おフランスのベジタリアンコース(タイの菜食週間レポート3)

アップロードファイル  お料理レシピ紹介もしなくちゃいけないんですが、、、ギンジェースペシャル(!?)ということで、レストランで食べたお料理紹介をしますね。
MR.CHIN1  私が80バーツのギンジェーバミーや焼きそばを食べている時に、フランス料理のコースを食べたんだって!? 
 許せん・・・

アップロードファイル  オホホホ、何事もお勉強でございますのよ、そのためには、お金は惜しみませんわ。
 ナンテ、多くのホテルがギンジェー期間中にベジタリアンメニューを用意しているので、せっかくだから試してみようと、近場のデュシタニホテルの「D’SENS」というフレンチに行って来たんです。
 タイは、フランス料理のお店は少ないので、たまには、いいかなぁ~と思って・・・。

MR.CHIN1  でも、フレンチなんてバターとか生クリームとかをいっぱい使ってナンボってもんだろう、ギンジェー料理は、難しそうだね、だからこそ価値があるのか。
アップロードファイル  そこなんですよ~、「ベジタリアン」と「ギンジェー」は違うんですよね、ギンジェーの場合は、卵やバター、チーズ、生クリームなどもダメ、玉ねぎ、にんにくなどの野菜もダメという制限があるんですよね。
 で、、、デュシタニのメニューは、、、単なる「ベジタリアン」でした。。。
 フランス料理で本気のギンジェー料理を出すのは困難なんでしょうね、でも、本気でギンジェーしている人だったら、怒りだしそうですよね、インチキ! とかって。

MR.CHIN1  でも、「ギンジェー料理」と宣言してるわけじゃないんだろ? 「ベジタリアン」に偽りは、ないじゃないか。
 そもそも本気でギンジェーしている人だったら、まず最初に何を使っているか確認するよ、絶対。

アップロードファイル  そう、つまり、私が甘かったってことですね・・・開き直って十分に味わって参りましたよ、久し振りのコースメニューでしたし、しっかり楽しませていただきました。

D'sens1 Amuse Bouche

「Amuse Bouche」って何かと思ったら、食前酒とともに出される軽いおつまみのことだそうで、突き出しのようなものですね、、、サルサとか言ってました。
Terrine1
  
プロバンス風野菜テリーヌです、紫のアーティチョーク、ビートルートが使われているそうですが、どれがなんだかわからず食べちゃいました。
ちょっと味が濃くって、しょっぱかったかな・・・。

Te Terrine4 Terrine3

なんか、顔が3つそろってるみたいで、見てて楽しくなりました。

SoupCream of Lentils, truffle juice pearl

レンズ豆のスープです、味に深みがあって、ど~いうダシなんだろうって考えちゃいました。
 バターやクリームたっぷりで、それでコッテリ感がでて食べ応えのあるものになってるのでしょうけれど。
 
Soupup 

このトリュフのパールは、すばらしい! どうやって作るんでしょうねぇ~、真似してみたい!
さすがにトリュフは手にはいらないでしょうけど、何か他のものでこういうパールが作れたら素敵ですよね。


MashedpotatosMashed Potatoes

メインのマッシュポテトです、なるほど、、、マッシュポテトがメイン料理になるのか~とある意味感心しました。
たしかに、生クリームたっぷりですから、ボリュームとしては十分です。
周りの白い豆とトマトソースがおいしかったですよ。


Pre desset Pre Dessert

Dessert Pan fried fresh fig, ice cream

アイスクリームってところで、ギンジェーは、完全に打ち砕かれてしまいました・・・ いや、もう、とっくにわかっていたことなんですけどね。。。
Dessertup

でも、イチジク、おいしかったです、ハイ。

MR.CHIN1  ベジタリアンといっても、これだけ充実していたら、動物質なんて食べる必要がないね、ギンジェーとは違うだろうけど、こういう料理をもっと多くの人に食べてもらえるようになったらいいんじゃないか?
アップロードファイル  そうなんですが、、、クリーム系に慣れてないと、ちょっときついですね。
 うちのおにいさんは、帰ってから「ママー」(タイのインスタントラーメン)のトムヤム・ジェーを食べてましたよ、口直しとか言って。
 昔のアニメやドラマで、家族そろってフランス料理に行って、落ち着かなくて食べた気もしなくて、家に帰って「ああ、うちのお茶漬けがイチバン」なんて言ってるのがありましたけど、まさに、そんな感じだったかも・・・。

MR.CHIN1  やだねぇ、庶民は。
アップロードファイル  すみませんねぇ、でも、お酒も飲まずに間が持つのかと思ってましたが、気がつけば2時間くらい過ぎてて、いい時間を過ごさせてもらったと思いますよ。
 コース料理というのは、時間も贅沢、料理のひとつなのかもって思いました。

MR.CHIN1  う~ん、酒も飲まずに2時間・・・・考えられん。。。
アップロードファイル  でも、お料理もおしゃれに盛り付けられてて、まず目で楽しめますでしょ、それから食べだして、ああだこうだ言ってたら、それなりに時間が過ぎるんですよー。
 お料理が運ばれるタイミングがよくて、その辺は、さすがにホテルのサービスだなって思いました。

MR.CHIN1  はいはい、どうやらいい勉強にもなったようだし、奮発した甲斐があったわけだね?
アップロードファイル  そうですね、、、ただ、味がちょっと濃かったかなぁ、、、ベジタリアン料理の宿命なのかしら、、、とも思ってみたり。
MR.CHIN1  味付けがしっかりしてないと、なかなか満足感ってもてないものだしね。
 それに、一口食べて「あー、おいしー」と言われる料理というのは、結構、濃い味のものが多いっていうのは、私も感じてるよ。

アップロードファイル  それが、これからの健幸料理の課題となっていく気がしますね。
 とにもかくにも、ギンジェー期間、いろいろ勉強できました、こういう習慣があるのは、やっぱりいいことだと思います。
 ぜひ、みなさんにも期間をきめて、せめて1週間でもベジタリアンになって体を浄化、リセットするというようなことに挑戦してみていただきたいですね。


 (↓) クリックありがとうございます! ランキングがUPしますのでヨロシクです~!! 

     にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ   ブログランキング    
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。