健幸575 秋田シリーズ!?

  • カテゴリ:日本
  • コメント:12件
  • トラックバック:0件
アップロードファイル  「遊び過ぎ 寒さ知らずが泣き出して」  (健幸575 No.262)

秋田雪だるま子供のころ、どうしてあんなに雪の中で遊べたのだろうと思うくらい遊んでましたが、帰る時間になると、急に手足がジンジンして冷たいというより痛くて、どうにもならなくなって泣きながら家に帰るということがよくありました。 笑いながら迎える祖母がお湯を用意してくれて、手足をいれてあたためたものです。
去年、実家で外 でソリ遊びをしているはずの姪の泣き声が突然聞こえてきましたが、どうやら同じパターン、義姉が笑いながら迎えに行ってました。
大人になって久しく雪遊びなんてことをしてませんでしたが、今回、散歩のつもりで出かけた運動場で、急に思い立って雪だるまを作ってみました。手つかずの雪だったせいか、何回か転がしただけで大きな塊になったのですが、すでに日が暮れ始め、その前にかまくらも作って体力がなくなりかけていたし、目鼻を作る小道具もなく、ちょっといい加減な雪だるまになりました。今度は、万全な体力で防寒も完璧にして取り組んでみたいです。



・・・と、この後、いつもならレシピの紹介か何かに続くのですが、、、、秋田の話題の健幸575がいくつかあって、ひな祭り料理に合わないなあと遠慮してたんですが、どうも季節はずれになるといけないので、まとめて紹介しちゃいます。

秋田雪あそび   秋田雪遊び2

運動場で遊ぶ姪っ子です。
ここにソリでもあれば、ソリ滑りができたのに、こんな山があるとは思わず手ぶらで出かけちゃったんです。


アップロードファイル  「かまくらの中におやつを集めさせ」  (健幸575 No.263)

秋田かまくら秋田名物、いろいろありますが、「かまくら」もその一つ、子供の頃から、よくかまくらを作って遊びました。かまくらの中は、あったかいんですよ。秋田の中でも横手のかまくら祭りが有名ですが、もう終わってしまいました。 横手のかまくらのように、中で火をたいてあったまるくらいの大きくて丈夫なのを作りたいといつも思うのですが、子供の力ではムリ。なのでおやつを持ち寄ってその気になっていました。一度、子ども会で親たちが手伝って作ってくれた記憶がありますが、その後にどうしたかの記憶がありません。
今回、姪っ子と運動場に行ったら、除雪した雪が山になっていて、そこにスコップをみつけてピン!  それに竪穴を掘ればかまくらっぽくなるはず。子供の頃と違って体力もあるはずだし、姪っ子に「お部屋を作ってあげるね」と言いながら掘り出しました。がっ! か、かたい!  長い間積み上げられた雪なんだから、かちんこちんに決まってますよね、、、私、ホントに雪遊びの感覚が鈍っております。




アップロードファイル  「なつかしく眺めるだけのスキー板」  (健幸575 No.264)

秋田出身だというと、たまに「学校にはスキーで通っていたの?」と質問されることがあります。真顔の人もいれば、からかって言う人もいるのですが、さすがに私は、スキーで通えるところに学校がありませんでしたので、バス通学です。でも、兄や姉の頃は、近所の分校に通っていたので、ホントにスキーで通っていたみたいですね。そのせいか、とってもたくましい兄と姉で、兄は陸上、姉は、スキーでインターハイに出ています。
落ちこぼれの運動音痴の妹ですが、スキーだけは、東京に出てからも自慢できましたね。冬の間の学校の授業は、ずっとスキーでしたから、それなりにはなっていたようです。
でももう、スキーを滑ることは一生ないような気がします。どうにも怪我がコワイ! スキーは、一度覚えたら忘れないといいますが、自信がないですねぇ~、おまけに相方は、人生50年(超)で一度もスキーを滑ったことがないんですって!!




秋田運動場   秋田雪

家から5分の運動場、、、つまり家の周りもこういう風景です。
秋田は暖房完備なので寒くないと思って帰ったら、、、今年は、我が家も省エネモードで寒かったです。
おまけに外の気温がホントに寒くて、おまけに吹雪!(吹雪の様子がわかるかしら?)


今日はここまでです。
お料理に関する記事がなくてすみませんが、応援の3つクリックをお願いします! 
ありがとうございます!!

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。