タイ野菜の本の紹介

健幸575 No.296  「春求め真夏のタイを飛び出して」  

タイは、今日から(正確には明日からですが)タイ正月のお休みに入ります。暦では、15日までですが、1週間、まとめてお休みをとる人も多く、私も19日までお休みをいただきます。すでに先週からお休みしている人もいるようで、バンコクも渋滞もなく静かなものです。私は、日本人の友達家族とタイ人の友達2家族、計4家族13人で7泊8日の伊勢志摩豪遊グルメツアーに出かけます。真夏のタイから春爛漫の日本へ避暑に行くわけです。円高の折、タイ人の友人たちが奮発しての家族大サービスですので、こちらも綿密に計画を練り、伊勢志摩のよさを満喫してもらおうとはりきっております。いや、自分がイチバン楽しんでるんですがね、なんてったっておいしいものの宝庫ですから伊勢志摩は! 野菜が不足するのは仕方ないでしょうが、とにかくおいしいものを食べてきます。グルメレポート、できればいいんですが、、、多分、朝から晩まで動きっぱなしで難しいでしょうね。留守中も隔日で予約投稿しておりますので、ぜひ、遊びに来てください。では、行って参ります! 



日本では食べていないようなタイの野菜を調べるのに、いつも困ってしまうのですが、もちろん、タイ人に聞くというのもありますが、正確な情報となると、タイ語の本を引っ張り出すしかないんですよね。
(そもそも、私の周りのタイ人は、料理しない人ばっかりで・・・)

私は、タイ語は、読めるんですよ、タイ語って平仮名のような表音文字なので、読むことは読めるんですよ、ちょっと声調がいい加減ですが、わりと速く読めるってのが自慢です。
でも意味が全然わからない・・・。
なので、いちいち泰日辞書を引っ張り出すしかなく、、、時間がとってもかかります。
いや、あんまりマメには、辞書ひいてないかも、、、。
苦労してひいても、野菜事典に載っているようなタイ語は、日本語の辞書には、載ってなかったりするんですよねー。

今回、食用花を調べるのに活躍してくれた本です。

花タイ野菜の本

あら、本らしさがわかりませんね、全部で72ページです。
これは、シリーズになっていて、果菜、葉茎菜などにわかれています。
一応、英語も書いていますが、肝心な情報は、あまり書いてません。
英語で書いてあるのは、どういう形をしていて、どの部分を食べるか、あと栄養成分ですね。
種類や効能、食べ方など、細かいことは、タイ語です、タイ語もちょっと大雑把ですが。
まあ、写真を見て名前を確認できるだけでもありがたいですが。

この表紙をみただけでも、えっ? って思いません?
カリフラワーとブロッコリーなんてかわいいもんで、菜の花っぽいのは、広東菜なんですが、その右側の毒々しい花ってば、食べるの? って感じじゃないですか。
著作権がどうなのかわかりませんが、チラッと、掲載された花を・・・。

花蓮の花  花パゴダフラワー
SAGRED LOTUS                    PAGODA FLOWER
花TORCHGINGER  花アンチャン
TORCH GINGER FLOWER               BUTTERFLY PEA


この本、タイ在住の方で、タイ野菜や果物について知りたいと思っている方にはおすすめです。
これは、200バーツで買いました。
他にタイ語オンリーの厚い本もあります。
タイ語が読めなくても眺めているだけでも楽しいですよ!

花野菜の本  花野菜の本2


私の知識は、ここから半分くらいいただいているかと思います。

私も早く日本語でみなさんが楽しめるタイ野菜の本を作らなくっちゃと思っております。
リクエストの声が日増しに高くなっているような・・・。
でも、ブログに向かっていると、それだけで時間が過ぎ、今、悩ましいところです。
ブログを書くのもいい勉強になっているし、ここで情報を得られる人もいると思うので。
旅行中、ちょっとじっくり考えて、旅行から帰りましたら、しばらくブログをお休みすることになるかも・・・です。
あっ、でも旅行中もいくつか予約記事がありますので、応援とあわせてどうぞご訪問くださいませ。


この後、レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。