芹菜豆腐そぼろ

アップロードファイル  「セリナズナ 続き子供に教えられ」  (健幸575 No.234)

正月七日は、七草粥を食すそうですね。本当は、朝に食すものらしいですが、食べられました? 
七草粥は、もともとは、中国の五節供の最初の行事に用いられた「米・麦・小麦・粟・黍・大豆・小豆」の7種類をいれた固粥から始まったもので、以前は、正月15日に食べられていたそうです。粥に菜を入れるようになったのは、平安時代(鎌倉時代とも)になってからのようです。
春の七草ですが、私は、そもそも伝統行事というのに疎くて覚えようともせずにいたのですが、NHKの「にほんごであそぼ」で、子どもたちが念仏のように唱えているというのか、歌のように「せりなずなごぎょうはこべらほとけのざ すずなすずしろこれぞ七草 」と繰り返しているのを何度も耳にしているうちに覚えました。子供が自然に学べるのっていいですね。その時には、意味はわからなくても、とりあえず丸暗記しておけば、後で意味がわかったときにより深く知識として入るような気がします。
七草粥の材料、最近は、スーパーでセットになって売っているようですから気軽に買って、子供と一緒に「ゼリ・ナズナ♪」と一緒に歌いながら食べるのもいいですね。タイで七草をそろえるのは難しいですが、あるだけでも入れてみる、あるいは代わりの菜をアレンジしてもいいんじゃないでしょうか。



★今回のテーマ★  ― タイセロリ(キンサイ)&セロリ 芹菜
  「芹菜豆腐そぼろ」
     VEGETARIANVEGAN  

セロリ料理、まだもう少しだけ続きます。
またまたご飯にピッタリのおかずです。

セロリそぼろ
☆青☆

中華料理のお店で、ネギと豆腐でこれよりもっとごま油たっぷり使った料理があったのですが、その組み合わせ、当然においしいので、それをイメージしながら作ってみました。
でも、そのお料理は豆腐がもっとフワフワしているので、できあがりは、全然、別モノです。
おいしいのはわかるけど、あんまり油がたっぷり過ぎるのは・・・と思ったので、豆腐をフワフワではなく、ポロポロにしてみたのでした。
豆腐の水切りもいらないので、楽々お料理ですよ!

この後、レシピに続きますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
【芹菜豆腐そぼろ: 材料】
芹菜 5本
木綿豆腐 1丁、 ごま油 適量、  白炒りゴマ 大さじ2、 味噌 小さじ1

【作り方】
(1) 芹菜は、茎も葉もみじん切りにします。
(2) 豆腐は、水で洗って水気を拭いたら、ごま油をひいて熱したフライパンに軽く手でほぐして入れ、木へらなどで粗く潰すようにしながら炒めます。
(3) 芹菜と味噌を入れて、さらに水分を飛ばすように炒め、水分がなくなったところでゴマを入れてできあがりです。

そのままおつまみとして、またはご飯にかけてお召し上がりください。


セロリそぼろ

やっぱりご飯にかけてモリモリ食べたくなりますね。
ふりかけというか、ご飯と混ぜ混ぜして食べるので、混ぜご飯のような感じですかね。
ご飯にこうして混ぜて食べると、一緒に野菜など他の栄養を摂り入れられることになるのでいいですね。

ふりかけって時々、かけて食べたくなりません?
そぼろご飯もうれし~ですよね、私は、駅弁でそぼろご飯を見ると、つい買ってしまいます。
タイセロリ入り豆腐そぼろは、大人の味かしら・・??
でも味噌がきいてて、セロリ特有のきつさがないので、子供でも食べられると思いますよ。
もちろん、ネギでもおいしくできると思います。

子供がふりかけなしの白いご飯を食べないからと、市販のふりかけを常食させているおうちもあるようですが、市販のふりかけって何が入っているのか考えるとちょっと恐ろしくなります。
しっかり中に何が入っているかチェックしてくださいね。

ふりかけも手作りできるものですから、ぜひ、挑戦してみてくださいね!


(↓) 上で押されていない方、3つポチポチポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ     ブログランキング     FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。