果物あれこれ マヨーンチット、ミニマンゴー、ミニパイン

健幸575 No.275   「果物を勧め メンドーとかえされ」  

外食が多く、野菜を十分に食べられないという人には、果物をおすすめしています。特に午前中に200g程度(バナナ1本とミカン1個分)の果物を食べてしまえば、1日に必要な野菜果物の量をクリアしやすくなります。でもね、かなりの割合で「果物はメンドー」の返事が返って来ます。それか「果物嫌いなんだよねー」とか。 私もおばあちゃんっ子だったので、果物は常に剥いて目の前に用意してあるもので、気持ちは、わからなくはないんですよね・・・。でも、最近は、自分の体のためでもあるので、いろいろチャレンジしています。カットした果物もたくさん売ってますから、なんとか賢くたくさん食べていただきたいと思います。

日経新聞によると、最近は、包丁不要の果物がよく売れているそうです。特に「デコポン」が人気みたいですね。デコポンの本名(?)は、「不知火(しらぬい)」というのですが、1991年に初めて市場に出てデコポンという名ですっかり定着したようです。温州ミカンをのぞいたかんきつ類の中では、伊予かんに次いで2位の生産量(3位が甘夏)になるそうです。伊予かんも甘夏も皮をナイフで剥かなくてはならないので、人気が落ちているのだそうで、デコポンが1位の座に躍り出るのも遠くないのかもしれません。他に「せとか」や「紅まどんな」なんていう包丁を使わずに食べられるのが生産を伸ばしているそうです。(日本にいないと、新品種って浦島太郎状態なんですが・・・。愛媛の友達が言ってましたが、最近、温暖化のせいもあり、ふつうの蜜柑がとれず、こういう新品種がどんどん増えているそうです。)
他にもブドウも皮を剥かずに種もなく丸ごと食べられるのが人気で、栗も渋皮がむきやすい「ぽろたん」に注目が集まっているとか。
メンドーの一言で廃れていく野菜や果物があると思うと哀しいような複雑な気分ですが、とにかくたくさん消費してもらうために農家さんもいろいろ苦労されているわけで、新しい品種は、それはそれで応援したいですね。



果物の話題になったので、最近、タイでみかけた果物を紹介しますね。

タイミニマンゴー
なんだ、ただのマンゴーじゃないの・・・ って思った方、よく見てくださいね。
写っている手と比較してみてください。
タイでもあまりみかけないミニマンゴーです、、、というか、私は、はじめてみました。
見た目、かわいいってだけで、美しくないですが、食べてみたらとーっても甘かったです。

タイミニパイン
これまたパイナップルですが、やっぱりミニサイズ、しっかり甘みがありました。
なんかミニって未熟なうちの早採りかなと、すっぱいんじゃないかと構えちゃうのですが、こういう品種なのでしょうね、すっかり熟して甘いです。

タイミニパイン2
タイでは、こうやって屋台で売ってて、その場で切って食べやすくして売ってくれます。
1個10バーツ(30円弱)、ミニとはいっても1人で食べたらお腹いっぱいになりますから、とってもお得ですね。

お次は、ミニじゃないんですが、、、

タイマヨーンチット

枇杷!? びわ? うわぁ~、タイでもビワが食べられるの~? と、喜んだのは、一瞬でした。
これは、枇杷とは、全くの別モノ。
マヨーンチット(MAYONGCHIT)と呼ばれるもので、英語だとMARIAN PLUM のファミリーだと言われています。(「マ」にアクセント、「ト」は、ほとんど消えます。)
ほとんど似たものにマヨン、マプラーン、マプリンと呼ばれるものがありますが、品種が違います。
マヨーンチットは、少し大きめで、3月と4月が旬、まさに今ですね、スーパーでも見かけた人がいるのではないでしょうか。
得体が知れぬと手を出さずにいた方、ぜひ、試してみてください、おいしいです。

お味はですね、、、これは、英語で別名 PLUM MANGO とも呼ばれているんですが、たしかにマンゴーのようです。
マンゴーにオレンジ系か何かのさわやかさが加わった上品な感じ。
おにいさんは、これを見た瞬間に「あっ、この葉っぱ、マンゴーと同じだ、やっぱマンゴーの種類だろ」と言っておりました。
私は、マンゴーの葉ってよくわからない・・・っていうか、そういう興味を持たずにいたので、負けた・・・ って気分。
種もマンゴーとそっくりで、この小さな実に、結構大きな種が入っているので、食べるところは少ないです。
皮もマンゴーっぽいですから、剥いて食べてください。
どうやら東南アジア限定のようです。
デコポンを食べられないかわりに、マヨーンチットでも食べることにしましょう。


いつも応援ありがとうございます。
今日は、果物のお話でした。面白かったら3つクリックをお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。