで探して無理やり契約して、引っ越しして、そしたら私たちもタイに安心して戻ってこられる・・・と思った矢先。。。

引っ越し当日の朝、腹痛を訴え、仕方なく近所の病院に連れて行ったら、これは大病院でなければ・・・ってことで救急車で搬送。
穿孔性十二指腸潰瘍だそうで緊急手術、初めて救急車に乗ってしまいました。
体が不自由になったストレスや住み慣れた家を離れて新しいマンションで暮らさなきゃいけないってこともストレスになっていたようで、もともと潰瘍があったらしいのですが、そこに穴が開いてしまったのでした。
う~む、、、とても気の強い方でしっかりしていたし、私たちにはいいところしか見せようとしていなかったので、そんな心のケアまでできてませんでした。
、、、ってことで、大反省。
この際、退院するまでおにいさんはつきっきりで世話をするそうです。
私は、やっと今日、バンコクに戻って事務所のあれこれをコントロールすることになります。

てんやわんやの正月でしたが、体力的にも精神的にも思ったような「大変」っていう感覚ではないんですよねぇ、目の前のことこなすだけですし、あれこれ悩んでも仕方なくってなるようにしかならないので。
まあ、仕事してないので楽だって話もあります。
15年ぶりの日本の正月や日本での生活というのを楽しんでいる部分もあり、悪いことばかりでもないんですよね。
う~ん、大変なのは仕事に復帰してからでしょう…。

そういうわけで、この後も不定期な更新になるかもしれませんが(気分転換のためにもホントは更新したい…)、どうぞ今年もよろしくお願いします。


読んでくださってありがとうございます! 
更新の励みになりますので、ポチポチと2つ押して応援をお願いします。  
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 

「南国(タイ)の野菜たち」 あらためましてご紹介!

先月、2010年8月に出版いたしました「南国(タイ)の野菜たち」をあらためて紹介させていただきます。
<まるごと・タイランド・ムック・シリーズ>
編集・制作 まるごとタイランド、 
文・料理指導 青澤直子 (←野菜ソムリエ☆ナビにリンク、本には写真載ってませんので…
発行所 株式会社ウィズモバイル 
定価 タイ国内 600バーツ 日本 2,100円+税

発売開始から1ヶ月、飛ぶように!  …は、売れてないかもしれませんが、 それなりに着々とお買い求めいただいているようで大変ありがたいです。
先日、まるごとタイランドの社長にお会いしましたが、タイ国内での売れ方は、これが日本ならベストセラー状態だとおっしゃっていただきました。
お買い求めいただきましたみなさま、本当にありがとうございます!

この先も長く地味に売れていく本だと思っておりますので、すぐに宣伝せずにおりましたが(どこでどう売っているのかよくわからなかったこともあり)、先日、社長さんにお会いして出版祝いもしましたので、あらためて宣伝させていただこうと思います。
なんか先週は、読売新聞の東南アジア版で広告を結構大きく出していただいたようです。
あとまるごとタイランドの最新号でも紹介記事を載せてもらっています。

タイでは、伊勢丹にある紀伊国屋書店や東京堂書店で販売しております。
品切れのこともありますが、注文していただければ取り寄せてもらえます。

また、私に直接連絡いただけましたら、5冊以上お求めの場合は、1冊サービスいたします。
ご友人の分をまとめられたり、お店などで店頭に置いてくださるという方、直接、私までご連絡ください。
また、地方でなかなか手に入らないという方も代金を銀行振り込みにてお支払いいただけましたら、郵送致しますのでご連絡ください。
連絡先 081-836-6350 / koppunmaak-kenko(at)yahoo.co.jp (at)は@に変換してご利用ください。

チェンマイでは、「Green Days カフェ&ゲストハウス」さんで販売していただいております。
なんだか結構なハイペースで売れているようで、とっても感激です。
チェンマイの野菜は、この本に書いているのよりさらに奥が深くて、もっともっと勉強しなくっちゃって思ってます。

また、日本の方は、大手書店で販売の予定とは聞いておりますが、どうも置いていないような… 
目撃情報待ってます(笑)
これも社長の話によると、先週、追加分を発送したそうですので、もう少し、日本でも買ってもらえるようになるかと思います。
(それにしても郵送代がメチャクチャ高いんですってねー)

アマゾンは、こちらから → 南国(タイ)の野菜たち
ただし、少量しか在庫しないようで、すぐにというのか常に売り切れになってます。

出版元のまるごとタイランドさんのサイトからでしたら常時お求めいただけます。

以下、ちょっとアマゾンの「中味検索!」っぽくしつつ、裏話を加えて紹介してみますね。
写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。

南国の野菜たち1  南国の野菜たち12

「はじめに」と「おわりに」の部分は、まさに製作のはじめからおわりまでこねくりまわしておりました。
伝えたいこと、いいわけしたいこと(?)いっぱいあるんですよねー、健幸料理のこととか野菜ソムリエのこととか、タイ人の食生活、食文化のうつりかわりとか、日本人社会のこととか、食の安心・安全とか栄養のこととか、でもそんなの書き出したら大変なボリュームになってしまうので、バッサリ切ることにしました。
本文を読んでいただければ、それなりにきっと伝わるものがあるんじゃないかと期待して…。

