タイ人との伊勢志摩ツアー(4)

  • カテゴリ:日本
  • コメント:8件
  • トラックバック:0件
健幸575 No.308  「丑年の誓い虚しき松阪や」
 
たしか年初に「今年は丑年だから牛肉を控えましょう」というおすすめというか自身も誓いをたてたような気はするのですが、誓ったそばからエジプトツアーで、いきなり牛肉が出てきてあれれ・・・? と、最初からナントモいい加減な誓いとなりました。実のところ、その時点で今回の伊勢志摩旅行も決まっていたので、4月にも誓いは中断するんだろうなぁ~と覚悟(?)をしてたのですが、ハイ、今度こそ、もうしばらく食べなくっていい!! ってくらいに牛肉をいただいてまいりましたので、改めて誓いをたてなおそうかと。
牛に限らず、鶏も豚もあれこれ騒動となっていて、やっぱり増え過ぎているせいもあるのではないかと思うので、別にインフルエンザに過剰反応するわけではありませんし、今回のことで豚を悪者にしてはいけないらしいんですが、それでもやっぱり肉食は、ほどほどにしようと改めて思っております。



不健康料理をお届けしております、伊勢志摩グルメツアー、最終日まで写真を中心にいっきにいくことにします。

伊勢志摩クルーズ<4月15日(水)>
9:30-10:30 賢島エスパ-ニャクル-ズ  英虞湾巡り


約50分のクルーズで、外は、ちょっと風が強かったですが、ホントにきれいな海で、風にあたりながらバシバシ写真を撮っておりました。
日本の海も捨てたモンじゃない!
おにいさんおすすめの英虞湾巡り、途中で真珠工場の見学もあって楽しめました!

 伊勢志摩クルーズ 伊勢志摩英虞湾クルーズ

10:42-11:21 賢島-鳥羽  CANバス30分
昼ごろ  安土桃山文化村 昼食は村内で
帰り、おかげ横丁に立ち寄って食料買い込み、部屋で宴会


安土桃山文化村は、別名、ちょんまげワールド!
三重県には、伊賀忍者の里、伊賀があるんですけどね、賢島まからは、ちょっと遠いんです。
でもって、伊賀は、渋いところなんで、それよか子供向けには、こっちがいいかと。
 伊勢志摩安土桃山文化村 伊勢志摩忍者
 伊勢志摩忍者 伊勢志摩忍者独楽
伊勢志摩忍者着いた途端に時代劇ショーがあるからと、お昼を食べたかったのに、呼び込みにつられて見て、その後お腹を空かせてレストランに行ったら、その役者たちが、そのまんまの格好でお昼のレストランでも働いてました。(写真、撮り損ねました!)
途中にある独楽回しなんかの遊戯が、何気に面白くって、係の人に応援してもらいながら(?)子供より大人が夢中になって遊んだりしたのですが、、、その後、次の忍者ショーに行ったら、その係の方たちが出演してました。
昼間のレストランで見かけた人も、、、一体、だたっぴろいこの村を何人で・・・!?
おかげで、日本人は、本当に働き者だと、タイ人が心底感心してましたよ。

ちょんまげワールドを満喫した後は、前日の無念を晴らすべく、おかげ横丁に御礼参り(?)。
しかし、おかげ横丁がもはや閉店しようとしていたので、約30分、みんな、ダッシュでホテルで食べたいものを買いに走りました。
赤福、豚捨てのコロッケやこんにゃくおでん、卯の花ドーナツ、伊勢かまぼこ、さつま揚げ、松阪牛肉まん、、、などなど時間もお腹も足りなーいという状態です。
その夜は、お持ち帰りの伊勢の思い出を部屋で一升瓶を空けながらいただきました!
(走り回っていたせいか? 何一つ写真を残してませんねぇ~)

<4月16日(木)>
9:05-9:42 賢島-宇治山田
10:02-10:18 宇治山田-斎宮   いつきのみや歴史体験館で十二単試着、歴史体験
12:32-12:42  斎宮-松阪  昼食: 松阪駅前 焼肉「宮本屋」
食後、隣の駅、徒歩10分のイーオンで買出してホテルへ
夕食: ホテルの部屋で宴会


