ヒョウタンの煮びたし2品

★今回のテーマ★  ― ヒョウタン
   「ヒョウタンの煮びたし」
   「ヒョウタンの直煮」
 

お盆休みがあけて、今週から仕事という方も多いのではないでしょうか。
暑さもあって、盆ボケだわ~なんて言ってる方もいるかもしれませんねぇ。
私は、のんびり過ごさせていただいたおかげで、気を引き締めていこうと張り切ってみたのですが、なんだか急に今年の終わりが見えてきた気分で、ちょっと焦り始めたりもしています。
いくらなんでも気が早過ぎですかねぇ?

しばらくビックリひょうたんレシピをお届けしています!
興味のある方は、こちらから「ヒョウタンの基礎知識」をご覧下さい。


トウガンとキュウリとナスを足して割ったようなヒョウタン、、、あっ、ズッキーニにも似てるという意見もありましたね。
とにかく、煮物にピッタリなのは推して知るべし、という感じでしょうか。
煮物といってもいろいろありますが、やっぱり和風の煮物をいただくとホッとして、日本人だなぁ~って思っちゃいますね。
ヒョウタンの煮物といいますか煮びたしで2品揃いました。
同じようなのに違うんですねー、食べ比べてみると面白いです。

ヒョウタン煮びたし2
by sakko


ヒョウタン直煮
by cinnamon


どちらも煮びたしなのですが、味付けや汁の加減が違うので、すっかり違う料理になりました。
その違いは、続きのレシピにて紹介します。

レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

続きはコチラ ↓↓↓  上のバナーを押してからすすんでくださいませね! ↑↑↑
 
 
  ヒョウタンの煮びたし by sakko

[材料]
ヒョウタン 1個
ダシ汁 200cc、 醤油 小さじ1、 塩 少々、 酒 大さじ1/2、
みりん 大さじ1/2、 削り節 適量

[作り方]
(1) ヒョウタンは皮を剥いて一口大に切って、さっと湯通ししてザルにあげます。
(2) 調味料を入れた鍋を火にかけて煮立たせます。
(3) 水気を切ったヒョウタンを鍋に入れて、ひと煮立ちさせ、そのまま冷まします。食べる時に削りブリをかけてどうぞ。


ヒョウタン煮びたし

ヒョウタンにたっぷり入っている水分とダシがうまく合わさって上品な味になってます。
別鍋でさっと湯通ししてから、ダシにつけていますので、ダシの香りがいきています。
煮立たせる時間が短いので、結構、歯ごたえが残っていて、それを楽しむにもよかったです。


  ヒョウタンの直煮 by cinnamon

[材料]
ヒョウタン 300gくらい
醤油 大さじ2、 みりん 大さじ2、 酒 大さじ2、 水 1/4カップ

[作り方]
(1) ヒョウタンの皮をむいて厚めの半月切りにします。
(2) 鍋に醤油、みりん、酒、水を合わせて煮立て、ヒョウタンを加えてさっと煮ます。
(3) 煮汁につけたまま冷まして、味を含ませます。


ヒョウタン直煮2

こちらの方がより醤油の香りが濃い感じで、直接、ダシで似ているので味のしみ方もしっかりしています。
ダシがなくてもおいしくいただけるのは、ヒョウタンが持つ力でしょうか。

どっちがどうっていうのは、関西うどんか東京そばか、みたいなお好みがあるでしょう。
あと、その時の他のお料理に合わせたり、気分にあわせたりということになると思いますが、煮びたしというのは、ヒョウタンの魅力がしっかり出る料理だなあという発見ができました。

正月じゃないんだから、餅の食べ過ぎってことはないでしょうが、それでも帰省やら旅行やら、はたまた家族でおいしいものをたくさん食べて胃腸が疲れているという方、こういうやさしい味の野菜をしっかり味わえる煮物っておすすめですよ!

読んでくださってありがとうございます!  上で押されてない方、3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。