南国の野菜たち2  南国の野菜たち5
こういう本を作る上で一番大事なのは目次だそうで、まずは目次からとりかかりました。
どういう野菜をとりあげるか、何品の料理を載せて、何ページ使うか、見開きでうまい具合に見えないといけないですし、最初の頃は、この部分をぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ、、、とても時間をかけております。
タイ野菜でもほとんど手に入らないものはカットしましたし(私も扱ったことがないし)、フリルレタス系のタイ野菜ではないものも入れています。
何を入れて何を省くか、どういう分類でどの順で掲載するのか、誰に相談しても誰か答えをだしてくれるものでもなく、そうか~、これは私の本なんだとあらためて自覚させられました。
南国の野菜たち3  南国の野菜たち6
南国の野菜たち4  南国の野菜たち7
南国の野菜たち8  南国の野菜たち9
南国の野菜たち10  南国の野菜たち11

内容をどうするべきか、あれこれ悩みましたが、私は、私が欲しい本を作ればいいんだ! と思いたってスッキリしました。

これまでこのブログを書く時にタイの野菜について調べようと思っても、日本語の名前がわからず大変だったこととか、タラートでおばちゃんに「○○の野菜はあるか」と聞いても伝わらなくって困ったこととか、タイ人に見たこともない野菜をもらって途方に暮れたこととか、タイ料理店に行って日本からの友達にこの野菜は何かと聞かれて何年もいるのに答えられずにつまったこととか、、、タイの野菜のことをもっと知りたい! と思ういろんな状況がありました。
そうした状況の時に便利な1冊があれば…と。
この本の宣伝をする時には、「多くの人にリクエストをいただき」とよく書いてますけど、たしかにリクエストをいただいたんですが、私自身が一番強くこういう本が欲しかったとリクエストしてたってことですね。

お料理レシピは全部で90品!
すべて健幸料理、つまり動物質はあまり使っていないのですが、そこの部分は、あまり強調していません。
健幸料理が広がるのはうれしいですが、まずはとにかく野菜に親しんでいただきたいと思ったのでした。
レシピは、健幸料理研究所で作って、こちらで紹介したのが大部分ですが、前から「いちいちブログ見てらんないから本だして」と言い放ってくれた方もおりましたので、これはご要望に添えたのではないかと思います。

そうそう、大事なこと、、、この本にあるレシピには、タイ料理、エスニック料理は特に掲載されていません。
どちらかというと和洋中の家庭料理的なものばかりです。

タイ料理の本は、すでに巷にいっぱいあるのでそちらをご覧いただければと思います。
なのでタイ料理を作りたいと思ってこの本を手にされる方は、ちょっと違うかも、、、ですのであらかじめご了承を。
でも野菜情報は、十分に役に立つと思いますけどね。

4日間の撮影で健幸料理研究所のメンバーと野菜ソムリエコミュニティBangkokのメンバーに助けていただきました。
なんの料理をどの順に作って出すかというスケジュールをたてて、さらに材料をそろえてイッキに作るのは大変でしたが、みんなとワイワイ台所に立って作れたのは、とても楽しかったです。
台所は、お友達の豪華なコンドーと咲乃やを借りて撮影したのでした。
写真は、まるごとタイランドさんのカメラマンさん、さすがプロ!
時々、ダメ押しされたりしながら、お皿選びや盛り付けのアドバイスをいただきました。

あ~、ホントに長かったです~。
でも完成したのを見ると、あっという間だったような、、、いや、やっぱりそんなことはないかしら、、、まあ、とにかく完成してよかったです!
なんだか今は、自分の手を離れた子供を見守るような気分なんですけど、、いやしかし、間違いもありそうだし、まだまだ責任いっぱいのようです。

早速にサイトで紹介してくださっている方もいます!

 ゆみぴいの「Yummy Yummy キッチン♪」  
 いつもお世話になってるブロ友のゆみぴいさんです。

 挑戦してみます笑「チェンマイ★すぐれ本ゲットv」
 チェンマイ在住の方でGreen Daysさんで購入いただきました。

 のんほいBANGKOK「南国(タイ)の野菜たち」
 ツイッターでフォローしあっているBangborさんです。

チェンマイ発CHAO ちゃ~お「南国(タイ)の野菜たち」
 チェンマイのフリーペーパーでご紹介いただきました! 
 これを読んで買いに来られた方がいたとGrenn Daysさんがおっしゃってました。

みなさま、ありがとうございました!

