ワクワク玄米! パパレモンピラフ

アップロードファイル  私は、いつもタイ米の玄米を食べているんですが、いろんなものを混ぜたり、いろんな味付けして炊き込んだりして、出来上がりをワクワク待つのが楽しみなんですよー。
アップロードファイル  ああ、炊き込みご飯好きは多いね、でも、別に混ぜ込んだりしなくたって、玄米をおいしく食べられるんじゃないか?
oneesan1  そうなんですけど、食事の理想として、バランスよく多くの食品をとるには、おかずとして食べるだけだと、食べ過ぎになっちゃうので、ご飯に混ぜ込んであれば一石二鳥? みたいな。
別に1日30品目とか、そういうことにこだわっているわけではありませんが、少しでも野菜を多く食べられた方がいいわけだし。
それに、忙しかったり疲れてたりして、あと1品が大変な時ってあるじゃないですか、でもご飯にいろいろ混ざってたら、無理して作る必要はないですよね。

アップロードファイル  なるほど、たしかに、メインがちょっと野菜が足りないかなって思うときでも、ご飯に野菜が混じってれば、わざわざ他に副菜を食べる必要もなくなるってことだな。
野菜嫌いの人でも、自然に食べられるだろうし。

アップロードファイル  サラダとか煮物とかおひたしとか、、、どんな形で野菜を出しても、手をつけようとしない人っていますものね。。。
あと、玄米があまり好きではないという人でも、いろいろ混ざっていれば、「これなら食べられる」と言って、食べますよ。

アップロードファイル  青ちゃんのサラダ玄米ご飯は、好評だよね。
アップロードファイル  他にも、もっともっとおいしい玄米料理を追及して、理想は、ご飯とスープだけで十分に栄養がとれる食事、なんですよ。
でも、まだまだ研究途中、これもそんな感じなんですが・・・。


パパイヤピラフ  by ☆青☆

MR.CHIN1  パパイヤがたっぷり入ったご飯だったな。
パパイヤのいい点で、イヤミがなく静かにご飯の中にいるって感じだから、たしかに野菜嫌いの人でもたくさん食べられるね。
消化を助けてくれるし、さっぱりしているから、メインが肉料理の時には、ピッタリだ。

アップロードファイル  レモンの味がポイントなんですが、好みによるので、レモンの味がきつ過ぎてもいけないですかね、私は、酸っぱいの大好きなんですよ。
あっ、レシピを紹介しなくっちゃ、、、でも、実は、アバウトなんで、、、恥ずかしいんですが・・・。


【材料】
パパイヤ 半分 - その2/3をみじん切り、残りを厚さ5mくらいの薄切りにします。
玉ねぎ 半個 - みじん切り
にんにく 1個 - みじん切り
玄米 2合、 
マナオの汁(タイレモン、ふつうのレモンでも可) 3個分
パセリ 飾り用 少々
白ワイン 100cc + α、 水 700cc、オリーブ油 少々

【作り方】
(1) 玄米は、洗って水気をきっておきます。
(2) 鍋またはフライパンにオリーブオイルを入れて、にんにくの香りを出してから、玉ねぎを加えてしんなり甘みが出るまで炒め、みじん切りにしたパパイヤを加えてさらに炒めます。
(3) ご飯を加えて炒めます。(ご飯が透き通るまで、、、が基本ですが、玄米だとよくわかりません! しっかり炒める、ということですね)
(4) 白ワインと水、マナオ汁2/3を加えて沸騰したら、弱火~中火にして蓋をして、あとはご飯がやわらかくなるのを待ちます。
(5) 薄切りにしたパパイヤを鍋に入れ、白ワインをふって蒸し煮にします。
(6) 炊き上がったご飯に残りのマナオ汁を混ぜて蒸らし、皿に盛り付けて、パパイヤの白ワイン蒸しをのせ、パセリをふりかけて出来上がりです。


アップロードファイル  実を言うと、水は、途中で足し足ししたのです。
いつも玄米の炊き込みご飯だと、1合に200ccの水で十分だったりするので、最初、400ccで煮込んでたら、水がなくなったのに、米がとっても硬い! なので、慌てて300cc追加したのです。
後足しのような、そんなアバウトでも、なんとかなるものだってことでお許しください。

アップロードファイル  んー、じゃあ、レシピとしては、まだ完成していないってことじゃないか!
火にかける時間もはっきりしていないわけだな?

アップロードファイル  すみません、、、好みの硬さになるまで様子をみながら作ったんです。
絶妙な分量というのをもっと研究しなくちゃいけませんね。
一般にピラフは、水気を含んだ米の1.5倍が理想らしいですが。。。玄米ですからね、もう少し多く2倍でもいいんじゃないかと思います。
今回も最初から白ワインを入れて800ccでよかったのかもしれません。
炊き込み時間は、米を炒めた後に炊飯器にうつして、ふつうに炊いてもいいと思います。

MR.CHIN1  つまり、青ちゃんは、こうして毎回、ドキドキハラハラしながら炊き上がりを待ってるってことかい?
アップロードファイル  うっ・・・ワクワクと言ってください。。。
アップロードファイル  まあ、結果的においしかったし、そうやって気軽に玄米を使うってことも大事だね。
みなさんにも玄米をもっと取り入れてもらいたいものだし、いろいろ混ぜる楽しみも覚えて欲しいね。
しかし、、、このご飯のネーミングは、いかがなものかと、、、なんか、洗剤を思い出して食欲がなくなるから、まずは、新しいネーミングを考えてくれ。

アップロードファイル  ウケると思ったんですけどねぇ、パパレモン。
MR.CHIN、今日は、なんだか手厳しくないですか・・・?

MR.CHIN1  ああ、腹が減ってるんだな、私は、腹が減るとちょっと怒りっぽくなるんじゃ。
アップロードファイル  いますね、そういう人、、、食事前になるとカリカリしてる人って・・・。
じゃあ、すぐに何か作りますね、もうちょっとだけ待っててくださーい!


 (↓) クリックありがとうございます! ランキングがUPしました~!! 

    にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     
アップロードファイル  腹いっぱいになって機嫌がよくなったところでフォローしておくが、このピラフのいいところは、調味料を一切使っていないところだな。
塩分なしのヘルシーピラフだね、玉ねぎとパパイヤの甘み、タイレモンの酸味で、玄米のおいしさまでしっかり味わえる、噛めば噛むほどおいしいピラフだ。
なんか、舌がリセットされてきれいになったような気がするよ。

oneesan1  フォロー、ありがとうございます!
私もついでにフォローしておきますと、パパイヤの白ワイン蒸しをのっけてますけど、これも調味料なしで、ただただ白ワインで蒸し煮するんですが、パパイヤがリンゴのような味に変身するんですよ~。
素材の変化って面白いですねぇ~、いろんな発見があるから、いろんなことを試してみるのって楽しいです!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

トラックバックURL
http://koppunmaak.blog115.fc2.com/tb.php/55-695ddd7d

2007/10/21 23:53.41
2007/11/15 09:39.54
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。