みなさまからの豆レシピ!

  • カテゴリ:マメ類
  • コメント:6件
  • トラックバック:0件
★今回のテーマ★  ― ☆豆☆ 

12月は、「豆」「春菊」のレシピを募集させていただきました。
今日は、集まった「豆」レシピを一挙に公開させていただきます。
一口に「豆」といっても乾燥豆を使ったもの、グリーンピースや枝豆、ソラマメのように茹でてすぐ使えるもの、莢ごと使うもの、はたまた納豆や豆腐だって豆よねってことになると、結構、豆を食べるのって簡単かも、、、って思えてきますよね。
豆は、良質のたんぱく源であり、ファイトケミカルがたっぷりです、1日100gは摂取するようめざしてください!



マメタヌ子さん1マメタヌ子さん2いつもおしゃれなお料理を披露してくださる「異邦人の食卓」のタヌ子さん。
豆料理は、きっとお得意なのでは? と勝手に期待していたのですが、やっぱりさすがの素敵なレシピをお寄せくださいました。

まずは、Yellow Split Peas = 黄色の半割エンドウマメを使ったお料理です。
エンドウというとグリーンピースの言葉どおり、グリーンのイメージなんですが、黄色の種類もあるのですね。
エンドウは、中央アジアまたはヨーロッパ原産で、古代ギリシャ、エジプト、ローマでも食されてきました。
もともと乾燥豆で消費され、主にピュレにして主食のように食べられてきたそうですが、中国人が最初に莢と種子を野菜として食べるようになったそうです。
日本人は、中国人の影響のようで、エンドウというと莢と種子のイメージでしょうが、もし乾燥豆が手に入ったら、古代ギリシャに思いを寄せて(?)、タブ子さんのお料理を参考にしてみてはいかがですか?

何がすごいって、ピュレだけでも大満足レシピなのに、これがコロッケに変身したからさらに驚き!
こんな変身なら飽きることなくたっぷりの豆を食べられていいですね!

私もイエロースプリットビーンをタイでよくみかけていたので、先日、パーティーで試してみようかと思ったのですが、、、どうも黄エンドウではなく、大豆を割った豆のようで、なんだか急にやる気がなくなって断念してしまいました。
大豆でもできるかしらねぇ~?
豆のピュレといいうことでしたら、ヒヨコマメでもおいしくできそうですし、豆は大体応用できるような気がするので、挑戦してみるべきだったかしら・・・。

タヌ子さんのレシピを知りたい方は、 コチラ → ギリシャの豆料理FAVAと応用料理



マメタヌコさん3次なる豆料理は、豆を使ったキッシュ!
キッシュの中に豆がコロコロの楽しいキッシュです。
こちらのレシピでは、ウズラマメを使われています。
ウズラマメは、インゲンの一種でピントビーン(Pint bean)とも呼ばれています。
赤い斑点がありますが、加熱すると消えてクリーミーでまろやかな味のおいしいお豆です。
ウズラマメは、日本でも栽培されていますので、ぜひ、トライしてみていただきたい! 
でも、このキッシュ、とても手がこんでいて大変そうなんですが、、、どなたか、作ってみたよーってレポートしてくれないかしら。
もちろんウズラマメがなければ、他の豆でも代用できます。

こちらのレシピは → ちょっと失敗したお豆のキッシュ

どこが失敗したか全く気がつかないんですが、、、タヌ子さん、いつもありがとうございます!
健幸料理のために肉類をのぞいてベジ仕様にしてくださってます。



豆料理、次から紹介するのは、莢豆を使ったお料理です。

マメゆみぴいさん1 マメゆみぴいさん2
いつも元気な「ゆみぴいの『Yummy Yummy キッチン♪』」のゆみぴいさんにお届けいただきました。
莢というとキヌサヤやインゲン? なんと、これをダブルで使っています。
赤のパプリカと一緒にあわせて、とっても色鮮やかな一品、もう過ぎちゃったけどクリスマスっぽい!?
豚肉を使っているのは、、、健幸料理的にはなんなんですが、、、きれいでおいしそうだからOK!?
豆嫌いのお子さんが喜んで食べたっていいますしね!
余った豆とパプリカで卵炒めも作ったそうです。
そうそう、常日頃思ってるんですが、卵焼きとか炒り卵は、特にお子さんがいらっしゃるご家庭では登場回数が多いと思うのですが、残ったものでもなんでも、ほんのひと手間かけて野菜や豆などちょっと加えたらいいと思うんですよ~。
なのでこういうアレンジ、おすすめです!
ゆみぴいさんのレシピはこちら → パプリカとW豆の豚バラ巻き(塩&たれ)


お次も莢、インゲンでもキヌサヤでもない莢というと・・・???
タイには、とってもおいしい莢豆がありましたねぇ~、ハイ、シカクマメです。
マメなほちゃん
今月、無事(!?)野菜ソムリエの仲間入りをはたしたバンコク在住のなほちゃんです。

 四角豆の忍者ヤムサラダ(2人分)
  
<材料>
[A] 四角豆 4本(約40g)、 ささげ 2本(約40g)
   かぼちゃ 100g、 プチトマト 4個、 ホームデーン(赤玉ネギ)2玉(20g) 
[B] マナオ・ナンプラー・砂糖 各大さじ1

レタス 適量

<作り方>
(1) [A]をそれぞれ食べやすい大きさに切って下茹でします。
(2) プチトマトを半分に切ります。
(3) [B]の材料を大きめのボールの中でよく合わせて、(1)(2)を加えます。
(4) 皿にレタスをしいて盛りつけます。

<ポイント by なほちゃん>
パラパラと細やかなサラダなのでレタスで巻いて食べてもいいです。
シカクマメは、その形から少量のソースでもからみやすくしっかりと味がなじみます。
魚貝類との愛称抜群のソース☆ 主人が屋台で買ってきたイカ焼きを一緒に食べて発見! 途中から一緒に和えちゃいました)  
四角豆の断面図を見た子供が「しゅりけんみたい!!」といったことから命名しました。
日光江戸村や忍者のテーマパークみたいなところで出してみてはいかがでしょうね~??
  
はじめは調理しづらいお野菜なのかな、と思いましたが、火を通すとやわらかくなって優しい甘みも出てとても食べやすいお野菜でした。
ひだのぶぶんが引っかかるので、大きさを調節しながらきるなどして、子供のお箸の練習にぴったりだなとも思いました。
もうひとつの四角豆のお料理ですが紫四角豆の色が渋くてシンプルにゆでてごちそう冷奴にしたものです。
相変わらずちょっとのせただけのお料理です(笑)


紫シカクマメというのがあるんですねぇ、古くなってひだが黒くなったわけではないのですね~、一度、お目にかかりたいわ~。
なほちゃん、ありがと~!
野菜ソムリエの仲間入りをしたのを機に、これからもどしどしレシピの応募、お願いしますねぇ~!


年末にかかっちゃうので、イッキに紹介してしまいましたが、みなさま、ありがとうございました!
とっても参考になりますね。
新年は、もっと豆をたっくさん食べて美しくなりたいものです。

さて、1月に募集のお料理は「蓮」(蓮根、蓮の実、蓮の茎などどの部分でもok)を使った料理と「オレンジ&かんきつ類」を使ったお料理です。
お肉を使わずかんきつ類って難しいでしょうが、知恵を絞ってみてくださいませ!
みなさまのお料理、お待ちしておりま~す!

読んでくださってありがとうございます。ポチポチポチッと応援お願いします!
     blogranking     にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。