これからも時々、本の話題を載せていくことになると思います。
もしよろしければお買い求めくださいまし~
どうぞお手に取られた方は、ご意見などお寄せいただけましたら大変にありがたいです。


読んでくださってありがとうございます! 励みになりますので、ポチポチっと2つ、応援お願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ        人気ブログランキングへ

ついに発売! 「南国(タイ)の野菜たち」

ただ今、日本に一時帰国中で、プチネット難民状態です。
この間、実は、このブログを初めてご訪問くださる貴重な方々が増えそうなのに、ブログの更新が思うようにいきません。
予約投稿をしないまま旅立ってしまった私が甘かったのですが、、、

なんてったって、このブログのご愛読者様(ってどんだけいるの?)にイチバンにご報告したいめでたい話があるというのに!!
なんかずーっと長いこと狼少女というのか、寝言のような夢物語のように 、「本を書くのに忙しく更新が怠っています」と、何度書いたかわからないこのセリフ、これでスッキリ!
ホントのホントに出ました、出しました~

南国(タイ)の野菜

この(タイ)っていうのがなんかおかしいでしょー、出版社でつけてくださったのですが、南国とはいってもタイ、しかもバンコクにちょっと偏っているので、妥協案って感じなんですが、ちょっとひっかかるくらいのタイトルの方が覚えてもらえるのかしらと思ったりしております。

苦節、、、ウン年、ウンンン??? 3年もしてませんね。
ああ、大したことないですね、今になって思えば、、、でも真剣に取り組んでいた時には、本当に大変でした。
人気ブロガーさんのように出版社をひきつけるようなアクセス数でもなければ、日本からみたらマイナーなテーマのタイの野菜の話なんて、誰がわざわざこの出版不況に出すのかねーと、冷たい言葉をかけられ300万円払ったら出してあげるよなんてことまで言われ、やっとまるごとタイランドさんに受けてもらえて夢が実現したという感じです。

今週からバンコク内の日系書店さんで販売しております。
(自分の目で書店で売ってるところを見られない間の悪さ…
そのうち日本でも販売される予定です。

先に書きました通り、ただいまゆっくりネットができる状態ではありませんので、また後ほどたっぷり勝手に宣伝させていただきたいと思っておりますが、チラッと中身を、、、(見せたがり!?)

野菜本

野菜本2

このように野菜そのものの情報の他にレシピも掲載しております。
レシピは、さりげなく(?)健幸料理だったりします。

それからもうひとつ宣伝といいますか、、、日本野菜ソムリエ協会のサイトで「野菜ソムリエ☆ナビ」というページが新設されました。
協会の資格を持つ方々がでブログで情報を発信している方を紹介するページです。
間に合わせの写真しかなくって恥ずかしいんですが、こちらに掲載いただいております。
こちらで見かけて訪問してくださった方、ありがとうございます。
今後ともよろしくですです。

初めての方も常連さんも、次回の更新は、タイに戻ってからの8月16日以降になりそうですが、間もなくビーツのレシピをお届けの予定です!


読んでくださってありがとうございます! 
どうか押し忘れずにポチポチと2つ押してくださいませ~!   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気ブログランキングへ

ご無沙汰しました~!

パッタリと更新をストップしちゃってました~
思いがけなくいきなりな怒涛の日々がやってきまして、髪を振り乱すどころか、そんな余裕さえないような固まった状態で黙々とパソコンに向かう日々でした。

これまでのんきに書いてきたタイ野菜の本の原稿なんですけど、ついに出版社の編集長からお怒りの、、、
これ以上、先延ばしすると予算オーバーするぞと、いきなり締切日が設定され、20日までに完全に終わらせなくっちゃいけないってことになり、おおおおおおおおお~あわてで寝食する間も惜しんで過ごしておりました。
いやぁ~、急に締切日を設定されて、別に怠けてたわけじゃなくて、それなりにコツコツやってきてるんだから~と、なんかムッとしたりもしたんですけどね、終わってみれば、尻を叩いていただいて本当によかったと編集長には、感謝、感謝、そうじゃなかったら多分9月頃までズルズルしてたかも、、、。
やっと昨日で9割5分完了です!
やればできるじゃん! って、、、でも、もう2度とイヤ! って思ってしまうくらい、最後は、つらかったです。
昨日は、毎日持ち歩いていた資料やパソコンを持たずに会社から帰り、鞄の軽さがうれしくて、なんだかホントに心も体も軽くなったような気分でした。(でも体はまったく軽くなってませんでした

今回、何が大変だったかって、160ページの本なのに張り切り過ぎて300ページ分くらいの原稿を書いてしまって、削除するのが大変だったのです。
おかげで文章がスッキリした部分もありますが、書きたかったこと、ものすごーく時間をかけて調べたことなんかを削除したりして、なんか、何やってるんだろう、、、と悶々。。。。。。。(最初の時点で文字数とか決まってなかったのよね、、、)
いつかこの書けなかったことの裏話を語るセミナーでもしようかしら、、、なんて目論んでみたりもしてるんですけどねぇ。

なんか他のブロガーさんが出版社の依頼で本を出すのとは大違いで、私は、ほとんど全部1人でやったんですよね。
写真やレイアウトは出版社におまかせだったけど、中味の一言一句、目次もインデックスも全部自分で、ほとんど自費出版のようなもので、最後はバタバタだったし、日本語としてどうなのか、内容的にどうなのか、なんかどんな評価をうけるのか、、、あー、コワイ!
でもお金を出して買ってもらうからには、いい加減ではいけない、、、と、最後は、ホント眠れませんでしたよ~。

それでもあとは、明日、印刷の下刷りをチェックしてOKであれば、なんとか8月上旬には出版できるのではないかとのことです。
是非、買ってね! と強く言えない価格なのがつらいところなんですが、、、出版の目途がついたら思いっきり宣伝してみたいと思います。

ちょっと休んで、ボチボチ更新を再開します。
みなさんのところにもすっかりご無沙汰でしたが、ボチボチと訪問させてくださいね~!


