さりげに雑穀入り!? ヘルシーミネストローネ

★今回のテーマ★  ― ☆玄米・雑穀☆

   雑穀入りミネストローネ


何度も書いている気もするんですが、玄米や雑穀の話でよく聞くのが「ご飯に混ぜると、(家族は)雑穀の姿が見えただけで食べようとしないんですよ~」っていう言葉。
え~っ!? それってワガママじゃん、、、と、人の旦那や子供のことをああだこうだ言うのも失礼な話なんですが、、、。
食事って大事ですからね、作る方は、だからこそ健康的なものをと思うのですが、食べる方にしてみれば、だからこそ好きなものを、おいしいものをという言い分もよくわかります。
家族団欒の楽しみの場で、健康志向はいいけれど、なんだか餌のように健康だからと押しつけられるのはごめんってことですよね。
健康とおいしさの両立、それが健幸料理のめざすところです。

そんな健幸料理にピッタリなのが「雑穀」かもしれないと、雑穀研究をしていてワクワクしています。
雑穀って、それだけ食べろと言われたら、やっぱり食味や食感に難があります。
でも雑穀って小さい分だけ、さりげに料理に混ぜちゃうことができるんですよね。

雑穀ミネストローネ
by cinnamon


 雑穀入りミネストローネ

<材料>
雑穀ミックス 15g
 (ひえ、いり黒大豆、ハト麦、赤米、黒米、大麦、もちあわ、アマランス)
玉ねぎ 1個、  えのき 1/2袋、 オイスターマッシュルーム  1/2パック
大根 5cm、 トマト缶  1缶(400グラム)、 パセリ 少々、 
トマトケチャップ  大さじ2、  ソース 大さじ1、  塩・こしょう 少々

<作り方>
(1) しめじ、えのきは3cmの長さに、大根は1cm角に切ります。
(2) 鍋にトマト缶(トマトをつぶして)、きのこ、雑穀、大根、玉ねぎを入れ、塩を少々入れて弱火にかけます。
(3) 20分くらい煮たら、調味料を入れます。パセリのみじん切りを散らして、出来上がりです。


ミネストローネは、日本の味噌汁の感覚で、具はなんでもOKなんですが、よくパスタが入っていることがありますね。
でも、このレシピは、パスタのかわりに雑穀、、、というほど、雑穀は存在感をもっているわけではありません。
あんまり存在感を際立たせると、ミネストローネというより、リゾットみたいになっちゃいますからね、このさりげなさがいいような気がします。
これなら雑穀の穀物くささが苦手な人でも大丈夫!
なんか面白い食感の食材が入ってる? って感じで食べられます。
あと雑穀ミックスの商品によっては、豆が入っているのでこれまたミネストローネにはピッタリなんですよね。
その他の具は、冷蔵庫にあるものなんでもお好きなように利用してください。
このレシピですと、油も使っていないのでホントにヘルシー、でも雑穀が入っているので満足感はしっかりあるのです。

それにしてもトマト缶って便利ですねぇ~。
以前は、缶詰めって何かしら手を加えてあってあまりよくないんじゃないかって誤解していた部分があるんですが、缶だからこそフレッシュなうちに無添加で加工できるので、かえって栄養価が高くおいしく保存できるということを知りました。
冷凍食品も然り。
(もちろん、手を加えた製品もいっぱいあって、その中には、どうかと思うものもありますが。。。)

一見、手がかかりそうな雑穀料理も(実際は、全然、手間じゃないですよ)、手軽な食材と組み合わせて作っていくといいですね。
雑穀は、ある日、はりきってお料理してたくさん食べるというよりも、さりげにスプーン1杯でいいので、毎日食べるようにした方が健康効果としては高くなると思います。

手軽な雑穀ミックスを使ってもいいし、お好みのブレンドを自分で作ってもいいので、いつでも常備しておくといいですね。


blogranking   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
読んでくださってありがとうございました!
ランキングに参加しています。励みになりますので、ポチポチっと応援お願いします。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。