雑穀で作るタイ風ガスパチョスープ

タイは金曜日から3連休の方も多いようです。
でも先日の騒動で会社が休みになったところは、振替で働くことになった人もいるようで、せっかくの3連休がなくなった方もいるみたいですが。
本当は、昨日から私も日本のはずでしたが、おにいさんだけ帰ってもらいました。
すっかり義母に不義理してて心が痛むのですが、いや、本当は、秋田にだって帰りたいのだけれど、、、やるべきことができていない現状、断念しました。
おにいさんは、明日には戻ってきますが、留守の間、がんばらなくっちゃ!

ーーーと言いながら、気分転換を兼ねてさくさくとアップしちゃいます。
まだ玄米・雑穀レシピ、あるんですよねぇ~。



★今回のテーマ★ ― ☆玄米・雑穀☆

   雑穀で作るタイ風ガスパチョスープ


4月にスペインに行って、すっかりハマってしまったのがガスパチョ

ガスパチョ  ガスパチョ2

スペイン、思ったより肉々しかったので、ガスパチョでしっかり野菜補給。
おにいさんは、ガスパチョをつまみにワインを飲むというスタイルがすっかり気に入ったようです。
スペイン人は、夏場になると大量に作って冷蔵庫に入れて、水がわりにガブガブ飲むそうで、スペイン人の長寿の秘訣はそんなところにあるかもしれないと思ったり。
スーパーには、ガスパチョの瓶詰め、パック詰め、冷凍品などいろんな商品が並んでいます。
品揃え的にいうと、牛乳パックに負けないくらい。

そこで我が家でもガスパチョブームとなりまして、連日、ガスパチョが続いています。
ただ、ガスパチョのためにパンを買ってくるのも、、、しかも白いパンには抵抗があるし、、、と。
本来、ガスパチョは、どんな材料で作っていいはず! ということで、タイ野菜を使いながら雑穀を入れて作ってみることにしました。
大麦とか、本来パンにもなっているわけだし、温かいスープに米や麦を入れてとろみをつけることはあるので、きっとうまくいくのではないかと。

雑穀ガスパチョ

なんか、見た目、上の本場のに比べるとちょっと恥ずかしいかも、、、トッピングくらいすればよかったですね、作ってさっさと飲もうとして、写真! と思ったのでした。
でもお味の方は、自分で言うなって感じですが、おいしいです。

ガスパチョは、サラサラタイプもあればドッシリとろ~りタイプもありますので、その時々のお好みでいいんじゃないかと思います。
うちは、つまみがわりなので、ちょっとどろりとすることが多いですが、お弁当に持参する時は、サラサラしてます。
一応、レシピ、、、でも、日替わりでその時々に冷蔵庫にあるものを使ったりもしてますので、あくまでご参考まで。

 雑穀で作るタイ風ガスパチョスープ

[材料]
雑穀(ハトムギ、大麦、粟など) 茹でたもの 1/2カップ
トマトジュース 150cc~、 ミニトマト 10個くらい
ニンニク 1片、 オリーブオイル 大さじ1、
青パパイヤ 50g、 タイセロリ 数本、 赤・緑のパパイヤ それぞれ1/4個、
ホームデーン(赤エシャロット) 1~2個、 マナオ(レモン)汁 1/2個分、 氷 適量

[材料]
(1) すべての材料を細かくしておきます。
(2) すべての材料をミキサーにかけます。とろみは、トマトジュースの量で調整します。
 

雑穀の粒々が舌に触るのですが、それがまたいいかなあという気がしました。
アマランサスやキヌアを入れると、ミキサーでも砕けないのでさらに粒々を楽しめます。
雑穀は、手元にあるのならなんでもいけそうです、柔らかめに茹でておくといいですね。
玄米も試してみましたがよかったですよ。

◎ ワインを飲みながらいただくので、酢は入れませんでしたが、お酢を入れるとスッキリして飲みやすく、暑い時には特にいいかと思います。
◎ ミニトマトは、普通のトマトより栄養があるうえ、タイではミニトマトの方が手に入りやすいので使ってます。皮ごといただいた方がもちろん栄養価は高いです。自分用だったらまるごと使った方がいいですね。
◎ 野菜は、冷蔵庫にあるものでいいと思います。ただし、カイラン(中国ケール、カナ)を入れたり、タイセロリを多めにすると、緑っぽくなってちょっと印象が、、、

◎ 材料の一部をみじん切りにしておっておいて、トッピングに使うといいかと思います。
◎ ガスパチョのどのレシピを見ても氷をいれてしまうというのはないのですが、やっぱりキンキンに冷えてる方がおいしいです。作ってさっさと飲む時は、水加減を調整しながら氷を入れてしまっていいんじゃないかと思います。
◎ トマトジュースを使ったので調味料は入れてません。トマトジュースには、塩が入っているものもありますし、トマト自体も塩気があるので、味見して調整してください。コショウやトウガラシもお好みで。タバスコを入れるってのもありですね。

う~ん、、、こんなものかな?
そうそう、何がタイ風かというと、青パパイヤとホームデーン(=エシャロットの赤くてニンニク大のもの)を入れてることかしら。
野菜の料理次第で、甘くもなるし青々しくもなるし、とにかく自分のお好みで作れてしまうっていうのがいいですね。

究極の手抜きは、市販の野菜ジュースと雑穀を混ぜてしまう!

ガスパチョをまず食べてから食事をすると、食べ過ぎも防止できるのでダイエットにもなりますよ~!(私は減ってないけど…
雑穀が入っているので、これだけで食事になるくらいです。
みなさんもこれから暑くなる季節、ぜひ、雑穀でオリジナルガスパチョを楽しんでみてください!

blogranking   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ 読んでくださってありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。