ついに登場!? 玄米酵素ご飯

★今回のテーマ★  ― タイで楽しむひな祭り料理 
    元気の源・玄米ご飯「菜飯&小豆ご飯 → 玄米酵素ご飯


ひな祭り赤飯くまさんひな祭り料理として出した小豆ご飯、ちょっとお赤飯っぽいんですが、子供たちがモリモリ食べてくれてとってもうれしかったです。
「玄米がかたくてあまり食べないんです」ってお子さんも食べてくれました!
このご飯は、ひな祭り料理ということでなしに、ずーっとおうちで毎日のように食べていただきたいご飯で、もったいぶって紹介しているわけですが、「発酵玄米ご飯」とか「玄米酵素ご飯」と呼ばれています。
発芽玄米とか、米に特徴があるのではなくて、作り方にすごいヒミツがあるのです。

そもそもの始まりは、、、こんな本に出会ってしまったんです!

毒出し玄米酵素ごはん―食べるほどやせる!美肌になる! 炊飯器で育てる不思議ごはん (主婦の友生活シリーズ ミラクルムック) (主婦の友生活シリーズ ミラクルムック)毒出し玄米酵素ごはん―食べるほどやせる!美肌になる! 炊飯器で育てる不思議ごはん (主婦の友生活シリーズ ミラクルムック) (主婦の友生活シリーズ ミラクルムック)
(2008/05/09)
岡本 羽加

商品詳細を見る

なんかビビビーッて感じでね、速攻、試してみました。
速攻といっても、3日はかかりますので、待つ時間の長かったこと、長かったこと。
待った甲斐があって、できあがったご飯のおいし~こと!
健康のためだけじゃなくって、おいしいから食べたいっていう、、、もう、このご飯だけで食事終わりでもいいですってくらい、最初のうちは、ホントにはまりました。
すぐにお知らせしたかったのですが、、、こうして本になっているものって、作り方、ブログで紹介しちゃっていいのかしら??? っていう、ちょっと後ろめたさがあったというか・・・。
口コミでひろめてましたが、食べた人は大絶賛! 
自分で作って続けてるお友達は、ずっと長い間の便秘が解消して大喜びです。

ひな祭り玄米酵素

タイトルに「小豆ご飯」としてますし、上記の本の中でも小豆を使用しているのですが、タイでは小豆が高いので、私はもっぱら緑豆を使っていて、上記の写真も緑豆使用です。(ランチ会では、緑豆と小豆を半々に使いました。)

かなり自分流になってきています。
ちょっとネットで検索しましたら、もうすっかり作り方を書いているのもあれば、さらにもっと厳格な○○式という健康法として講習会をひらいているのもあり、、、。
いずれにしても認知度が高くなるのはうれしいことです。

上記の本には、どんな健康効果があるのか、体験だなどもたくさん載せてありますので、ここで作り方を知ったとしても、本を買う価値はまだまだ大だと思いますので、私は、健康効果についてはあまり語らず、作り方だけ、紹介させていただきたいと思います。

この後、レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

 玄米酵素ご飯 by ☆青☆

[材料]   (分量は、釜の大きさに合わせてテキトーに増減させてください。)
玄米 6合、 緑豆(または小豆) 1/3~1/2カップ
塩 小さじ1、  水 6.5カップ (お米のカップじゃなく200ccのカップ)

[作り方]
(1) 玄米ご飯を研いで、豆を洗って、大きなボールか炊飯器の釜、圧力鍋の釜に入れます。(ご飯を水につけておく時間は、特には不要、もちろん、つけてもいいですが。)
(2) 塩を加えて、水を加えます。(とりあえず全部でなくてもいいです。)
(3) [重要!?] 時計方向に手で8分間かき回します。
   → 1周2秒のペース、私は、「ありがとう」と唱えて1周の目安にしてます。おいしくなりそうな気がするんです。でもテレビ見ながらのことも多いですが・・・。
(4) 水の量を調整して、ふつうに炊きます。炊き上がったら炊飯器で保温します。
(5) [重要] 1日1回、炊飯器でかきまぜます。


