カイランとニンジンのパセリ和え

ただいま、バンコク内の高級ホテルのお部屋からお届けです。
在住者プロモーションというのがあって、とってもお安く泊まれるので、この機会を逃しちゃいけない! と2泊することにしました。
こういう時くらいですものね、在住者の特権はしっかりいかさなくっちゃ!
ホテルは、うちの会社から歩いて数分、、、昨日は、歩いてチェックインしました。
こんな高級ホテルに歩いてチェックインする人なんていないでしょうねぇ~。
でも、昨日は、前日の日本戦の疲れがあり、かなり早い時間に寝てしまいました。
このホテル、何度目かの宿泊になりますが、高級だろうがなんだろうがやること一緒、、、私は原稿抱えてパソコンに向かうことになりそうです。



★今回のテーマ★ ― ☆カイラン(中国ケール・カナー)☆

   カイランとニンジンのパセリ和え


今日は、カイラン、カナーの料理です。
そもそも「菜の花系」というテーマを設定していたのに、花つきの野菜が手に入らなかったので、先日までは「サイシン(菜心)」ってことにしてお届けしていたのですが、一品だけ「カイラン(芥藍)」のお料理がありました。
カイランもサイシンと同じく中国野菜ですが、もともとは地中海原産のケールの仲間です。
中国で栽培が始まった野菜で、中国ケールとも呼ばれています。
タイでは、カナー(คะน้า)と呼びます。
カナも以前に健幸料理研究所で扱っているんですが、、、目次ができてないですねぇ。
一応、基礎知識はコチラ
でもこれもねぇ、3年前にまとめたものなので、ずいぶん変わってますねぇ。
今は、Baby(Young)Kaleと呼ばれる小さめのものかHongkok Kaleの方が好まれてよく売れているようです。

紹介するお料理もベビーケールを使ったものです。

カナカイランニンジン和え
by cinnamon


 カイランとニンジンのパセリ和え

[材料]
カナー(小さいもの、主の茎の部分)  4~5本
ニンジン 1/2 本、 パセリ 2本、 
ドレッシング: マナオ 大1、 オリーブ油 大1、 塩・こしょう 適宜

[作り方]
(1) ニンジンを3~4cmの拍子切り、カナーも同じくらいの長さに切って、さっと塩茹でします。
(3) パセリをみじん切りにします。
(4) ドレッシングの材料を混ぜ合わせ、野菜と和えます。


カナーもニンジンも火を通していますが、だからこそしっかりとドレッシングにからみ、そこにパセリがたっぷりなんで、なんか新鮮な感覚のサラダでした。
作り方は至って簡単!
サラダってバリバリ食べるだけじゃないんだな~とあらためて思ったりして。

青汁の材料にもなるケールの仲間、カナー、カイラン、中国ケール、これで覚えてもらえました?

みなさんからのビーツレシピ&ビーツ情報募集中です。
詳しくは、上のリンクをご参照くださいませ。


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     人気ブログランキングへ>
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。