読んでくださってありがとうございます。
また更新、がんばっていきますので応援お願いします!!
ポチポチと2つクリックしていただければ、すっごく励みになります!!

人気ブログランキングへ        にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

春なのに~お別れですね~♪ 

先週は、お騒がせしましたが、週末にになって、やっと顔のボコボコが落ち着いてきました。
あんだけひどかったのだから、どうせならすっかり生まれ変わったような肌にならないかと思ったのですが、んなわけなかったですね。
完全に病後の荒れ果てたお肌って状態です、回復するのかしら~
体の方は元気いっぱい、飲み食いなんの支障もないのですが、とても人様の前に出られる状態ではなかったので、飲み会1件、ドタキャンしてしまいました。
どんなに熱があってもお腹ピーピーでも飲み会のドタキャンなんてしたことないのに・・・。
おまけに病院の世話にならない記録も中断、約10年ぶりにお薬を処方していただくことになりました、さすが病院の薬は、効いたようです。
先生は、パッとみてさくさく処方箋を書いてくださいました、よくあるんでしょうねぇ~、マンゴーかぶれ。
食べて平気な人でも、枝葉に触ったり、皮をむいた汁が顔についたりしちゃうとかぶれちゃうようですのでお気を付けくださいませ。

        

さてさて、タイトルにもある通り、今日は、ちょっと残念なお知らせ。
健幸料理研究所設立当初から一緒にがんばってきてくれたサッコちゃん(sakko)が本帰国となってしまい、赤シャツ騒動で揺れる日曜日、日本へと飛んでいってしまわれました~
健幸料理研究所を始めてもうすぐ3年、もうちょっと一緒に活動したかったのにねぇ、こればっかりはどうしようもないですね。
せめて本の出版を見届けていただきたかったのですが、私がボケボケしてたので、サッコちゃん、ごめんなさいって感じです。

健幸料理研究所を始めた時は、まだどういう形で活動するかもはっきりしない手探り状態だったのですが、サッコちゃんのおかげで私も励まされてここまできたって気がします。
私自身もまだまだ料理初心者と呼ぶべき状態で、動物質を極力使わず、揚げものもしない、そんなんで万人にウケル料理が作れるのかなあと、理想だけは高いけれど、なんだか不安なスタートだったのです。
そんな時に私のめざすところは間違いではないと、勇気づけてくれたのがサッコちゃん、2人でできるだけ多くの人に健幸料理を広めたいねと語り合った日々・・・。
ちょっと思い出に浸って、活動初期のころのサッコちゃん料理を紹介します。

GOYA4記念すべき(?) サッコちゃん最初の料理 「ゴーヤのフルーツ和え

苦い料理ばっかり食べ続けて、この料理が出た時は、ホッとしました。
苦いゴーヤこれなら子供も食べられます!

長ささげピーナッツお酒が飲めないはずのサッコちゃんが考案!? 「長ササゲとピーナツの和え物

オリーブオイルと蜂蜜を使って、なぜだかビールにピッタリのおつまみ風。
さっと作れるのがありがたいです。

ベビーコーンおひたし目からうろこの煮びたし「ベビーコーンの煮びたし

ベビーコーンが苦手という方、炒める以外に思いつかなかったという多くの人たちが感心しまくりのベビーコーンの煮びたしです。
サッコちゃん担当の好評のコラム、フリーペーパー「バンコクマダム」さんの「食楽子育てライフ」の記事でも紹介しているレシピです。

ハーブカボチャパクチーラオを上手に使った「カボチャのハーブドレッシング和え

この写真は、健幸料理の宣伝やらセミナーの宣伝によく使わせていただきました。
ディルを使っているといえば、おっしゃれ~なイメージでしょ、タイでは「ラオスのパクチー」という意味の「パクチーラオ」と呼んでいます。

そしてなんといってもサッコちゃんの大ヒットレシピはこれ! 「まるで肉じゃが!? 青パパイヤの煮物

パパイヤ肉じゃが風

今でこそ青パパイヤを煮物にしたり、炒めたりと自由に当たり前のように使っていますけれど、青パパイヤ研究でこの料理が出てきた時は、目からウロコどころか魚がまるごと飛び出てきたようなショックを受けました。
このお料理のおかげで、タイ野菜・果物への向き合い方がさらに自由になったような気がします。
固定観念を取り払って、なんでも試してみなくっちゃ! って気になった思い出のレシピです。


サッコちゃん自身も活動を広げて、離乳食のセミナーやワークショップを開催したり、バンコクマダムに記事を書いたりして、多くのママさんたちの頼れる存在になっておりました。
先日のベジフルセミナーでは、ママさんたちも参加できるようにと、サッコちゃんに託児をお願いしたのですが、さすがプロというべき対応をしてくださって、サッコちゃんの活躍の場は、バンコクでどんどん広がりそうなのに、なんとも残念なお別れです。
単に保育士として子供の面倒をみるということではなく、食の面からサポートしてくれる貴重な存在だったと思います。
ママさんたちにとっても大事な人がいなくなって、ずいぶんと困ってしまわれるのではないでしょうか。
私は、育児の点では全くシロートですが、タイの野菜・果物に限らず、食の全般については、日々修行中ですので、わからないことがあったら聞いてくださいませね!