いよいよ伊勢志摩で遊べる最終日。
この日は、昼から松阪牛! なのですが、その前に、、、私のおすすめプログラム!
伊勢志摩十二単斎宮駅にある「いつきのみや歴史体験館」十二単の試着体験ができるというので行って来ました。
1日2回、1回1人ということで、誰に来てもらおうかと、、、やっぱり若い大学生の女の子よねーってことで彼女に着てもらったのですが、おーっ! 美しい!!
羽織るだけの着物もあるので、他の人も着て楽しめました。
ただ、、、7歳の女の子が泣き出した!?
本当は、自分もきれいな着物、着たかったんですねー、乙女心ね~♪
着た子の感想は、「重い・・・」でした。

 伊勢志摩十二単1 伊勢志摩十二単2 伊勢志摩十二単3
 伊勢志摩十二単4 伊勢志摩十二単5 伊勢志摩十二単6

その後は、お楽しみの、、、もう、このための伊勢志摩だった? というくらいで、松阪牛を食べに松阪へ!
伊勢志摩松阪牛
松阪牛の有名なお店はいくつかあるのですが、ステーキで食べるよりは、子供もいるので、食べられるだけ食べられ形式がいいかと、、、かといって、すき焼きはねぇ、三重のは、甘いのでパス!
ということで、焼肉です。
焼肉も有名店がいろいろあるのですが、駅から近いのと、松阪牛だけでなくソーセージなども置いている「宮本屋」を選びました。
ここまでセーブしてきたんだから、値段も何も気にせず、どーんと頼んでおくれ! と。
私は、なぜか生刺し系をやたら頼んでました。
だって、生を食べられるって、松阪ならではの贅沢でしょ。
でもって、焼き始めて、みながスゴイ勢いで食べ始めたので、、、私も負けじと(?)、写真を撮るのも忘れて食べちゃいました。
食べる、食べる、食べる、、、一体、何時間お店にいたの? って状態でした。

 伊勢志摩松阪牛 伊勢志摩松阪牛2
 伊勢志摩松阪牛3 伊勢志摩松阪牛4
これで私は、松阪牛の焼肉屋「一升びん」「脇田屋」「宮本屋」を制覇したわけですが、どこがおすすめですかねぇ?
私は、お肉、そんなにうるさくないんで、、、ビミョーな違いはわからないですが、前者2店は、タレが甘かった記憶が・・・。
それにしても松阪の人たちは、フラッと立ち寄ってお昼にご飯とキャベツとのセットで食べちゃったりするんですよね。。。
私は、多分、もう松阪に食べに行くことはないと思います。
牛さんとは、お別れします、牛さん、今までどうもありがとう!

その後は、イーオンで再び食べたいものを買って部屋で食べるということに。
しかしみな、夜になってもお腹がすかず、、、イチゴやセロリが売れてました。

<4月17日(金)>
10:00 チェックアウト 
9:30-11:36  賢島-名古屋


私とおにいさんは、途中で別れておにいさん実家へ。
みんなは、この後、昼食でしゃぶしゃぶを食べたそう、、、まだ食べる!?

<4月18日(土)>
セントレアで待ち合わせ、TGでバンコクへ


これにて長い旅も終わり、長い記事も終わりです。
タイ人との旅行でイチバン感じたのは何かしら、、、彼らの家族愛!?
子供たちはみな、お父さん大好きで、大学生の女の子まで、お父さんと腕組んだりでベッタリなのです。
お父さんがしっかり子育てに参加しているからでしょうね。
タイ人って男の子も大きくなってもお母さんと手をつないだり、日本人にはない家族仲良しなわけですよ。(甘やかしすぎって話もありますが・・・)
夫婦仲もいいし、そういう仲良し家族と一緒に時間を過ごすと、こちらも幸せ気分になれますね。

また何年かしたらこのメンバーで日本のどこかをまわることになりそうです。
もっともっと日本の魅力を伝えたいし、私もいろいろ発見していきたいなあと思いました。



どうもおつきあいいただいてありがとうございます。
週末からレシピや健康話をゆっくり更新で再開しますので、またよろしくです!!

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。