タイ在住野菜ソムリエによる野菜教室開催

健幸575 No.327  「南国で 何食べようか 野菜の日」

すっかり更新をさぼっている間に、8月に突入してしまいました。
実は、いろんな企画が目白押しで、そのどれにもかかわっているのでちょっと忙しくしているのです。
先日開催しました「もっとタイ野菜! ヘルシーランチ会」もご好評のうちに無事に終了、来週中にでもレポートしたいと思っています。

まずは8月31日の「野菜の日」の特別企画  をご紹介! 
(↑ トップページのお知らせにも書いておりますが・・・)

野菜の日を記念して、タイ在住野菜ソムリエたちの集まり「ベジフルコミュニティBangkok」が野菜教室を開催することになりました。
今年の5月に発足したばかりの集まりですが、早速、大きなイベントを企画。
現在、10名の野菜ソムリエべジフル・ビューティーがメンバーで、私も仲間が増えてうれしい限りなのです。
(野菜ソムリエとは、日本ベジタブル&フルーツマイスター協会が認定している資格なのですが、そのほかに「べジフル・ビューティー」という資格もあるんですよ!)

<タイ在住野菜ソムリエによる野菜教室開催!>

タイの野菜は、おいしくないとか、どう使っていいかわからないとか、安全性に疑問があるとか、そもそも野菜料理が苦手だとか、毎日のお弁当作りが大変だとか、タイに住んでいる方たちからたくさんの悩みが寄せられています。
でも、タイにいるからこそのメリットもたくさんあるんですよ!
なんてったって果物がおいしー!!  野菜だってパワーがあるし。
美と健康のために是非とも食べたい野菜と果物なのだから、楽しく食べたいですよね。
少しでも楽しめるよう、タイ在住の野菜ソムリエがお役立ち情報をお届けします。
食べ比べなどの企画もあり、きっと野菜・果物との距離がぐぐっと縮まりますよ!!
野菜ソムリエたちと一緒にタイならではのベジフルライフをエンジョイしましょう!

日時: 8月31日(月) 10:00-12:00
場所: ウエスティンホテル・グランデ・スクムヴィット
会費: 350バーツ(講習費、野菜・果物の試食込み)
申込: koppunmaak-vfc@yahoo.co.jp 電話: 081-836-6350 青澤まで


最近というか、これからしばらく名前も顔も出しまくりになりそうな私です。。。
(肝心の野菜本の執筆が全然すすんでません、、、そっちで有名になるならうれし~のだけど)
別に目立ちたいわけではなく、どちらかというとひっそり静かに生きていきたいと思いつつ、この数年は、そういう年まわりなのかとも思います。
40を過ぎたら、少しでも社会の役に立てる人間になりたいなあと思っていたわけだし・・・。
(情けは人のためならず、あくまでも自分が楽しく生きるためです。)

誕生日シャンパンそういえば、あっという間にお誕生月が過ぎてしまいました。
おにいさんにはおねだりして、結構なお値段の電子辞書を買ってもらいました。(色気なし・・・)
親には、今年はメールでごめんって感じですが、生んでくれて、育ててくれてありがとー! のメッセージを送りました。
タイではお誕生日は、誕生日を迎えた人が感謝の気持ちをこめてごちそうしたりするのですが、今年は、忙しくていつもの宴会メンバーをうちに招待しただけでおわっちゃいました。
あとはお好み焼き屋さんでおじさまたちにお祝いしていただきました。
誕生日当日は、スポーツクラブに行ってお兄さんと一緒に黙々と走ってました。(ホント色気なし)

無事に元気に誕生日を迎えられ、楽しく過ごせているのも周りの方々のおかげです。
もちろん、このブログを読んでくださっている方々にも支えられています。
みなさまありがとー!

誕生日ケーキ写真のケーキは、家でのお誕生会の時に、お友達のお嬢さんが焼いてくれたものです。
このケーキ、アップサイドダウンケーキっていうんですって?
甘いのに疎い私は全く知りませんでしたが、焼きあがってお皿に盛り付けるときにひっくり返すのだそうで、ひっくり返したら、かわいらしいお花が出てきて感激!
パイナップルのお花と中心は、マンゴーでした。
彼女には、去年のクリスマスにケーキ作りの本をプレゼントしたのですが、誰のためのプレゼントなんだか? ってほどに、いっぱいごちそうになってます。
いつも私たちのことを考えて、甘さ控えめにしてくれるのがうれしいです。

さあ、8月も元気にまいりましょー!! (もうちょっと更新したいんですけどね・・・)


読んでくださってありがとうございます。応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。