「もっと身近にタイ野菜!」 ヘルシーランチ会レポート

健幸料理研究所の活動も3年目に突入となりました。
ブログの読者様にも励まされ、とても大きな支えとなっています、ありがとうございます。
ブログのレシピのアップはかなり遅れ気味ですが、活動の方は、着々とタイ野菜の新しい魅了をみつけ楽しんでおります。
そうしてみつけたささやかな楽しみですが、少しでも周りの人に伝えられたらと、今年に入って不定期にヘルシーランチ会を開催しています。
いかんせん素人料理なので、多人数分の多くの種類を作るのは難しいのですが、4人で力をあわせれば! + 咲乃やのマスターのサポートもあり、2ヶ月に1回程度のペースですが、開催しています。
頻度をあげたいところなのですが、完全に5人が揃う時でないと無理なので、なかなか難しいのが現状です。
ご参加いただけなかった方にもどんなものだったか見ていただけるよう、ちょっと紹介させていただきます。
野菜の情報やレシピなど、過去記事にもリンクしていますので、興味がありましたらクリックしてみてくださいませ。(レシピは過去のものとは必ずしも同じではありません。)

今回は、「もっと身近にタイ野菜!」をテーマに、すべてタイらしい食材を使ったお料理をお出ししました。
どんなお料理をお出しするか考えた時に、咲乃やのマスターがお得意なパスタを最後にどーんともってこよう! ということになり、それにあわせて洋風料理にしました。
タイ野菜で洋風料理、このブログを見てくださっている方は、なんとなく想像がつくでしょうが、実はなかなか画期的なことなんじゃないかと自負しております。
6月にご好評をいただいたので、ほぼ同じ料理で7月にも開催しました。

当日の様子。

ランチ会0906-1 ランチ会0906-2

【おしながき】

1. シカクマメとクスクスのサラダ
2. ビーツとマンゲーオのマリネ
3. マナオパッコム
4. チャオムのわさび和え
5. ヘチマパプリカの炒め物
6. ハヤトウリグラタン
7. パックブンポタージュ
8. サツマイモとタイキュウリ、マンゴーのヨーグルトサラダ
9. グリーンパパイヤのラタトゥイユ
10. タイナスのパスタ
11. ニンジンとリンゴのフルーツサンド


野菜にリンクを貼ろうと思ったら、まだ紹介していない野菜もいっぱいありますね。
野菜の名前だけみたらわけわかんない・・・かもしれないですね、スミマセン。
中心になったプレートはこちらです。

ランチ会0906-3 ランチ会0906-4 
ごくごく簡単なレシピを紹介します。

● シカクマメとクスクスのサラダ
(1) クスクスは、1~1.5倍の量の熱湯(火を止める)にオリーブオイルと塩を加えた鍋に入れて蓋をして蒸らします。
(2) シカクマメは熱湯で塩茹でし水気を切って冷まして、細かく切ります。
(3) トマトとコーン、ミントを加え、マナオを絞って味を調えて出来上がりです。

● ビーツとマンゲーオのマリネ
ビーツとマンゲーオは、水で濡らした新聞紙で包み、さらにアルミホイルで包んで、オーブンやグリルで加熱します。
火が通ったら(マンゲーオは生のままでも)皮を剥き、薄切りにしてマリネ液に漬けます。
○ マリネ液白 白ワイン1、水 3、白ワインビネガー1、塩・ベイリーフ・黒胡椒を
煮立て、冷めたらオリーブオイル1と蜂蜜を混ぜます。
○ マリネ液赤 赤ワイン1、水 3、赤ワインビネガー1、黒砂糖・塩・ベイリーフを
煮立て、冷めたらオリーブオイル1を混ぜます。

● マナオパッコム
パッコムを茹でただけ! マナオを絞るだけでなぜかおいしい!!

● チャオムのわさび和え
チャオムを熱湯にさっと通して、水気をよく切り、塩・ワサビを混ぜたオリーブオイルに絡めます。

● ヘチマとパプリカの炒め物
(1) ヘチマは、皮を厚めに剥きます。パプリカは、余裕があればオーブンでじっくり焼いて皮を剥き、ヘチマとパプリカを同じくらいの大きさに切ります。
(2) オリーブオイルにみじん切りしたニンニクを入れて弱火で香りを出し、ヘチマを加えて強火でいためます。その後パプリカと塩を加えて軽く炒めてできあがりです。

