タイ人との伊勢志摩ツアー(3)

  • カテゴリ:日本
  • コメント:12件
  • トラックバック:0件
健幸575 No.307  「どしゃぶりは 誰のせいかと嘆いても」
 
8日間の伊勢志摩旅行で、1日だけ雨にあたりました。私は、思いっきり晴れ女のはずなんですが、さすがに全国的に雨のこの日、伊勢志摩だけ降らずにすむわけもなく、、、。11時頃までは、まだ小ぶりだったんですが、その後は、容赦ないどしゃぶり。この日の予定は、伊勢神宮とおかげ横丁だったのですが、雨のせいなのか、子供たちも機嫌が悪く、後で考えてみれば、後日に予定していた昼間っから松阪牛食べまくりの日と変更すればよかったなあ・・・と。タイは、4月は、乾期と暑期で雨が降らない状態が半年続いてましたので、私自身も雨って存在すら忘れてました。今(5月)、ちょうど雨期に入りましたが、まとまった時間にダーッと降るので、日本とは違うんですよね。



伊勢志摩伊勢神宮引き続き伊勢志摩旅行記ですが、雨だったので、あんまりいい写真が撮れてません。
なぜか料理写真までイマイチです。
神宮のパワーを浴びて、私もパワーアップしようと思ったのですが、それどころじゃないって感じの1日でした。

(→)お伊勢参りは、外宮からなのだそうです。外宮を見ている間は、まだ小降りでした。
とりあえず、スケジュールとしては、、、。

<4月14日(火)>
伊勢神宮周辺 外宮-おかげ横丁-内宮
昼食~間食  おかげ横丁などでつまみぐい  伊勢うどん、赤福、豚捨コロッケ、はんぺん、、、  
18:00 夕食 「伊な勢」 
 

おかげ横丁でいろいろ食べるはずだから、夜は、部屋か安い店で軽く・・・と思ったのですが、「寿司が食べたい」というので、ガイドブックでチェックしていた「伊な勢」へ行くことにして前日に予約。
みんなには、おやつを食べ過ぎるんじゃないよと、余計なお世話をしてました。

外宮を見た後、おかげ横丁でお楽しみのショッピング! ---のはずが、本降りになってきて、お店を選ぶ余裕もないまま、よさげなお店に突入!
入ったお店は、おかげ横丁の真ん中くらいにあって、店の雰囲気もよさそうな「すし久」でした。

伊勢志摩おかげ横丁昼3入ってから気がつきましたが、そういえば、、、この店、何年か前にも入ったことがありました。
その時は、とっても混んでて予約なしに入るのが大変な状態、2人だけなので、待ってやっと入れたと記憶してます。
この日は、雨なので人も少なく、、、食べ終わってからもゆっくり雨宿りさせてもらえたのでラッキーでした。

「子供膳」、子供の分を悩まず注文できてよかったのですが、子供たち、見事にキャベツを残してましたね。
この辺りだったら外国人客も多いと思うんですが、やっぱり英語のメニューはなく、、、またもやタイ語で説明が必要で、、、。
いや、訳すのがメンドーなのではなく、私自身が自分の注文を決められず悩みまくっていたのでした。
名物は、てこね寿司なのでしょうが、他にもおいしそうなメニューがずらり、てこね寿司だっていろんなセットがあるし、筍ご飯のセットもおいしそうだし麦とろろも食べたい・・・全部が盛り込んでいるようなセットは、さすがに食べきれないだろうし・・・。。

伊勢志摩おかげ横丁前回、てこね寿司と麦とろろをおにいさんとシェアして食べた記憶が蘇り、、、だとしたら、筍か鰻のどちらかを選択すればいい、、、やっぱりヘルシーなのは、筍かしら、旬だし・・・と、8割、筍に傾いていたら、おにいさんが筍ご飯を注文。
おまけに目の前の人が迷わずおひつまぶしのセットを注文していたので、、、絶対、おひつまぶしが目の前に現れたらそれを食べたくなるに違いないので、鰻に決まり!
おいしかったですねー、鰻にしてよかったとしみじみ。
すし久さんは、朝4:45~7:30まで、月替わりで朝粥を出しているのだそうで、これもとってもおいしそうですが、、、食べる機会は、なさそうですね。
何か旬のものとか、珍しいものを食べたいなあ・・・と、土筆の煮付けも注文、お酒にピッタリ!

