ライチの季節も過ぎようと・・・

健幸575 No.319  「ライチの値上がって雨季も中盤か」  

果物がおいしい季節というのは、もちろん果物の種類にもよるのですが、全般に雨季に入った時がイチバンおいしいですね。
タイの雨季は、大体、5月~10月なので、5月がイチバンおいしい季節だと思うのですが、今は、ちょうど雨季の中盤にさしかかり、どうやら果物のイチバンおいしい時期も、そろそろ終わりのようです。

今年のフルーツシーズンは、なぜだかライチ(タイ語でリンチー)をたくさん食べました。
甘い果物は、あまり食べないという私でも結構食べましたねー。
多分、おにいさんがマメに皮を剥いてくれたからかも・・・。
自分でおいしく食べたかったのか、大量に買っちゃった責任もあるのか(毎回、3キロ買ってました)、皮を剥いて、種を取り除いて、種のまわりのかたい部分もとりのぞいて、まるで缶詰のようにそのまま食べられる状態で出してくれました。
そうして置いておくと、ジワジワと汁が出て、最後には、ライチージュースまで楽しめちゃいます。

なんだか、おばあちゃんを思い出すわ・・・。
いや、おばあちゃんは、ライチなんて触ったこともないでしょうけど、果物は、いつでも食べられる状態にしてくれてました。
そうして、私は甘やかされ、どんどん怠け者になってったんでしょうが 、、、とにかく、おばあちゃん、おにいさん、ありがとー!

リンチー ライチ
タイ語のリンチーは、中国語からきているようですね。
日本語のライチも中国語ですが、広東語のようです。
そういえば、楊貴妃が愛した果物って話がありますね。

ライチは、ビタミンCがたっぷり、まさに暑期から雨季へと移り変わる時期にしっかり摂りたい果物ですね。
他にもビタミンB1、B2、葉酸、ナイアシンなどが含まれていて、美しさだけでなく、パワーもつけてくれる果物なのです。

最盛期には、枝付きで食べきれないほど買っても100バーツだったりしましたが、今は、ちょっと高くなり始めて、果物の季節も終盤かと、さみしい気がしますね。
なんだか、あっという間ですねー。
もうすぐ2009年の半分も終わっちゃいますしね。
今年わかったのは、ライチってさっさと食べなきゃいけないって焦って食べてたのですが、まあ、早いにこしたことはないけれど、多少、皮が黒くなってひからびたみたいになっても食べられるってことです。
なので、もうダメ・・・って捨てたりしないでくださいね。(捨てようとしてたのは、私

リンチーライチ
ハエが写ってるのは、ご愛敬ってことで。


話はかわりますが、先日、農水省のサイトで、食事バランスガイドに基づく、食事バランスチェックをすすめてみましたが、あれ、やっぱりおかしいですよねー。
野菜・果物の摂り過ぎっていう結果を出すのは、どういうものかと思います。
1日の果物の摂取は、200~300gでも、まったく構わないというか、むしろすすめたいくらいなのですが、それでも食べ過ぎとでることがあります。
どうしても肉や魚を食べさせたいということ!?
あくまでもバランスの問題ってことなのかもしれませんが、どうにも納得できません。

いろんな人が知恵を出して作ったものだとは思いますが、あまりにパターン化されて、ちょっと常識が古過ぎです。
案の定、朝御飯をしっかり食べなさい、とか言ってるし。
やっぱり、あくまでも「育ち盛りの子供」という観点で見るべきですね。

・・・とういことで、自分で紹介したんじゃないのー! って感じですが、まあ、世の中、こんな感じで、間違った「しっかり食べなきゃ」をインプットされて、病気がなかなか減らずにいるんだっていう現実を知ることができたかな・・・ってことです。

読んでくださってありがとうございます!  上で押されてない方、3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。