サッコちゃんは、早速に4月からは保育士として働き出すそうで、日本では、これまで以上に忙しい日々を送ることになると思いますが、タイでの経験を活かしてがんばって欲しいと思います。

健幸料理にかかわっている限り、きっとずっとつながりがあって、これは、しばしのお別れだと思っています。
サッコちゃん、また会える日を楽しみにしていま~す!


blogranking   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
読んでくださってありがとうございます。やっぱり応援があるとがんばれまっす~ 
ブログ村ランキングも復活! 上のボタンをポチポチッと応援お願いします!

読者レシピ募集!「蓮」「かんきつ類」

しばらくこの記事がトップに来ます。最新記事は、この下をスクロールしてご覧ください。
みなさまからの健幸レシピ、ネット参加募集中です!
1月のテーマは、「蓮」(蓮根、蓮の実、蓮の茎などどの部分でもOK)を使った料理と「かんきつ類」を使ったお料理です。お肉を使わずかんきつ類って難しいでしょうが、楽しみながら知恵を絞ってみてくださいませ!
応募は、こちらの記事にトラックバックするか、koppunmaak-kenko(at)yahoo.co.jp (atを@にかえてください)までメールをください。(締切: 2010年1月25日)

12月の読者レシピ募集! 「豆」と「春菊」

このページは、しばらくトップに掲載されます。最新の記事は、この下にアップされますので、お手数ですがスクロールしてご覧くださいませ。

健幸料理研究所では、読者のみなさまからのレシピを募集しております。12月のテーマは、「豆」と「春菊」です。
どちらかを使った料理、定番料理からオリジナル料理、つくレポも大歓迎、このページにトラックバックしていただくか、koppunmaak-kenko(at)yahoo.co.jp ((at)を@に変更してください)にレシピと出来れば写真をご送付ください。健幸料理の観点から、動物質を極力避けたお料理をお願いします。絶対ではなく、あくまでも豆か春菊が主役のお料理で、それらをモリモリ食べられるレシピであれば、多少の使用はOKです。トラバの場合も写真やレシピを利用させていただくことがありますのでご了承ください。
12月のテーマの締め切り: 12月25日

参考までに過去にこちらでアップした春菊レシピ → 春菊 ☆目次☆

ドクターメタボ&さよならメタボ健康食セミナーのレポート(4)

うわぁぁぁ・・・あと10日もしないうちに今年が終わってしまいますね、、、今年のことは今年のうちにアップしなくっちゃ・・・
バムルン試食11月17日(火)にバムルンラードインターナショナルが企画した「ドクターメタボ&さよならメタボセミナー」の話、まだ続きがあるのです。
最初の記事は、コチラ → ジュン先生と油の話のドクターメタボ&さよならメタボ健康食セミナーレポート(1)
第2弾 → 健幸度チェック! セミナーレポート(2)
第3弾 → メタボ撃退おすすめ健幸料理 セミナーレポート(3) 

ハイ、今回、メタボ撃退おすすめ健幸料理の続きを書いて最終回にいたします。
大分、長いのでおつきあいは大変だと思いますが、記録的な意味もありますのでアップさせてもらいます。
ざざっとでも読んでいただけると、何か日頃のお料理のヒントにもなるのではないかと思います。


(4) メタボ解消スーパーフードのパパイヤを楽しもう! 
パパイヤアップ
パパインをたっぷり含んだパパイヤは、メタボ解消スーパーフード!
パパイヤは、ビタミンA(カロテン)とビタミンCを大量に含み、タンパク質分解酵素のパパインや抗がん効果のあるカルパインが含まれています。
パパインは、消化の助けをし、胃をすっきりさせる、脂肪の貯蓄を抑えるなどの効果があり、さらに悪玉コレステロールを分解させ、中性脂肪や肝脂肪を燃焼することから、脂肪を原因とする病気、高脂血症、動脈硬化、糖尿病、脂肪肝などに有効とも言われています。
この酵素は、熟すほどに減るので、完熟したパパイヤには、あまり入っていないといわれますが、それでも、パパイヤの果汁に肉を2~3時間漬け込むと肉が柔らかくなり、その効果はすごいのです。
肉好きの人は、積極的に食べましょう!

