食べられないバナナの花

5月にチェンライに行った旅行記を書かねば、、、と、写真を整理していたら、泊まったホテル(メリディアン・チェンライ)に咲いていたバナナの花の写真が出てきました。
ちょうどバナナの茎をアップした後ですから、この花を紹介してみようかと(つまり、旅行記はまだ…)

チェンライ31

「食べられないバナナの花」なんてタイトルつけちゃいましたが、花を食べられないのではなくって、あ、花も食べられませんけど、バナナを食べられないんです。[日本語ってややこし~)
根もとから黄色のが出てますでしょ、これが本当の花でやがて実になるんですが、、、(ピンクの花びらのようなのは苞)

チェンライ32

こんな小さな実にしからならないので、食べられないんです。
食べられないバナナなんてなんのためにあるの? - なぁんて食い意地のはった勝手な人間の発想ですが、これ、つまり鑑賞用のバナナってことなんですね。
たしかにきれいですもの。

กล้วยบัวสีชมพู (クルアイ・ブア・シー・チョンプー)
学名: Musa ornata Roxb(ムサ・オルナータ) バショウ科バショウ属、インド原産のようです。
タイ語のブアは、蓮という意味で、シーチョンプーは、ピンク色という意味です。
英語では、Flowering banana と呼ばれています。
日本語名は、ついていないみたいですねぇ、そのままムサオルナータって呼ぶことが多いみたいです。
なんかもうちょっと色気のある名前つけてあげたいところですよねぇ。

この花、チェンマイのオリエンタルでもみかけてたんです。
せっかくだから昔の写真ですけど、ひっぱりだしてみました。
う~む、、、このバナナの花は、どうやら高級ホテル好み!?

バナナの花

たしかに、ふつうのバナナの花は、思いので垂れ下がってますけど、これは軽いらしくってまっすぐ上に伸びてます。(ふつうのバナナの花の写真や基礎知識は、コチラからどうぞ
その姿がなんとも凛としているようでホテル好みなのかもしれません。

バナナの花

食べられないバナナの花は、まだ他にもあるようです。
実を食べるバナナ、葉を利用するバナナ、花を食べるバナナ、茎を食べるバナナ、鑑賞用のバナナ、、、それぞれビミョーに違ってたりするみたいです。
バナナってホントいろいろあるんですねぇ。

あっ、、、実も花も食べられないようなバナナを料理ブログで紹介してどうすんのって感じですね、、


読んでくださってありがとうございます! 
どうか押し忘れずにポチポチと2つ押してくださいませ~!   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック