サイシンミネストローネ

★今回のテーマ★ ― ☆菜心(サイシン)/広東菜(カントンナ)☆

   サイシンミネストローネ


サイシンって片仮名で書くと、最新!? みたいな誤解しちゃいます?
中国野菜の菜心、タイでは広東菜(パッククワントゥン)と呼んでいます。
小松菜にとてもよく似た野菜ですので、日本の方は、小松菜で代用してみてくださいね。
ただいまのテーマ、サイシン/カントンナの基礎知識はコチラ
この時から大分知識がたまってるのですが、詳しくは、本を買っていただくことにしましょう(って、いつだ~!?)

菜の花トマトスープ
by cinnamon


 サイシンミネストローネ

[材料]
サイシン(カントンナ) 1束 
タマネギ 1/2個、 タイセロリ 1~2本、 ニンニク 2片
トマト(水煮缶)  400g、 オリーブ油 大2~3、塩・こしょう 適宜

[作り方]
(1) サイシンは、4cmくらいに切ります。
(2) ニンニクはみじん切り セロリ、玉ねぎは 荒みじんにします。
(3) 鍋にオリーブ油、玉ねぎ、ニンニクを入れて炒め、香りが出たらセロリを加えます。
(4) トマトをつぶしながら入れ、広東菜も加え、しばらく煮て、野菜がくたくたになったら、塩・こしょうで調味します。

ミネストローネの材料って、なんかパターンが決まっちゃったり、料理本通りにするといつも同じだったりしません?
ミネストローネは、イタリア語で「ごちゃ混ぜ」という意味で、田舎料理、家庭料理ですからなんでもありなんです。
要は、イタリアの味噌汁のようなもの。
ん? だったら、味噌汁でおいしいものは、ミネストローネでもおいしい!?
だからサイシンみたいな青菜もおいしいのかな?
和食に偏りがちな青菜料理、ぜひ、ミネストローネなどトマトと組み合わせたり、自由な発想で使ってみてくださいね!

みなさんからのビーツレシピ&ビーツ情報募集中です。
詳しくは、上のリンクをご参照くださいませ。


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     人気ブログランキングへ>
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。