パパイヤきんぴら◎ キンピラパパイヤ

食感、味のしみ具合がなんともいえずクセになるキンピラです。
少し時間を置いた方が味がしみておいしくなりますので、お弁当のおかずにもピッタリです。
詳しいレシピは、こちら → 青パパイヤのピリ辛キンピラ

*青パパイヤは、他に炒め物としては、豆腐と一緒にチャンプルー風に、煮物としては、パパイヤ入りラタトゥイユ(後述)や肉じゃが風になど、たくさん応用できます。


(5) 地中海に見習って、トマトをたっぷりと! 

統計上、世界で一番野菜を多く消費しているのは、ギリシャで、他、イタリアなど地中海沿岸の国では、1日1キロ近い野菜を食べています。
長寿食として日本食が見直されていますが、実は、地中海フードも注目されている長寿食であり、塩分を抑え、野菜・果物、豆類の量が多い分だけ、さらに健康的とも言われています。
地中海料理の大きな特徴は、トマト。
日本人は、フルーツ感覚でサラダとして食べることが多いですが、地中海料理では、実にバラエティーに富んだ料理があります。

トマトの2大パワフル成分

[リコピン]
活性酵素を消して、体を酸化から守る / シミのもと、メラニンの発生を抑えて美肌に / 脂肪細胞の成長を押さえ太りにくい体質にする / 悪玉コレステロールを抑え、動脈硬化を予防 / 消化器ガン、肝臓がん、前立腺がんを予防する

[クエン酸]
血糖値上昇を穏やかにし、太りにくい体に / 疲労時に増える乳酸をスムーズに代謝 / コレステロール値を下げ血液サラサラに


◆ こだわるならトマト料理!

男性でも「自慢のカレー」ってあるみたいですが、これからはトマト料理です!
バムルンラタトゥイユ
◎ タイ野菜のラタトゥイユ

ラタトゥイユは、フランス語で野菜のごった煮という意味のトマトの入った野菜の煮込み料理です。イタリアでは、カポナータと呼ばれ、どちらも「「おふくろの味」的料理として親しまれています。おふくろの味ですから、自分流にいくらでもアレンジしてください。冷蔵庫の残りものや使い方のよくわからない野菜をとりあえず入れてみても、トマトが全てを調和してくれます。シンプルでもよし、どうせ作るならいろいろいっぱい! と楽しんでもいいですね。缶詰を利用すると手軽にたっぷりトマトが食べられます。

野菜(パパイヤ、パプリカ、ヒョウタン、ナガササゲ、タマネギ、タイセロリ)をすべて一口大に切って、鍋にオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れ、香りが出たら野菜と豆(白いんげん、ヒヨコ豆)、ローリエを加えて炒めます。油がまわったらトマトの水煮缶を加えて約30分ほど煮込みます。塩、コショウで味を調えます。

* ハーブや香辛料などお好みで、味付けも醤油や味噌などもよく合います。

応用: 水分を足してスープ、トマト鍋、パスタソース、カレー粉やスパイスでカレー、軽く焼いた鶏肉を入れてチキン煮、パンやクラッカーに添えて、ハンバーグのソース、ピラフなどなど

[トマトについて参考にした本]
 河合勝幸のおいしくてきれいになる地中海スローフードレシピ
 NHKためしてガッテン/野菜のすごいコツ+102レシピ (AC MOOK)


(6) 酸っぱいものは体にいい!?

酢やレモン(マナオ)は、クエン酸がたっぷり。 さらに舌を敏感にしてくれるので、味付けが薄くてもおいしくいただけ、塩分の摂り過ぎを防ぎます。マナオ(ライム)は、ビタミンCが豊富で、かつては船に積まれて、船員の壊血病予防に役立ちました。

◆ ほどよい酸っぱさがうれしい!

バムルンなす
◎ 長ナスとトマトのマリネ

加熱するとおいしさを増すタイの長なす、酸味をきかせてたっぷりいただきましょう。
長ナス(1本)は、皮を剥いて水にさらしてアク抜きをして、熱湯で3分間茹でます(皮付きのまま焼いてもいい)。一口大に切った長なすと湯むきしたミニトマト(5個)とタマネギのスライス(1/4個)を調味液に漬けて冷やします。調味液は、マナオ汁 1個分、酢 大さじ1/2、オリーブオイル 大さじ1、 醤油 小さじ1/2、塩 小さじ 1/3、コショウ 少々を混ぜあわせます。

* マリネは、いろんな野菜やキノコでもできます。
* マナオは、乾燥を嫌います。時々、水をかけながら常温で保存してください。冷蔵庫に入れる場合は、タッパーに水を入れて、乾燥しないよう、冷えすぎないようにすると長持ちします。 また、まとめて購入して、製氷皿に入れると、使うときに便利です。


(7) 豆や玄米、体によさそうなものに挑戦!

マメサラダ
豆や玄米が体にいいとわかっても、なんとなく面倒だったり、おしいくないようなイメージで敬遠していませんか? 日本人は、豆といえば甘く煮たものが多いですが、豆料理は、もっとたくさんあります。
また、玄米もタイ米の玄米は、サラダ感覚で食べられ、玄米が苦手という人でもおいしいと食べる人が多いです。
炭水化物の摂りすぎを気にして、ご飯を制限している人も、玄米でしたらたくさん食べても大丈夫! 
豆も玄米もいろいろ工夫してみてください。


栄養たっぷり、さらに解毒効果抜群!