● ハヤトウリグラタン
(1) ハヤトウリをまるごと30~40分茹でます。
(2) 冷めたら皮を剥き縦に半分、または1/4に切り、器になるように中身を半分程度取り出します。
(3) ニンニク、タマネギ、エリンギ、取り出した中身の順でオリーブオイルで炒め、パン粉を入れて適度な固さにし、チーズを加えます。
(4) ハヤトウリに詰めて、パン粉をまぶし、200度のオーブンで15~20分程度焼きます。(中はすでに火が通っているのでトースターでもOK)


まだまだいっぱいありますよ!
6月の会では、アンケートで「量が多過ぎ」という方もいらっしゃったほどで・・・。
7月は、反省を踏まえて、少食の方を先に申告していただき、全体の盛り付けも1品ずつを少なめにしてみました。

ランチ会0906-6 ランチ会0906-5

● パックブンポタージュ
(1) ニンニク、タマネギ、ジャガイモをじっくり炒めておきます。
(2) パックブンに片栗粉をまぶしてたっぷりの湯で茹でて取り出し、(1)と一緒にミキサーにかけます。
(3) あたためた豆乳を加えて、塩胡椒で味を調えます。

● サツマイモとタイキュウリ、マンゴーのヨーグルトサラダ
(1) 金時豆を一晩水につけて、1時間ほど煮て柔らかくしておきます。(缶詰利用でもOK)
(2) サツマイモを2cm角に切り、水にさらしてから茹でて柔らかくしておきます。
(3) タイキュウリを1cm角に切り塩もみして水気を絞っておきます。
(4) 材料をあわせ、ヨーグルトで和え、カットしたマンゴーとマナオを加えて混ぜます。

ランチ会0906-8 ランチ会0906-9 

● グリーンパパイヤのラタトゥイユ
(1) グリーンパパイヤとニンジン、キノコを一口大に、パプリカは種をとって2cm角に切ります。
(2) オリーブオイルとみじん切りにしたニンニクをフライパンに入れて火にかけ、弱火で香りを出します。
(3) グリーンパパイヤとニンジン、キノコを先に炒め、パプリカを加えて更に炒めます。
(4) トマトソース(トマト缶中)、味噌(大さじ1)を混ぜておいて、野菜に加えて弱火~中火で煮込みます。
(5) お好みの柔らかさまで煮込んでできあがりです。

● ニンジンとリンゴのフルーツサンド
(1) ニンジン30g+リンゴ半分をすりおろします。
(2) 鍋に入れて水分をとばすようひと煮たちさせます。リンゴの甘さにあわせて砂糖や蜂蜜を加えます。
(3) 冷ましてからお好みのフルーツにサンドしてください。(バナナとマラコーなど)
他にもヨーグルトと和えたり、チョンプーに添えたりしてもおいしいです。


ランチ会0906-7メインのタイナスのパスタ。
咲乃やのマスター、だいちゃんパパの秘伝(?)のパスタです。
タイのナスは、緑の細長い風体からは思いもしないほど、焼くととってもトロトロでおいしいのです。
そこでその焼きナスと炒めたのを半々に使っています。
香ばしい焼きナスの香りがなんともいえません。
でも、焼きナスだけにしてしまうと、しつこすぎるのだそうで、ミックスするのがいいんですって。
たしかにそのへんの絶妙な加減がプロっぽくて、アンケートでも人気が高かったお料理です。
焼きナスは大変、、、という方も多いようですが、オーブントースターでもできちゃうんですよ!
真っ黒になるのを怖がらずにお試しください。

ランチ会0906-107月の会で、お子さんが病気になってどうしても参加できず、お持ち帰りでどうにかできないかとの相談があったので、お弁当箱に詰めてみました。
なんだかとっても豪勢なお弁当だと思いません?
今回は、ハヤトウリのグラタンにチーズとサラダにヨーグルト、パスタにダシを使ってますので完全なベジタリアンではありませんが、お肉やお魚がなくっても、十分に満足いただけたようです。
この他にお土産として、玄米緑豆ご飯がついてます。
お土産の豆ご飯、当日いらしたお子さんにはその場で食べていただいたのですが、どの子もパクパクと食べてくれました。
後でレシピを教えて欲しいというリクエストもありましたので、後日、アップしたいと思います。
ちょうどWOM Bangkokの8月号は、「緑豆」でしたし。

なんとか精進を積んで、またみなさまにご披露できる機会をみつけてみたいと思います。
開催のお知らせは、トップページに掲載しますので、ときどきチェックしてくださいませね!

読んでくださってありがとうございました。応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。