煮リンゴの黒蜜きなこがけ

アップロードファイル  「おかえりとトンブリ納豆ドンブリに」  (健幸575 No.261)
    「ただいまと トンブリ納豆ドンブリに」  (健幸575 No.261)
          トンブリが待っててくれたというか、義姉が気をつかってどーんと用意してくれるので
          「おかえり」って気がしたんですが、食べるのは私なんで訂正してみました。


秋田とんぶり秋田の話題続けますが、畑のキャビアと呼ばれるトンブリって、ご存知ですか? 食べたことあります?  トンブリは、ほうきぎの実で、秋田名物の一つです。トンブリ自体は、味がしないものなので、何かと合わせて食べることが多いのですが、秋田県人にとって(=私ににとって)最もポピュラーな食べ方は、納豆と合わせることでしょうねー。
秋田トンブリ最近、欧米のシェフも注目しているようで、フュージョン料理とか新作、創作料理ということで発表される料理にトンブリが使われていることがあってビックリです。私もパスタに混ぜたり、いろいろ試してみましたが、結局、トンブリ納豆ご飯がサイコー! ってことで、秋田に帰るといつもは食べない白米をおかわりしながらついつい食べてしまいます。スペシャルバージョンは、これにツナをいれるんですけどね、、、それは毎日は、おすすめしません。



健幸料理レシピは、月・水・金に更新します。
レシピ以外のクイズやら健康情報やらは、余裕があったら随時更新していきます。これまでより更新がスローペースになりますが、引き続きよろしくお願いします。


★今回のテーマ★  ― タイの食材で作る和の料理
  「煮リンゴの黒蜜きなこがけ」   VEGETARIANVEGAN  


1月のヘルシーランチ会メニュー、いよいよ最後のデザートとなりました。
なんとか2月のランチ会の前にアップが終わってホッ。

ランチ会デザート
Sakko

なつかし~お味だからでしょうか、甘いデザートのはずなのに、辛党人間でもなぜだか手が出るデザートです。
実際、そんなに甘くない、控えめな甘さですよ。

 続いてレシピを紹介しますがその前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

【煮リンゴの黒蜜きなこがけ】 by sakko 
[材料] 
りんご 1個、 きな粉・黒砂糖・水・水溶き片栗粉 適量

[作り方]
(1) 鍋に水と黒砂糖をいれて弱火で、かき混ぜながら溶かします。
(2) 黒砂糖が溶けたら火をちょっと強めにして一度沸騰させ、水溶き片栗粉を手早く鍋肌から加えます。とろみができたら、火を止めて冷まします。
(3) りんごは皮を剥いて八つ切りにします。(りんごの大きさによっては六つ切り)
(4) 蒸し器でりんごが突き通るまで蒸します。
(5) 器に冷ましたりんごを並べ、きな粉と黒蜜をかけて出来上がりです。


シャキシャキリンゴも大好きですが、火の通ったリンゴもまたおいしいんですよねー。
じっくり加熱すると甘みがしっかり引き立ちます。
それでもほのかに残る酸味がなんともいえず胸キュン!?
イマイチなリンゴを買ってしまったら(タイではよくありますね)、こうして食べるといいかも!

こちらデザートとして紹介しましたが、もちろんおやつとして大活躍するレシピです。
おかあさーん! 
こ~いうヘルシーなおやつをぜひ、お子さんに食べさせてくださいねー。
既製のスナック菓子もたまにはいいでしょうが、お母さんの手作りおやつ、お子さんの体にも心にもいいはずですよ。
手作りおやつといってもこれなら簡単ですよね、ぜひ、お試しあれ!

さてさて、なんだか長くなってしまったランチ会レシピですが、これにておしまい。
このシリーズの最初の記事で書きましたが、前菜のはずがデザートと化したフルーツの写真も掲載しておきますね。

ランチ会フルーツ

今年の乾季は、おいしい小蜜柑がよく出ていたので、たくさん食べました。
もうそろそろ乾季の果物は、終わりかしら・・・?
もう少し涼しい日が続いて欲しいのですが。

次のランチ会レシピに入る前に、、、冬野菜レシピが待っているんですが、、、ど~しよ~。


(↓) 上で押されていない方、3つポチポチポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ     ブログランキング     FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。