 伊勢志摩おかげ横丁昼2 伊勢志摩おかげ横丁昼食

伊勢志摩おかげ横丁どんなに待っても小降りになりそうもなく、、、夜のお店の予約は、6時。
仕方ないので雨の中、30分ほどおかげ横丁を散策して、茶店に集合。
寿司が待っているので、あれこれ食べるわけにもいかず、時間を持て余してしまったのですが、そういえば、「おかげ座」というのが濡れずに見学できそうだということで、全く期待しないで移動。
「約300年前のおかげ参りの様子を再現した歴史館」だそうですが、これがなかなか面白くって、ジオラマでリアルにおかげ参りを体験できて、みんな大喜びでした。
何に驚いたって、江戸時代の人たちの身長。
実物大だという人形がありましたが、なんか、みんな子供みたい。
調べてみると、当時の平均身長は、男性155~158cm、女性143~146cmと推測されるそうですね。

 伊勢志摩おかげ座 伊勢志摩おかげ座2
 伊勢志摩おかげ座3 伊勢志摩おかげ座4

伊勢志摩内宮おかげ座の後、神宮内宮へ。
雨があまりにひどく、合羽を探したのですが、売っているお店ってなかなかないんですよねー。
内宮近くの大きなみやげ物やでやっと発見、日本人ってあんまり合羽を着て歩いたりしないんですかねー?
私は、すでに日本人的感覚がないんで、、、大学生の子も合羽を着ようとしなかったから、カッコ気にする人は、着ないのかな、、、(この子、この後、寒いと泣き出してました)。

 伊勢志摩内宮 伊勢志摩内宮
内宮は、橋を工事中、、、なんて、いろんな説明、全く不要な状態で、もう、みんな黙々歩いてました。
まだまだ時間は、早いけれど、とにかく寿司屋に行って休ませてもらおうとタクシーで。

行ったお店は、「伊な勢」。
車でしか行けないような所にお店があるのですが、伊勢の台所とよばれた蔵の町河崎、勢田川のほとりにあって、古い町並みの中の風情のある門構えのお店です。
なんせ雨で写真は撮れず、、、お店のサイトを見てあげてください。

ずぶ濡れで到着した私たち、靴を脱いであがるお店だと知りガーン、、、。
みんな靴下までびしょ濡れで、裸足になるしかありません。
ただでも雨で気温が低いのに、裸足なんて、寒い、、、と、思ったら、お店の人が、気の毒がって、なんと、しまってあったストーブをわざわざ出してくれました。
ストーブの火にあたっているうちに、かたくなってたみんなの顔もほころんできました。
冷たくなった手足を温めながら、本当にこのお店を選んでよかったと心から思いました。
その後もメニューの選び方から帰りの電車を調べてくださったり、ベビーカーを忘れてタクシーに乗った私たちに、わざわざ車で追いかけて駅まで届けてくださったりと、何から何までみなさんとっても親切でした。
肝心のお料理の方ですが、、、お寿司は、セットで頼んだのですが、おいしさももちろんですが、とっても美しくて、ほれぼれしながら頂きました。
みんなの顔も最後は、本当に輝いておりました。
雨だったので、他のお客さんが少なかったのも私たちには幸いでした。
本当だったら借りてきた猫にならなきゃいけないような高級店ですからね。
伊な勢さん、ありがとうございましたー!

 伊勢志摩伊な勢 伊勢志摩いなせ
 伊勢志摩いなせ 伊勢志摩いなせ
 伊勢志摩いなせ松阪牛 伊勢志摩伊な勢

読んでくださってありがとうございます!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。