2日目(正確には36時間後 - 変化の様子を撮ろうと思ったのが遅かった・・・)
玄米酵素1

3日目 (もうできあがったかなーっていう状態の色です。すでに食べてるので減ってます。)
玄米酵素2

炊きたてももちろん、ふつ~の玄米ご飯ですから食べられます、おいしいです。
でも、1日1回かき混ぜて3日たつと、もちっとして深い味になるんです、なぜなんでしょう???
発酵しているとか、酵素のおかげだとかいろいろあるようですが、難しいことは、まっ、いっか! とにかくおいしいんですもの。
それにですね、何がいいって、一度に6合を炊いて、10日くらい炊飯器に入ってても平気なんですよ、腐らないんです。
あっ、もしかして失敗することがあるのかどうか、、、失敗したら、臭かったり、粘ったりするらしくて、あきらかに発酵状態と違うらしいです。

さすがに10日を過ぎるとかたくなり始めますし、ふつ~、その前に食べきってしまいましょう。
いつでも炊飯器にこのご飯が入っている状態になるので、お弁当も晩御飯も楽でいいんですが、、、問題は、食べきるまで炊飯器を占領してしまうこと。
次の仕込みができないじゃあないですか!
おかげで私は、炊飯器をもう1台、買いました。
ただ、タイの安いのを買ってしまったために、どうも保温温度が高すぎるのか、、、乾燥してかたくなっちゃいます、あー、困った、困った。

ご飯は、炊きたては食べずに3日待つつもりなら、ちょっとかたいかな? くらいで炊くと、3日目にはちょうどいい感じになると思います。
やわらかめが好きな方は、もちろん、お好みでよいかと思いますが。
ご飯は、そのまま食べたり、丼モノにしてもOK、おじややチャーハンにも出来ます。

不思議なのが「8分間時計方向にかき混ぜる」ということ。
本当に必要なのかどうか、時間が短かったり、左回りだとご飯が腐ったって話があるので、ご飯を腐らせるのはイヤなので試してません。
まあ、「ありがとう」を唱えるいい機会なんで、とりあえずかき混ぜてます。
右回りになんかヒミツがあるとか???
正式には、泡だて器でかき混ぜるものらしいんですが、金属っぽいのがご飯に触れるのがどうも抵抗があったので、これは勇気を出して手で試してみたらOKでした。

肝心の健康への効果ですが、とりあえず、お通じはとってもよくなります。
ただ、とても残念なことに、、、(!?) 私もおにいさんも、そもそも健康体、特に不調なところがないので、大きな変化を報告できないのです。
でも体にいいなーっていうのは、わかります、腸が喜んでるのもわかります。
体が求めるというのか、とにかく食べたくなっちゃうんですよねー、食べ過ぎないよう気をつけなくっちゃ。(ご飯3杯いけそ~!)

効果については、これ以上、書くのはやめておきますが、興味のある方はネットで検索するか、本を買ってみてくださいね。
病気を治すとかいう話になるからか、なんだか高い道具を揃えたり、いい玄米、いい小豆、いい塩じゃなきゃいけないっていうのもあったりしますが、、、とりあえず私の上記の方法で、十分においしく食べられますし、体もずっと調子がいいですよ!

☆青☆流の部分は、、、
 1. 8分間のかき混ぜは、「ありがとう」を言いながら手で行う
 2. 豆は、小豆でなくても緑豆でもOK
 3. 玄米のほかに雑穀を混ぜてもOK 
 4. 塩の量も厳密でなくてOK
 5. 水の量もお好みで、かたくても柔らかくなるので大丈夫

ちょっとメンドーな気もするでしょうから、、、この記事を読んで、一体、どれくらいの人が試してくれるかわかりませんが、試されたら教えてもらえるとうれしいですね♪
(とりあえず最初は、とにかくまず1週間くらい続けると、体の変化を感じるそうですよ!)

(↓) 上で押されていない方、3つポチポチポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ     ブログランキング     FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。