タリンチャン水上マーケット - 今日のタラートシリーズ(6)

なんか話があっちこっち飛びまくっている気もしますが、、、先日、行って来た土日だけオープンの「タリンチャン水上マーケット」を紹介します。
長い間求めていたグラチアップデーンとグラジャップを手に入れることが出来た偉いマーケットなのです。
厳密に言うと、水上マーケットとはちょっと違う気もするのですが、、、行く前にはなんの情報もなく、とにかくGO!
日本から来た日本ベジタブル&フルーツ協会の方々をエメラルド寺院、ワットポーに案内し、途中、パーククローン市場によってタイの市場見学をしてもらおうかと思っていたのですが、集合場所のタクシン橋駅で急にひらめいてタリンチャンに変更!
スピードボートをチャーターして、時間ないから1時間もかけないから、ワットポーのところで降りるからといろいろ交渉して1人450BでDONE。(前の西洋人は、800バーツといわれて断念してました。実際は、1時間っていうのは無理なコースです、もうちょっと払ってゆっくり見た方がいいですよ~!)

ロングテールボートでチャオプラヤー川の風をきって上流にガンガン飛ばしていきます。

タラートタリンチャン  タラートタリンチャン2
間もなくするとニコニコ顔のおばちゃんが近寄ってきました。
まだまだマーケットは先なんですが、、、あまりの笑顔に何か買ってあげようかと思ったんですが、しょ~もないおみやげ物しかなく、、、どんなにがんばって買ってあげようと思っても、やっぱり、、、結局、ビールを買ってみたりして。

タラートタリンチャン3 タラートタリンチャン4
順調に風を切って走っていたのに、、、信号のある水門でストップ。
いつ開くのかなぁと待つこと・・・何分だったんだろう!? 10分どころじゃないよ~、船頭さんにどれくらいかかるか聞くと「ナーンナーン」って・・・。(うんと長くって意味・・・)
やっと開いたと思ったらもう1枚(と数えるのか?)水門があって、また待たされ・・・。
別の船のおじさんの様子見てると、しばらく無理かなって感じ、、、釣のセットとか魚の餌とか、何か遊び道具でもあればいいのに・・・。
せめてビールをもっと買っておいて宴会でもすればよかったか?
でもトイレに行きたくなったら大変だしねぇ・・・。

タラートタリンチャン5 タラー トタリンチャン6
到着すると、ダムヌアンサドゥアックの水上マーケットみたいに船の間を通るのではなく、いきなり上陸するようです。
上陸してみたら、、、そこは宴会場でした。
いや、すみません、お食事の場所なんですけど、私には宴会場にしか見えません。
昼間から酒盛りするのになんてピッタリなのかしら・・・と。
しかし、実際は酔っ払っているタイ人はおりません、そんなハシタナイ・・・。
昼間っから酒を飲んでるのは、最近、日本人だけなんじゃないかと思えることがあります。

宴会場の周りで停泊してる船が屋台のような店になっていて、そこで好きなのを注文して食べることになります。
宴会場に後ろ髪をひかれながら歩いていきますと、ふつ~のタラートのように店が並んでいます。

タラートタリンチャン8 タラートタリンチャン7 
タラートタリンチャン9 タラートタリンチャン10
タラートタリンチャン12 タラートタリンチャン13

タリンチャンマーケットは、本来、タリンチャン地区の農業製品を売る場として作られたところのようで(下記の参考サイトによる)、近所の農家の人たちが自分で採ったのを売ってるって感じで、ふつうの市場には見えない、庭にあるようなものが売っていたりします。
量が少量のこともありますが、売り方がいろいろ工夫されています。
だからお客さんは、観光客ばかりではなくいいものを求めるタイ人もいっぱいって感じです。

色つきのお菓子みたいなのは、緑豆で作ったルークチュップというお菓子です。
甘さ抑えめなので(店によりますが)、私もお気に入り。
右下の野菜は、野菜というか山菜でして、ミズワラビと呼んでいるものです。
ホントに日本の山菜に似ているんですよねぇ、いつかお料理を紹介するチャンスがあるといいですが。

タラートタリンチャン14 タラートタリンチャン15

この様子を見ていると、どんな所でもどんなスペースででも食べ物屋ができるんだなあと感心してしまいます。
私たちは、愚かにも上陸時間を30分と約束したため、この宴会場でゆっくりすることもかなわず、串焼きのサテーだけつまみ食いして再び船に乗り込みました。

タラートタリンチャン16ずーっと船で運河を走っていると、自分がどこにいるのかわからなくなります。
交差点もあるんですよね、なんか洪水で水没した街かと一瞬錯覚してしまう不思議な感覚なのです。
バンコクの中でもこんなのんびりしたところがあるのだなあと、ちょっと奥に行くと森のようなところもあり、なんか思いっきりのんびりさせてもらった気分です。

このタリンチャンフローティングマーケット、地上からアクセスするのが一般的なようです。
マーケットからも運河を巡る水上ツアーも出ているようですので、それを利用するのもいいですね。
タリンチャンだけでなく、王宮(エメラルド寺院)や涅槃仏寺(ワットポー)、カオサンなどを周ってみようという方は、タクシン橋からのロングテールボートのチャーターはおすすめです。
一般には2時間で800バーツだったかしら、タリンチャン行きは650バーツだったかも、、、交渉できますが、人数にもよるかもしれません。

今月、日本の3連休で知り合いが来るので、もう一度、行こうかなとチャンスを狙っています。
今度は、もっと時間に余裕をもって、宴会場にどっしり腰を落ち着けるつもりです。
もちろん、また珍しい野菜にであることを期待しています!

 スタートタイランド「ローカル色溢れるタリンチャン水上マーケット
 タイランドライブラリー「タリンチャン水上マーケット

読んでくださってありがとうございます。応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。