カリフラワーのマッシュサラダ

健幸575 No.299  「居心地がいいと散らかる部屋を褒め」  

うちは、築20年くらいのボロアパートで、私は部屋を片付けられない人なんで、遊びに来る人には、さんざん「すごいからね」と警告しておきます。でも招待されたら、一応は褒めなきゃいけないと思うのか、入るなり「広いね」とか言ってくれるのですが、あと「妙に落ち着く」「なんか居心地がいい」とも言っていただけます。散らかり具合を見て、全くなんの気を遣う必要がないことがわかるんでしょうね。苦し紛れのお世辞なのかと思うのですが、、、ホントに、、、みんな帰りません。時計が12時を過ぎても、午前1時、2時になることも・・・。ワインも出せば出すだけ空いていきます。その辺で沈没して寝てる人とかいてもお構いなく、、、なんだかわかんないけど、居心地がいいっていうのは、本当なんだろうなあとうれしくもあります。いや、だからって散らかしてていいわけじゃないんですがね・・・。



無事というのかなんというのか、コロコロになって伊勢志摩グルメツアーから帰って来ました。留守中に訪問、コメントくださったみなさま、ありがとうございます。伊勢志摩の話は、次回(多分)お届けします!

★今回のテーマ★  ― 食用花
   「カリフラワーのマッシュサラダ(ペペロン味)」
 

花料理、これで最後になりますが、最後なのにちょっと反則っぽい気がしなくもないんですが、先日紹介し「FLOWER BEGETABLES」の本にも堂々と載っているのだからいいわよねーってことで、カリフラワーです。

カリフラワー、私は好きなんですがね、毎度おなじみ(?)「異邦人の食卓」のタヌ子さんがカリフラワーのカレーを作ったときのコメントに、みなさん「苦手」「おいしいと思えない」「みかけない」なんて書いてて、ビックリでした。
実際に周りにも聞いてみると、味がボケてるとかいうんですよね。
あと、味は好きだけど、虫がいっぱいいるからイヤだとか。
カリフラワーは、もともとブロッコリーより日本では人気があって普及していたのですが、いつの間にか抗がん作用でもてはやされているブロッコリーに人気を奪われてしまっております。
タイでは、目にする頻度は、半々ですかな?
カリフラワーもビタミンCが豊富で低カロリー、食物繊維いっぱいの美人作り野菜だし、ブロッコリーほどではないですが、抗がん作用もありますし、カリウムもいっぱいだから血圧のコントロールにもいいので、おいしさを知ってもらって、たくさん食べていただきたい野菜です。

花カリフラワー
by ☆青☆

見た目、ジャガイモサラダって感じもしなくはないですが、たしかに、同じようにカリフラワーをマッシュしたものなんです。
ホクホクで食べた感じもポテトサラダに似てますが、でも上品な甘みは、カリフラワーならではって感じです。

レシピは続きで、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

 【カリフラワーペペロンマッシュ】 by ☆青☆

[材料]
カリフラワー 200g
マナオ(レモン)汁 大さじ1 (または、薄切り2~3枚)
ニンニク 2片、 タマネギ 50g、 塩 小さじ1/2、 オリーブオイル 大さじ1、
カシュナッツ 5個

[作り方]
(1) 熱湯にマナオ(レモン)汁と塩を入れてカリフラワーを柔らかめに茹でて水切りします。
(2) オリーブオイルにニンニクのみじん切りをいれ、香りが出たらタマネギを炒めます。
(3) カリフラワーを混ぜて油をまわし、塩とカシュナッツを加えてマッシュします。


カリフラワーの茹で方っていろいろあるんですが、普段は、かために茹でた方がおいしいですよね、生でも食べられる野菜ですし、私の場合は、1分~1分半くらいかしら。
でもこれは、マッシュするので柔らかめに5分くらい茹でてあります。
おいしく食べるには、蒸すのがいいかなーとも思いますが、カリフラワーは、虫が多い野菜で、虫がなければないで、農薬の心配もあるので、私は、茹でてます。
丁寧にする時は、熱湯に入れたあとに、お湯を捨てて蒸すこともあります。
カリフラワーは、茹でてもビタミンCがあまり流出しないという、ありがたい特徴もあるので、まあ、茹でていいんじゃないかと思うんですが。
ちなみに虫は、塩水にしばらく浸しておくと浮かんできやすいです。

このカリフラワーのマッシュの応用版は、ニンニクやタマネギで炒めず、茹でたものとカシュナッツをマッシュして、ポテトサラダのように生のタマネギやトマトなどを混ぜてビネガー味で食べるというのもあります。
油を使わないので、よりヘルシーですね。
とかいいながら、オリーブオイルを加えてもそれまたよさげな気が・・・。

花カリフラワーランチ会

これは、先日のランチ会でお出しした応用版なんですが、、、カシュナッツを入れるの忘れてしまいました。
なんか試作の時と美味しさが違うなーと、カリフラワーを買った店が違うのでそのせいかと思ったんですが、、、食べに来てくださった方、本当にすみません。
なしでもOKでしたが、個人的には、、、カシュナッツが入った方がマッタリ感がでて、甘みも深くなるのでおすすめです。

カリフラワーのマッシュってハンドミキサーなりブレンダーなりがないとちょっとキビシーでしょうが、いろんな応用がありそうな気がします。
白味噌混ぜて他の野菜を食べるソースとしてもいいですね。
ああ、マヨネーズもありですかね・・・。

カリフラワーがゴロンゴロンとした味気ない野菜っていうイメージしかない方は特に、お試しになっていただきたいです!
(カリフラワーの基礎知識は省略です、またの機会に。カリフラワーは、冬野菜のイメージですが、日本も産地をかえて1年中で回っていると思います。)


(↓) 上で押されていない方、3つポチポチポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ     ブログランキング     FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。