トランス脂肪酸について考えてみましょう!

アップロードファイル  今朝のNHKの生活ほっとモーニングを見たかね?
日本のNHKのような番組で、トランス脂肪酸について正面から向きあってくれたっていうのは、よかったねぇ。
まあ、正面とはいっても、かなり気を使いながらの編成だったけどな。

アップロードファイル  番組をみてなくて、トランス脂肪酸ってなんなのかわからない人には、チンプンカンプンではないでしょうか、まだタイでも日本でもなじみのない言葉ですからね。
私もどうやら体にすごく悪いらしい・・・というイメージはあるのですが、ちゃんと説明できないんですけど。

アップロードファイル  トランス脂肪酸というのはだね、簡単に説明すると、、、植物油などを加工・精製する過程において生成されたり、油を高温で加熱する調理過程において生成されたりする不飽和脂肪酸 なんだよ。

アップロードファイル  番組では、国だったかメーカーだったか、天然のものも存在していて、以前から摂取してきたものなのだから問題ないと言ってたような気がするんですが。
アップロードファイル  そこが許せんのじゃ! 
人工的なトランス脂肪酸を摂取していいという話とは別次元の話なのに、なんでそういう理屈になるのか、言い訳にしか聞こえんよ。
天然のトランス脂肪酸というのは、牛などの反芻動物のミルクや肉に含まれているんだが、問題なのは、やはり人工的に作られたものの方だ。


アップロードファイル  あと、日本人は、トランス脂肪酸の影響を減少させるリノール酸など多価不飽和脂肪酸の摂取量が多いから大丈夫だとか、、、?
アップロードファイル  それを理由に国もメーカーも規制の必要はないなんていうんだ、体に悪いものを規制するという簡単なことが、なぜできないのか、不思議でしょうがないよ。
アップロードファイル  やはりメーカーや生産にかかわっている人への影響が甚大だからでしょうね、私も知り合いが勤務してますし、その人のことを思い浮かべると、あんまり騒ぐこと自体、気が引けてしまいます。。。

アップロードファイル  そりゃぁ、影響は大きいだろうなトランス脂肪酸というのは、マーガリンやショートニングなどの加工油脂と、それらを使って製造される食品、乳製品などに使われている からな。
クッキーやドーナッツなど、甘さやサクサク感を出すもの、カレーやシチューのルーやインスタント、コーヒークリームなど風味が大事なのにも使われているんだ。
思っている以上に身の回りにいっぱいあるぞ。
番組見て驚いたんだが、たとえばドーナッツ1個でも、揚げるための油、原料となる粉、そのうえコーティング用のチョコレートにまでトランス脂肪酸が含まれているとのことだったぞ。


アップロードファイル  ドーナッツが体に悪そうなのはイメージできますけど、、、マーガリンがよくないというのは、ショックですね、カレールーというのも影響のある人、たくさんいるんじゃないですか?
それにしても、なぜ、体に悪いんですか?
アップロードファイル  まず、悪玉コレステロールを増加させて、善玉コレステロールを減少させる と言われているんだよ。
はっきりしているのは、この点で、つまりコレステロールが原因で引き起こされる病気になる可能性が高いということだな。
まあ、その点は、飽和脂肪酸・・・つまり、ラードやバターなど、肉類や乳製品の脂肪の摂り過ぎと同じなんだが、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などのリスクがあるということだよ。

アップロードファイル  そうそう、ラードやバター  それらが体に悪いからと、マーガリンやショートニングができたというイメージがあるんですけど、、、もう、何を信じたらいいかわからなくなってしまいますね。

アップロードファイル  あと、調査中だったり、そもそも調査が難しかったりするのだが、認知症を引き起こすともいわれているし、ガンやアレルギーとの因果関係もあるのではないかと言われているよ。
アップロードファイル  コレステロールは、目に見えて数値が出ますからコントロールのしようもありますけど、認知症は原因もわからず進行してしまうものですよね、それがトランス脂肪酸のせいだったとして、知らずにずっと摂り続けていたとしたら恐ろしいことですよね。
MR.CHIN1  だから、摂らないのが一番いいんだがなぁ・・・。

oneesan1  たしか番組では、どこかの栄養大学の生徒さんの食事を追ってましたけど、たまたま食べたお菓子が1個で1日の許容量を超えた、なんてこともありましたよね。
アップロードファイル  そこが問題なんだが、許容量というか、そもそも日本には基準がないんだよ、だから表示義務もない、どんだけ入っていても、我々には知るすべもなく、知らずに平気で摂ってるってことがいくらでもあるんだ。

アップロードファイル  欧米諸国では、次々と規制し始めているんですよね、韓国でも規制し始めたと聞きましたし。
アップロードファイル  2006年12月にニューヨーク市が、飲食店でのトランス脂肪酸の使用を規制を発表して波紋が広がったね、そこでもっと話題になって、日本の消費者も目覚めてくれればよかったんだが・・・。

アップロードファイル  う~ん、、、やっぱり認知度、まだ低いですねぇ~。
でも、ほら、今日の番組では、メーカーに消費者から問い合わせがずいぶんあると言ってましたから、意識している人は、増えてはいると期待したいですけどねぇ。
具体的に、他の国では、どういう風に規制しているんですか?
アップロードファイル  国によってマチマチだがな、アメリカは、1日の総摂取エネルギーの1%未満に抑えるようにということで、1回の食品に0.5g以上含まれる場合は、表示義務があるんだよ、デンマークは、すべての食品の油脂中のトランス脂肪酸含有率を2%に制限している。
WHOも1日の総摂取エネルギーの1%未満にするよう勧告しているね。

