つぶつぶだけど、雑穀じゃない!? 蟻の卵!! タラートシリーズ(7)

最初にお断りしておきますが、別にそんなグロイとは思いませんけど、人によっては「キャーっ!」って言うかもしれないので、虫系がダメな方は、今日の記事は読むというより見ない方がよろしいかと思います。

すっかりご無沙汰の「今日のタラートシリーズ」、久々にお届けします。
一応、第7回のようです。
なんでご無沙汰だったかというと、タラート(市場)に行く機会が少なかったせいもあるし、私にとって目新しいと感動するものがなくなってるのもあるかもしれません。
う~ん、感動がなくなるなんて、よくないわね、、、いえ、紹介したいのもあるんですけどね、やっぱ忙しかったからかしら。

今日は、野菜ソムリエコミュニティBangkok(注)のお仲間なほちゃんにお願いごとをするついでにうちの近所のタラート(シーロムソイ20)に呼び出して、久々にゆっくりとタラートを周ったのでした。

注: 「日本ベジタブル&フルーツマイスター協会」が4月1日から名称を変更して、「日本野菜ソムリエ協会」に名称を変更、これまで「ベジタブル&フルーツマイスター」と呼ばれていた資格が「野菜ソムリエ」という資格に変更になりました。これまでのように「通称・野菜ソムリエ、正式名称は云々かんぬん…」と言う必要がなくなって楽と言えば楽なんですが、やっと広めたと思った「ベジフルコミュニティBangkok」の名称まで変更になって「野菜ソムリエコミュニティBangkok」という名前になってしまいました。まあ、わかりやすいといえばわかりやすいんでいいんですけどね。今後ともヨロシクです。

途中ですみませんが、ランキングの応援お願いします! やっぱり励みになるんです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村



お願いごとをするのに呼び出すってところがえらそうなんですが、うちからタラートに向かう途中にもその流れの店が並んでいて、なほちゃんが来る前にフラフラと物色、そしたら珍しいものを発見!

タラート蟻の卵2


弱めのコンタクトを入れている私は、一瞬、米とか麦とかかなあと、それにしてもちょっと大きいし、やけにオープンなディスプレイだなあと思いながら近づいてみましたら・・・ひょっとして、これが噂の!?

タラート蟻の卵 画像をクリックするとアップで見られます。

この正体は! ・・・って、もうタイトルにも出しているのでわかっているでしょうが、これが噂の蟻の卵なんですね~。
タイ語では、カイ・モッ・デーンと言います。
赤い蟻の卵だそうで、木の上に巣を作るんですって。

ちょうどチェンマイの旅行代理店NANA TOURさんがツイッターでつぶやいておりました。
「今のこの時期、タイ人が喜んで食べる旬のものと言えば、蟻の卵!!スープや、卵焼きなどに入れられます。私は好んで食べませんけれど・・・」
そしたらチェンマイの日本料理店ジガンティアさん
「オーガニック市場でも、蟻の卵見ました。記事の掲載に買おうかと一瞬立ち止まったけれど、手を出すことが出来なかった」

う~ん、今が旬ってことですね!?
スープは知ってますが、卵焼きにもできちゃうんですねー、卵焼きの方が食べやすい気も・・。
でも、やっぱり買って帰る勇気はなかったというより、そんな発想は微塵も持ちませんでしたね。

そういえば、これまた野菜ソムリエコミュテニィBangkok(長いね)仲間のヨーコちゃんがどっかのタラートで蟻のスープを見たと写真を撮っておりました。
本人に無断で拝借掲載いたします。

タラート蟻の卵スープ 撮影 by ヨーコ

ヨーコちゃん、食べたんだっけ?!?
あっ! ヨーコちゃんのブログみつけました! 食べたのね、エライ!!
忙しくてブログにおじゃまできずにおりましたが、ヨーコちゃんのブログ、ステキだわ~趣味の良さがにじみ出ております。
それに好奇心いっぱいだからねー、私も勉強になります、みなさん、おすすめですよ~!

蟻の卵を食べたことがあるおにいさんによるとつぶつぶしてるらしいです、、、って、みたまんまやん・・・
あんまり味はないそうでタンパクだとか。
蟻自体は、酸味があってタイ人好みの味を想像しますが、卵の方は、食感を楽しむんでしょうかねぇ~。
イクラに似ているっていうから、イクラ好きの私、はまるかしら。
目の前に調理されてハイどうぞと出てきたら、、、食べるかな? 
まあ、一度は、食べてもいいかな?
なんだかんだいってタケムシが好きだったりするし、、、。

この写真を見ると、中の野菜は、上のタラートの野菜と同じくパックワーンパーのような気がします。
茎の部分がパックワーンバーン(アマメシバ)より細い気がしますし。
蟻のスープには、パックワーンバーンもよく入れるみたいですけど、どっちかな?

ちなみにパックワーンは、甘い野菜=Sweet Vegetable で、バーンは家、パーは森です。

パックワーンパーの正体、一度は、サラダの木かと思ったんですが、どうも違うようで、もうちょっと調べてみないといけません。
タイのスーパーでも売ってますけど、英語名もない状態なので、タイやこの地域独特のものなんでしょうね。
すごくきれいな葉ななので、お口直しというかお目なおし!? ということで、では。

パックワーンパー


ところであなたは、上の画像をクリックしてアップしてみました!?



blogranking   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
読んでくださってありがとうございました!
ランキングに参加しています。励みになりますので、ポチポチっと応援お願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。