PARTYFOOD緑豆2◎ 緑豆入り玄米サラダご飯

緑豆は、漢方で解毒薬として用いられるほど、解毒効果が高い豆です。水につけなくても、すぐに料理できる手軽さがありますが、半日水につけて、少し発芽させると栄養価もおいしさもアップするのでお勧めです。シンプルに塩茹ですると、やめられない♪ とまらない♪ おやつになります。そんな緑豆を玄米ご飯に混ぜると、ご飯もやめられない♪ とまらない♪

緑豆は、あらかじめ半日程度水につけて発芽させておくとベストです。塩を入れた熱湯で柔らかくなるまで茹でて(発芽してれば約3分)、ザルにあげて水気を切って、さらに塩をふりかけてなじませます。玄米は、酒(1合につき大さじ1程度)を加えてふつうに炊きます(白米より若干水が多い程度)。炊きあがったところにみじん切りにしたニンジンを加えて蒸らします。カシュナッツ、ゴマ、緑豆を混ぜてできあがりです。

*シンプルに緑豆だけでもおいしい豆ご飯になります。
*緑豆のかわりに、大豆や枝豆でも。コーンを加えるとお子さんも喜んで食べます。

なんかとにかくガーッとって感じで、まあ、文章自体は、ほとんど資料から持ってきてるんですけどね、写真は、当日、バッタバタで撮りそこなったものも多くて残念です。

ンンン?
芋料理が一品というか一項目抜けてます、セミナーではちゃんと話したと思うのですが、、、家のPCに入ってる資料が古かったのかしら・・・。
ランチ会でとても好評だったのですが紹介できずにいて、イモ料理のときも紹介してなかったことに今気がつきました、、、sakkoちゃん、すみません。。。
バムルンキャッサバ◎ キャッサバの甘辛煮

キャッサバをフライパンに油をひいて炒め、焼き目がついてきたら調味料(水、醤油、みりん、黒砂糖 それぞれ1:1:1:0.5の割合)を入れて絡めます。皿に盛ってカッテージチーズと黒ゴマをちらします。

以上、健幸料理、メタボ対策のヒントみたいな感じで、野菜・果物をたくさん摂る用法とレシピをざっと紹介しました。
どういう料理にするか、何を使うかは、その時々、好みなどお好きなように、自由にされていいと思いますが、大事なのは、とにかく一口、一口を大事に楽しむ、毎日、続けるってことなんだと思います。
忘年会続きで食生活が乱れまくっている私が言えた義理じゃないんですが、乱れたら、乱れたなりのリセットをなさったらいいと思います。(3日肉抜きを続けるとか、フルーツだけにするとか、一食抜くとか・・・)


バムルン食材このセミナーとレポートが少しでもみなさまの参考になって、新年、みなさまが健幸な毎日を送れるとうれしいです!

長々とおつきあいいただいてありがとうございました。
それにしてもメンバー4人で100人分のお料理を10種類以上もよく作ったものだと大自己満足状態です。
みんな、ランチ会を通して、人様に食べていただく訓練もちょっとずつできていたようで頼もしいです。

がっ! しかしここで哀しいお知らせが・・・。
メンバーのnamiちゃんの本帰国が決まってしまいました~
長野県出身のnamiちゃんには教えてもらうこともたっくさんあったのに・・・。
でもこれからは、ネットで参加してもらおうと思ってます!

みなさまもネット参加募集中です、ただいま春菊と豆の料理を募集しています!
25日が〆切ですよ~!!


読んでくださってありがとうございます。ポチポチポチッと応援お願いします!
     blogranking     にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

今日の食材シリーズ@ツイッター

タイは5日が国王誕生日で、会社によっては3連休で、弊社も3連休で2泊3日の3連休に行って来ました。
出かける前に予約投稿をしようと思ったのですが暇がなく、、、今日もなんとか投稿しようと思ったのですが、写真の整理に時間がかかりそうなので、ちょっと手抜き記事(いつもですが・・・)。

最近、ツイッターを始めたのですが(右のつぶやきをご参照くださいませ)、これがなかなか便利でして、私みたいにダラダラ書く人間には、140文字という制限がちょうどいいんですよね。
なんか訓練させられている気にもなります。
そのついでで、今日の食材シリーズというのを書いてみてます。
英語でも書いてますが、英語の140文字はあまりに短く内容がないので、ここでの紹介は省略して、これまで書いてきたのを紹介しておきます。
すでにおなじみの食材もありますけど、まあ、こんなんがあるってことで。
ツイッターの登録は、コチラからどうぞ。
登録した方は、ぜひ、私をフォローしてお知らせくださいませね、こちらからもフォローさせていただきます。 


2009年12月08日(火)
今日の食材13: กระเทียม(ガティアム) Garlic・ニンニク =薬、食材として古代エジプトから利用。タイ料理には欠かせない食材。タイ人が好んで使う種類は小型のもので皮ごと利用する。 チェンマイ名物に一粒ニンニクがあり、瓶詰めの漬物が市販されてお土産にもおすすめ。



