イチゴのお話、洗い方など

健幸575 No.267  「幼き日ミルクの中に浮く苺」 

ミルクって、牛乳じゃなくって練乳です。私の中のイチゴは、「練乳で食べるもの」というイメージで、イチゴを食べているのか練乳を食べているのかわからない状態でした。子供の頃、練乳が貴重だったのかしら、、、思いっきり練乳を食べられるのがイチゴの季節でした。でも、太るのを気にするようになって、イチゴそのものを食べなくなっておりました。素のイチゴを食べればいい話なんですが、それだけ昔のイチゴが酸っぱかったのか、練乳なしのイチゴに魅力を感じませんでした。なので、もう20年以上もじっくりとイチゴを味わったことがないような気がします。きっと、今のイチゴは、ビックリするくらい甘いんでしょうね。



 きょうは楽しいひなまつり~ 
    ひな祭り料理、まだ悩んでいる方がおりましたら、こちらをご参考にしてくださいね。
      → ひな祭り料理 ☆目次☆


今日は、レシピアップの日ではないので、春ってことで苺、イチゴの話♪ ・・・なんて、そんな甘いお話じゃないんですけどね。 

イチゴって本当は野菜なんですよね、いやいや、ホントとかウソとかないですけどね、統計分類等では野菜、青果流通では果物扱いということになっています。
一般的なイメージは、すっかり果物ですよね、トマトほど論争にはなってなくて、なんか割り切ってますね。
それにしてもイチゴもトマトもどこまで甘くなるんでしょうか??? 

タイでは、イチゴは、ポピュラーな果物ではなかったのですが、今年、急に増えたような気がします。
市場や道端で山盛りにして売ってます。
どこか上手に栽培できるようになったんでしょうね。
値段も何もチェックしてないんですが、、、きっと昔よりおいしいくなってる気がします。

ちょうど先日、「イチゴってヘタをとってから洗っちゃいけないんだってねー、知らなかったー!」と新たな発見に感動した友達と「当たり前じゃない、ヘタとったら栄養が出ちゃうじゃない」という友達の会話を耳にしたところです。
栄養も出ちゃうでしょうし、水っぽくなるし、洗った汚れがイチゴにしみこんでしまうというのもあるようです。
みなさんは、どうやって洗ってますか?

イチゴ

私、野菜を念入りに洗いたい時は、塩や重曹、酢を使って洗ったり、スポンジ使ってゴシゴシするのもあるし、ブドウなんて皮ごと食べたいから最後に熱湯をかけることもあるんですが、イチゴは、ゴシゴシも熱湯もムリですよね。
なので、塩を入れて洗うのかな・・・と思っていたのですが、ナント、イチゴは、塩で洗ってはいけないと書いている本がありました。
塩で洗っても効果がないというならわかるのですが、塩で洗うとかえって農薬が中に浸透してよくないと・・・。
えぇぇぇっ!? って感じじゃないですかー?
塩で洗ってる方、いませんか?

う~む、、、どうやって洗うべきなんでしょうか?
手持ちの本をあれこれひっくり返して、ネットでもいろいろ検索してるんですが、「塩で洗いましょう」って書いてるのもあるんですよね。
でもやっぱり「塩で洗うのはダメ」というのもあれば、「塩で洗うのはダメというのは間違い」というのまであって、、、。

ハイ、結論、出しました!
イチゴって皮ごと食べるというのと、デコボコがあるということで、汚れがつまってそうとか、農薬の心配があるようで、だから塩で洗いましょうということのようですが、塩にそれほど農薬落としの効果はないようなので、あえて使わなくてもいいんじゃないでしょうか。
仮に農薬落としの効果があったとしても、それ以上にイチゴ自体を傷めてしまうというデメリットの方が大きいようです。
まあ、イマドキ、ぞれなりに安全な農薬を極力抑えて栽培されていると思いますので、流水で十分でしょうということでしょう。
(重曹はどうかと思って調べたんですが、重曹+イチゴで歯の健康! という記事ばかりが見つかります。ついでに、イチゴ+汚れで調べると鼻の汚れの話ばかりでした。)

ここで!
下記に紹介するブログでみつけたのですが、レモン汁を入れた水ですすぐのもいいようです。
レモンの酸が傷んだイチゴの細胞を引き締めて、色落ちも防いでくれるのだそうです。
レモンがいいということは、酢もいいかもしれませんね。
ビタミンCの流出をカバーしてくれるような気がします。
(イチゴは、果物の中でも特にビタミンCが多く、10個食べれば1日分のビタミンCを摂取できるのです。)

<まとめ>
イチゴは、傷みやすいものなので食べる直前にヘタをつけたまま洗います。
流水で洗うか、冷たい水ですすぐように洗うのがよく、水に漬けおくということはしない方がいいです。
(流水に5分と薦めているのもありますが、洗う時間は、買ったイチゴにもよるでしょうね。)
さらにレモン汁や酢を加えて洗うと傷みもカバーし、おいしく食べられます。

そうそう、イチゴは、先端が甘いので、ヘタの方から食べてくださいね!

う~ん、、、久々にイチゴ、食べてみようかしら、、、。

[参考]
 食と農のポータルサイト だんだん 「イチゴのこと どれだけ知ってる?」
 あ・ぐり~んネット 「イチゴの洗い方と簡単レシピ」
 極上一品 直販食材物語 「食品添加物軽減方法」


こんなに長く書くつもりはなかったのですが、、、お役に立ったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。