おいしいフアヒン、旅日記(3) 馬と猿

  • カテゴリ:旅行記
  • トラックバック:0件
健幸575 No.323  「欲しがりの猿に自分の姿見る」 

フアヒン旅行記を連載中です。
8日の夜から13日まで日本に行く関係で、予約投稿しております。
コメントは、最終回の記事にお願いします。
それでもお返事が遅れると思いますがご了承ください。


昨日の続きとなりますが、昼食後、海岸線の向こう(カオタキアップ)にあるお寺をめざそうということになりました。
しかし、、、昼食でダラダラとビールを飲んで2時頃までお店にいたんですよ、その後に山を目指して歩く、しかも1日のうちでイチバン暑い時間にわざわざ出歩くというのは、どう考えても正気の沙汰とは思えず、私は反対!
午前中の涼しいうちに行って来たという友達も反対していたのですが、おにいさんは、とにかく酔い冷ましに海岸を散歩しようと言ってきかないので、みんなと別れてビーチに出ました。

フアヒンビーチ フアヒン馬
海岸に出てみたら、フアヒン名物の馬がおりました。
馬に乗って海岸を散歩するっていうサービスです。
酔っ払い2人は、馬を見た途端に歩く気が失せ、でも馬に乗るならあの山にも行けるだろうと、いい値でダンしちゃいました。
山の入り口まで、1人400バーツ。
酔っ払いは、馬にまたがるまでが精一杯、酔っ払い運転には、ならないんですかねぇ~?

フアヒン馬の頭 フアヒン馬とおにいさん
おにいちゃんが馬をひいて歩いてくれるのかと思ったら、簡単な手綱捌きを教えられ、結構、ほったらかし。
前のおにいさん馬を追っかけようとしたのか、スピードが出るとちょっと怖かったです。
スポーツにせよ趣味にせよ、時代劇にせよ、こんなの乗りまわして駆けるなんて信じらんなーい!
私は、小さい馬だったけど、結構な高さでしたよ。
でもとにかく、思った以上に距離があったので、本当に馬に乗ってよかったです、400バーツも納得の料金です。(海岸線の向こうに見える山の中腹の白いのがお寺です。)

馬に乗って楽したとはいえ、山には、自分の足で登らなくっちゃいけません。
途中の階段、なんでこんなところにわざわざ犬が横たわっているんでしょうねー。
フアヒン階段の犬 フアヒン寺
登ったと思ったら、白いお寺は、もう一つ向こうの山にあり、一度、降りてまた登らなくてはいけません。
もういいじゃん、どうせタイのお寺なんだし、、、と、いい加減に疲れてきた私ですが、やっぱりおにいさんに押し切られてしまいました。
上のは、一応、登った記念の寺の上からの景色です。

さて、この寺、も~、それはそれは、猿がいっぱい! まさに猿山状態。
急にはしゃぎだした私は、時間も忘れて、疲れも忘れて、猿と遊んでおりました。
といっても、遊んでくれるわけはなくって、写真を撮ってただけですが。
こういう猿って、結構、凶暴で物は盗むし、鞄には噛み付いてくるし、いきなり背中に乗っかってきたりと、気をつけないと大変なんですよ。

フアヒン猿山 フアヒン猿に襲われる
寺の周辺は、「猿に餌やり禁止」というタイ語と英語の標識がドーンとあちこちに立っているのですが、餌を売る店が並んでたりします。
店の餌は、OKってことなんでしょう。
餌をあげる人がいると、すごい勢いで集まって、時には、奪い合いの喧嘩が始まります。
そんな貪欲な食べ物への執念を見ていると、なんとなく自分は気をつけなくっちゃと思ってみたり。。。猿レベルですかね。

フアヒンすりよる猿 フアヒン猿の餌やり
なぜだか私のズボンのすそを引っ張る猿。
他にも肩に下げてたカメラの雨よけビニール袋(ピンクのキティちゃんだったりする)には、何度も飛びつかれ、穴があいてしまいましたし、私も何度か、背中に飛び乗られました。
そんなにあんたたち、飢えてるの? ってほどに、凶暴です。
こんな山なのに自然のものはないのかしら、、、それとも楽を覚えたのか、人間が食べるものの味を覚えたのか。。。

フアヒン気持ちよさそうな猿 フアヒン子猿
フアヒンカナ猿 フアヒンコーン猿
猿の餌として売られているのは、バナナやコーン、カナ(中国ケール)などでした。

フアヒン海辺の猿 フアヒン中国寺
山の反対側の海辺の方に降りていくと、中国寺がありました。
かなりタイらしい中国って感じの趣味の悪さで・・・。
記念なので、猿にちょっとポーズを撮ってもらいました。(ウソ)

帰りは、海岸ではなく、道路を歩いて帰ったら、ものすご~く遠くて(後で友達に無謀だと驚かれました)、部屋にたどり着いたのが6時近くで、もう夕飯の時間となっておりました。

ああ、すみません、今日は、健幸料理どころか、料理の話も出てきませんでしたが、これにて失礼しておきます。
食べ物は、猿の餌だけですね・・・。

読んでくださってありがとうございました。応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。