タイの玄米でだまこもち風スープ

★今回のテーマ★  ― ☆玄米・雑穀☆

   タイ玄米のだまこもち風スープ


だまこもちってご存知ですか?
だまこもちをご存じない方も、きりたんぽなら聞いたことあります?
どちらも秋田名物で、お米から作る料理なんです。
その昔、マタギが山に持って行ったお弁当のようなものだったとも言われています。(マタギ= 
きりたんぽは、ご飯をつぶして棒に巻きつけて焼いたもので、それを鍋に入れたり、甘味噌をつけて焼いて食べたりします。(私の故郷、鹿角市発祥
だまこもちは、細長いきりたんぽに対して、コロコロボールみたいな感じです。
きりたんぽ鍋とほとんど材料が同じで(今現在は)、きりたんぽがない時にも気軽に作れるので、我が家は、きりたんぽより登場率が高いかも。

ついでにみつけた、あきた食の国ネット、秋田の郷土料理がズラズラッと並んでてオモシロイです。
私も知らないのがあったりして・・・ → あきた食の国ネット 秋田の味

だまこもちもきりたんぽも、米どころ秋田で新米がとれたら作るのが正統派、もっちりご飯で作るのがおいしいんでしょうが、もともとマタギご飯、いつでも気軽に作るのがいいかと。
なのでタイ米、それも健幸料理のポリシーをふまえ、玄米で作ってみました。
タイ米は、パラパラ、ボソボソしていると思ってる方も多いと思いますが、一般に食されているジャスミンライスは、炊き方次第で日本米のようにほっくり炊けます。
さらに玄米となると、もっとパラパラ、ボソボソと思っている方も多いと思いますが、これも炊き方次第ですね。
でも、炊き方のアドバイスがまだ的確にできないんですけど、、、スミマセン。
圧力鍋や土鍋で作るとやっぱりおいし~ですよ、あと高級炊飯釜も高級なだけあるのかなあと、、、。

とりあえず、だまこもち風スープってこんな感じ。

雑穀玄米だまこもち
by ☆青☆


秋田の鍋風にしたかったんですけど、、、これまたスミマセンなんですが、健幸料理研究所の活動日、他の雑穀研究に追われてたら、ぜんっぜん時間がなくって、、、ただ、まるめたところで終わってしまいました。
インスタントのきりたんぽ鍋スープがあったと思ったのですがなくって、タイのインスタント、OTAGOスープで簡単にすませてしまいました。
どっかて見たような?
玄米・雑穀シリーズの最初の方で紹介した「普段のスープにハトムギプラス!」のスープを拝借しただけです、ホント手抜きですみません。


 タイ玄米のだまこもち風スープ

<材料>
玄米、インスタントスープ、 (必要であれば)片栗粉

<作り方>
(1) ご飯が炊きあがったら、アツアツのうちにボールや鉢に入れてヘラなどでご飯を潰します。(ビニール袋に入れて揉みつぶすようにしてもいいです。)
(2) 粘りが足りないようでしたら、片栗粉を少々混ぜます。
(3) まんまるにコロコロにまるめます。温めたスープに食べる少し前に入れます。(あまり長くいれると崩れてきますし、食べる直前だと味がしみません。)


玄米でだまこもちっていうのは、実家では食べたことがないですが、イケますよ~。
父は、かたいご飯がキライで玄米もあまり食べようとしませんが、これなら気にならないかも。

ただ、、、OTAGOのあっさりスープは、やっぱりあっさりし過ぎですね。
比内地鶏とまでは言いませんが、鶏がらスープなど、ちょっとしっかりした味がついている方がおいしいですね。
具は、長ネギ、コンニャク、ゴボウ、三つ葉、セリなどを使うことが多いですが、気にせずいろんな具で自由に作っていいんじゃないかと思います。
そしたら、これ1杯で必要な栄養すっかりとれちゃいますね。

もう日本は、鍋の季節も終わりかけかと思いますが、シーズン最後の〆でいかがですか?
鍋でなくても、こんな風に1人前のスープにもできますしね。
そういえば、小さな姪っ子もお手伝いしてコロコロしてくれてました。
だまこもちは、みんなでおしゃべりしながら作れるのでいいですよ!


blogranking   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
読んでくださってありがとうございました!
ランキングに参加しています。励みになりますので、ポチポチっと応援お願いします。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。