アップロードファイル  う~ん、、、パーセントとかで言われると、よくわからないんですが、、、要は、食べなきゃいいんですよね。
外食も減らして、菓子だのパンだの食べないようにするっていうのが、イチバンじゃないですか。
我が家なんて、マーガリンもバターもないし、お菓子も買わないし、カレーもカレールーは使わないし、とにかくレディメイドのものはほとんど食べませんから、あんまり心配ないですけどね。

アップロードファイル  そりゃそうだ、理想はそうあるべきだが、現実問題、コンビニのお世話になることもあるし、たまには、甘いお菓子を食べたいって思うこともあるだろうから、それを全てダメと規制するのは、さすがに気の毒ってもんだろうし、、、だからこそ、政府や企業がちゃんと正面から取り組んで規制して、表示してくれたらいいんだがなあ。
アップロードファイル  NHKだからなのか、企業名をおおっぴらにしてませんでしたけど、ミスタードーナッツやセブンイレブンは、すでに取り組んでいるみたいですね。
それ以外の企業もホームページでは公開している、というところもあるようですし。

アップロードファイル  そもそも、大手のチェーン、特にアメリカ発のチェーンは、アメリカだけでなく全世界で同じ対応をすればいいのに、まったくおかしな話だよ。
そりゃ、経営が違っているところもあるだろうけどアメリカ人の健康は大事だけど、日本人や他の国の人間の健康は、どうでもいいのか! って言いたくなるね。


アップロードファイル  でも、本当になぜ日本の規制は、緩いんですか?
タバコみたいに、後に因果関係が判明して、トランス脂肪酸が原因で病気になった人が政府を訴える、なんて話にならないかしら。
でも、後で訴えたところで、体をリセットできるわけじゃないですしね、、、、国に頼っちゃいけないってことでしょうけど。
アップロードファイル  国によると、日本人の具体的なトランス脂肪酸の摂取量というのは、きっちりと調査できていないんだが、欧米に比べて圧倒的に脂肪そのものの摂取量が少ないので、平均的な日本人は、問題ない、ということなんだ。
国としては、トランス脂肪酸だけを目くじら立てるより、脂肪全体の摂取を抑えて、バランスのいい食事を心がけよう、ということらしい。

アップロードファイル  バランスのいい食事ですか・・・それがわかっていない、実行できない人がいるから問題ですのにね。
そもそも平均的な日本人、とういのも、よくわかりませんよね、周りには、コレステロールが高くて悩んでいる人が多いですけど、それが平均?  なんて思ってしまいますし・・・。
メーカーの対応は、どうなんでしょう?

アップロードファイル  さすがになぁ、主力製品がトランス脂肪酸の商品というところも多いから、悪者にされて困っているという感じなんだが、国が規制していないから大丈夫とか、普通の日本人が摂取している量は問題ない、とか、そんな逃げの説明になっちゃってるんだよなー。
もちろん、しっかり取り組んでいる企業もあるけどな。

アップロードファイル  あとは、煙草と一緒で、消費者がどう選択するか、ということでしょうか。
アップロードファイル  煙草だって問題に気づかないのか、女性の喫煙が増えているんだぞ、日本は、未熟な社会だよな。
トランス脂肪酸の問題は、煙草と違って、内容量が表示されていないわけで、知る権利も機会も与えられていないんだよ、その点だけでも、消費者の力で国を動かしたいもんだね。


アップロードファイル  やっぱり簡単なのは、怪しいものは食べない、あるいは、減らすということのような気がしますけどねぇ。
表示なんて国が規制したって、、、ほら、偽装表示っていくらでもありそうですし、やっぱり自分を守れるのは、自分ですよ。
表示はなくても、油を使っているかどうかは、わかりますよね?
油をたくさん使っているようなものには、絶対手を出さない!
さりげに使っていそうなものもなるべく手を出さない!
別に神経質にならなくたって、簡単なことですよ
アップロードファイル  まあ、たしかに、油、乳製品を極力避けるという健幸料理研究所のような料理を食べていれば大丈夫ということか。
国の意見と同じようになってしまってなんなんだが、脂肪をとらなければ、トランス脂肪酸もとらずに済むということだしな。
あとは、どうしてもトランス脂肪酸が入っていそうなものを食べたいなら、週に1回、月に1回と自分で制限することだな。

アップロードファイル  う~ん、ますます健幸料理を多くの人に理解してもらわなくっちゃ! って気がしますね。
動物質、油、乳製品を避けて、化学調味料や添加物を避けてたら、トランス脂肪酸も飽和脂肪酸も避けられるということですからね。
MR.CHIN、今日は、考えるきかけをくださってありがとうございます!
アップロードファイル  ちなみに、私は、食品安全委員会のホームページを参考にしたぞ、興味のある人は、みてみたらいいぞ。


【追記】
この記事は、2つにわかれていたものを編集して1つにまとめました。(2008年10月)
最初にこれを書いた前後にも真摯に取り組んでいる企業もみうけられ、一概にあの食品がいいとかダメとかいえなくなってきています。
しっかり取り組んでいる企業は、自社ホームページなどでも公開していますので、そういうところをチェックしながら商品を買われるといいのではないでしょうか。


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。応援お願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。