2009年12月04日(金)
今日の食材(12) กระเฉด(krache) กะเฉด (kache) Water Mimosa ミズオジギソウ=おじぎ草が大きくなったような葉でワイルドな感じ。ゲーンソムやヤム、ファイデーン(炒め物)が一般的。

2009年12月03日(木)
昨日、友人と話したのですが、140文字を英語にするとあっという間ですね。今日の食材シリーズ、英語だと名前の羅列で終わってしまいます。日本語と中国語は、漢字のおかげでいっぱい表現できますね。タイ語は、どうなのかしら。

今日の食材: กระชาย(グラチャーイ) Fingerroot, Chinese ginger = 中国では漢方だが、タイでは辛味と香りを料理に活かす。肉や魚の臭み消しとしてスープや炒め物などに。カーと間違われやすい。

2009年12月01日(火)
今日の食材(10) กระจับ(グラジャップ)菱の実・Water Caltrops・Water Chestnuts=沼や川で育つ水生植物。殻のまま塩茹でして食す。堅い殻の中の実は、ホクホクした栗や芋のよう。

2009年11月30日(月)
今日の食材(9) กระเจี๊ยบแดง(グラチアップデーン) Roselleローゼル=アオイ科、オクラはキヤオ(緑)、こちらはデーン(赤)と区別されます。赤いハイビスカスティーの元でビタミンCが豊富です。

2009年11月29日(日)
今日の食材(8)  กระเจี๊ยบเขียว (グラヂャップキヤオ)・オクラ・OKRA: オクラは日本語、日本の食材と思っている人も多いようですが、アフリカ原産 の食材で英語でもOKRAと言います。ヨーロッパでもよく利用されますが、ぬめりは嫌われて、ぬめりを取って使われてます。

今日の食材シリーズがすっかりストップしてしまいました。。。別に誰も期待はしていないでしょうが、自分で決めたことなのに。。。何を取上げるか悩むから手も止まってしまうので、コーカイの順番に手上がり次第取上げてみようかしら・・・。

2009年11月23日(月)
今日の食材(7): มันมือเสือ(マン・ムースア)トゲイモ・トゲドコロ・ハリイモ=脂肪代謝、運動機能を高める効果があり、日本でサプリにもなってます。デコボコが扱いづらく、山芋より粉っぽいですが、安さとパワーは素晴らしい!

食べ過ぎが続いたので、今日のお昼はあっさり簡単に消化のいいものを・・・と、とろろごはんにしました。でも日本のヤマイモは、高いので、タイのを使ってます。。。ってことで、今日の食材シリーズ書かなくっちゃ。

2009年11月19日(木)
今日の食材(6) ต้น หอม(トーンホーム)・Spring Onion・葉ネギ 寒いので鍋・・・と思ったら、一番に浮かびました。タイのネギは、あさつきみたいな細ネギが主流ですね。先日のバムルンのセミナーで は、水耕栽培の立派なネギが売られていました。関西人なら大喜びでしょうね。

2009年11月18日(水)
今日の食材(5) แตงทิเบต チベットメロン/ฮามิกัว(ハミグア)哈密瓜(ハミウリ) スイカのようなシャキシャキ感でおいしい! 最近は、キロ50バーツ前後。

2009年11月16日(月)
今日の食材: รากบัว (ラークブア)/Lotus Root/レンコン 出回り出しました。太くて立派できれいなのは中国産、細いのがタイ産だそうです。おかずにするのは、日本人や中国人で、他はデザート 的に利用されてます。タイは、フルーツ売り場にレンコンが並んでることがあります。

2009年11月15日(日)
今日の食材(3) ยอด มะระหวาน(ヨート・マラ・ワーン)/ยอดฟักแม้ว(ヨート・ファクメーオ) 「ワーン」は省略されることもあり。ハヤトウリの若い芽。炒 め物やスープに利用されることが多い。山菜の風味にも似て和食にもピッタリ、和風パスタや蕎麦の具にもおすすめ。

2009年11月14日(土)
今日の食材: ฟักแม้ว (ファクメオ) 隼人瓜、千成瓜、チャヨーテ(CHAYOTE)。日本人は漬物くらいにしか使ってませんが、スープや煮物、炒め物、生でサラダにも幅広く 使えます。デコボコなので、皮を剥くのがちょっと面倒ですが。切ってから空気にさらすと甘味がアップ!

2009年11月13日(金)
自分の勉強を兼ねて、「今日の食材」を毎日(ではないと思うけど)つぶやいていくことにします。

今日の食材: มันแก (マンゲーオ)  昨日、つぶやいてた方がいましたね。@koshian @muri_bkk マメ科クズイモ属 メキシコ原産。日本語で、クズイモ、ヒカマ(Jicama)、英語はYamBeanですが、ヤムイモとは違います。梨に似て生で果物のように食べられます。


読んでくださってありがとうございます。ポチポチポチッと応援お願いします!
     blogranking     にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。