ペニンシュラバンコクにお泊りしました!

この週末、在住者向けプロモーションを利用して、ザ・ペニンシュラ・バンコクにお泊りしてきました~
在住者向けプロモーション、いろんなホテルでオフシーズンなどによくあって、ペニンシュラも何度か泊っているんですが、今回の格安度はちょっとビックリ!
それもこれも赤シャツ騒動をじっと耐えたタイ在住者へのご褒美なのか!?
まあ、ホテル業界も本当に大変なんだと思うのですが、、、こういうのは、便乗するに限りますね。
ホテルに泊ったからといって何をしたわけでもないのですが(DVDを持ち込んで見たり、友達が来て飲んだりいつもと一緒)、一応、いくつか写真も撮ったし、格安で泊めていただいたお礼に記事にしてみようかと思いたちました~!

ペニンシュラ1 ペニンシュラ29

ペニンシュラホテルは、チャオプラヤー川ぞいにあり、左の写真は、私のいつもの通勤路から撮ったものです。
左側に見えるのがペニンシュラで、そのもっと奥にぼんやり見えるのはヒルトン、対岸にオリエンタル、シャングリラ、シェラトンなどがあり、うちの会社も立地だけは5つ星ホテル並みなんですけどねぇ。

ペニンシュラ2今回のプロモーションは、リバーカフェ&テラスのセットディナーかスパの割引かスイートへのアップグレードが選べましたが、貧乏性の私たちはスイートにしても隅っこにしかいないだろうし、、、と、セットディナーを選択しました。
ディナーは、2泊する場合でも1泊分だけなので、お値段的には、アップグレードがイチバンお得だったかも!?
プラス1,000バーツでブッフェも選択できたようですが、ブッフェで食べ過ぎても問題なのでセットにしました。
とにかくせっかくなんだから、2時間はかけてゆっくり食べようってことに。
前菜は、テリーヌかシュリンプカクテルかなんかタイ料理でしたが、2人ともテリーヌを選択。
おにいさん曰く、「無料ディナーなんて、ブッフェから持ってくるんだよ」なんて言ってましたが、はたして!?

続いてメイン。

ペニンシュラ4 ペニンシュラ5

ペニンシュラ10おにいさんは鶏のコルドンブルー風、私はサーモンでした。
これはさすがにちゃんと手をかけて作ったと思いますし、おいしかったんですが、しかし、、、半分くらいですでにお腹がいっぱいになっている私たち、どうしちゃったのかしら???
メインでどーんと魚や肉を食べるっていう食べ方をしばらくしてなかったんで、ペースがわからず、パンを食べ過ぎちゃったのかも…

デザートは、チョコXチョコ盛り合わせかフルーツ、タイ菓子からで、チョコ好きの私は迷わずチョコを選択、、、しかし、やっぱりこれも途中でギブアップ。
まあ、そんなこんなしてるうちにすっかりあたりも暗くなり、、、

ペニンシュラ06 ペニンシュラ09

ロマンチックやねぇ~ なんて雰囲気もなく、ワインを飲み終わってお部屋に戻りました。
後で冷静になって考えると、前日の深夜のW杯日本戦の疲れと飲み過ぎで、二人とも食欲が落ちていたようです。
ブッフェにしなくてホントによかったです。
この後、ホテルライフも何もあったもんじゃなくっていきなり爆睡しちゃいましたし。

翌日、私はほとんどパソコンに向かって原稿書き、、、おにいさんは、英語の学校に行ったりと、ほんっとにいつも通りに過ごしてました。
そうそう、お部屋の写真と部屋からの眺め。

ペニンシュラ13 ペニンシュラ14

写真は撮りませんでしたが、バスルームも広くってバスタブとシャワールームが別にあって、洗面台は2つ、テレビまでついてて贅沢そのもの。
ソファとビジネスデスクがそれぞれゆったり置かれて、デラックスルームでも十分にゆっくりできます。
ビジネスデスクの引き出しの開け閉めがなめらかだとおにいさんが感動してましたが、その引き出しにはファックスが備え付けてあり、コンセントとネットの差し込みも引き出しの中にあって表はスッキリです。
いろんなホテルに泊ってるけど、私はここがイチバン好きかも!

部屋からの写真の真ん中にある、上の部分が黒くなっている建物は、「バブルの塔」と私は呼んでおりますが、もう10年以上放置したまんまで、ホントに傾いてるんですよねぇ~、この先、どうするのかしら…

格安でホテルに泊っても、ホテルで食事したら、それこそホテルの思うツボなんですが、ツボにはまってみることにしました。
(おにいさんは、対岸のロビンソンのタイスキって言ったたんですが却下!)

タイで一番おいしいと言う人も多い中華料理のメイジャン
でも、その前に果物食べてワインを1本部屋であけてた私たちは、やっぱり思ったほど食欲がなく、、、(当たり前か)、、、メニューに「健康素食」があったのでそこから3品だけチョイス。
暗くて写真がかなりイマイチなんですが、、、

ペニンシュラ16 ペニンシュラ17
ペニンシュラ19 ペニンシュラ20
ペニンシュラ21 ペニンシュラ24

先付けで魚の春巻き、飲物は紹興酒をボトルでオーダー。
料理は、季節野菜と木綿豆腐の味噌炒め、シイタケとキヌガサ茸のスープ、豆腐とピクルスとカボチャ入り玄米炒飯の3品。
季節野菜にヘチマが入っていたのにちょっと驚きましたが、おいしかったです。
私は、キヌガサタケに目がなくって、、、大好物なのです。
サービスもとってもよくって、味噌炒めとスープまでは感動して食べていたのですが、炒飯がいけません、ベジタリアン仕様で味付けが甘めなのとちょっとオイリー。
ベジタリアン料理っていうと、どうしてこうなっちゃうんでしょうねー、作る方というより、食べる方の人たちがそうじゃないと満足できないのかもしれず、ホテルのせいじゃないかも?
そんな無理やりなベジタリアン料理を食べるくらいなら、ふつうに肉魚が入っててもいいんじゃないかと思うほど、私としてはかなりガッカリでした。
デザートという選択は、そもそも私たちにはあり得ないんですが、ちょうど友達が別の飲み会の帰りに立ち寄ってくれて、お部屋で飲み直すことにしたのでこれにて失礼、しめて2,500バーツくらいでした。
(プロモーションでここから割引がありましたけど)

なんか、私の外食レポートは、豪華料理であればあるほど素っ気なくなってしまう気がします。
どうも豪華な料理が食べられなくなってきているようで、、、安上がりでいいですけど、なにか楽しみを一つなくしているような気もしなくもないですが、、、多分、2人きりで食べることに無理があるようです。
大人数でシェアするんじゃないとダメだなんて、これじゃあ、ヨーロッパ旅行に行けないー!?

う~ん、ホテルのレポートとしても施設をあんまり紹介してなくって、なんとも中途半端になってしまいましたが、これにて失礼することにしましょう。
とにかく、ペニンシュラバンコクさん、楽しいひと時をありがと~!



読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     人気ブログランキングへ>




関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック