健幸クイズ ニンジンとキウイの原産地は?

アップロードファイル  「腹の底 意外な深さと 声を出し」   (健幸575 No.220)

趣味というのもはばかられる下手さ加減ですが、かれこれ8年、謡を習っております。謡というのは、お能の声楽部分、歌の部分のことです。よく、結婚式なんかで「高砂や~♪」と歌うことがありますが、まさにそれです(と、最近、若い人に説明したら、高砂もわからない人が結構いてショックでしたが・・・)。聞いてるだけだと寝てしまいそうで、意味がわからなければ、何が面白いのかもさっぱりわからないと思うのですが、 謡ってみると、これがなかなか面白いのです。海外で日本の伝統文化にふれられるというのは有り難いことです。それだけでなく、日常生活で腹の底から声を出すということはなかなかないので、お稽古の後は、気分爽快! α波出まくり状態です。大のカラオケ好きだった私ですが、 謡を始めてからは、まったく行きたいと思わなくなりました。先生もご自身の健康のためでもあるからと、日本では信じられないような格安で教えてくださいます。若い人から70代の人まで、一緒に声を出して楽しんでます。入ったばかりの方が、最初は遠慮がちだったのが、だんんだん上手になってきて声がよく出るようになるのを聞くのもうれしいです。

バンコクで謡を習ってみたいという方! 右側のメール欄か、下のコメントで管理者のみとしてご連絡ください。原則毎月第1・3・5土曜日、日本人会本館で10時半~12時までお稽古しています。



○×△ 健幸クイズ ○×△

さすがに師走、、、毎日、更新が難しくなっております。
そんな折に突然ですが、、、新コーナーの始まりで~す!

あっ、そうそう、その前に、、、実は、私、通称・野菜ソムリエ、ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスターの資格を持っておりましたが、この度、ジュニアがとれて、ベジタブル&フルーツマイスターとなりました~!
ジュニアの資格取得後、苦節1年半(!?)、前回は、大騒ぎして試験を受けたのに落ちてしまったので、今回は、静かに(?)挑戦してみたのでした。
2次のプレゼンテーション、3次の面接とあったのですが、マイスターとして野菜・果物に触れ合い、多くの人にその魅力を伝えていく人ってことで認めてもらえたということです。
これもですね、このブログのチカラが大きいと思うのです。
野菜・果物のこと、いっぱい調べてますからねー。
それもこれも、みなさんが読んでくださっているからこそ、励みとなってがんばることができるのです。
あらためまして、いつも応援、ありがとうございます!

――― ということで、新コーナー。
野菜・果物のことをいろいろ調べていると、ヘェーとかホォーとか、面白い感動があります。
私の性格からして、すぐに知ったかぶりして人に伝えたくなるんですが、面白いからとか、知ってたらいいよというだけじゃなく、人に伝えるってことで、記憶がしっかりと自分のものになるっていうのがあるので、知ったかぶりも大事だなあと思っています。
まあ、野菜・果物に限らず、新聞や本を読んだりして、ヘェーヘェーホォーっていっぱいあるんですよね。
なので、そういうのもあわせて、「健幸クイズ」として出していこうかと。
単にブログ更新のネタ切れのときのつなぎって話しもありますが・・・。
興味がある方は、おつきあいくださいませ。

では、まいります!

健幸クイズ第1問 「ニンジンの原産地はどこでしょうか?」

よく、地中海から西(南)アジアと書かれていることもありますが、特定の国があげられることも多いです。
その国っていうのが、なんだかとっても意外、でもってなんでこの国? と不思議な気がしたんですよねー。
さて、どこの国でしょうか?

健幸クイズ第2問 「キウイの原産地はどこでしょうか?」

キウイって言ったらニュージーランド! じゃ、クイズになりませんからね。
栽培は、ニュージーランドで始まりましたが、もともとの野生種は、別の国です。
さて、どこの国でしょうか?
昔は、猿が好んで食べてたんですって!


答えは、続きをクリックしてね! その前に応援のクリックもお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
どうです、ちょっとは、考えてみました?
野菜・果物について調べるときに、原産地=生まれた国を知るっていうのは、栽培する上でとても大事なんですよね。
食す方もそれによって旬を知ることができるし、食べ方や保存方法など性質を知ることができるのでいいんです。
例えば、熱帯で生まれた野菜は、暑さに強くて旬が夏だけれど、寒さに弱いから冷蔵庫で保存すると低温障害をおこしておいしくなくなる・・・とか。
それだけでなく、野菜の歴史を知ることでそれを生んだ国、伝わった国の文化を知ることができたり、その経緯が面白くって、野菜そのものに愛着がわいたりするんですよね。

第1問のニンジンって、紀元前5世紀にヒポクラテスの記述があるそうで、栽培は2000年前に始まったという古い野菜です。
原産地から西と東に分かれて広がっていったそうですが、その頃には、芯のあるかたい野菜だったそうで、今のような形にはったのは、17世紀前後ではないかとのことです。
その原産地というのは、アフガニスタンなのです。
う~ん、アフガニスタンというと、紛争しか思い浮かばない・・・。
昔は、東西の交通の要所として、さぞ栄えていたのでしょうね。
場所、わかります? 
イランとパキスタンの間(・・・って言い方をしていいのかしら)で、もちろん当時は、アフガニスタンという国はなく、ペルシア帝国だったと思われますが、、、それなのにニンジンの原産地は「アフガニスタン」とはっきり書かれているというのは、よほど何かの証拠があるんでしょうねー。

さてさて、次は、第2問のキウイ。
猿が好むので「支那猿梨(シナサルナシ)」と呼ばれていたそうです。
支那、つまり中国ですね、中国の揚子江南部原産、マタタビ科の植物です。
1906年に中国からニュージーランドに伝わって栽培が始まり、当初は、「chinese gooseberry」と呼ばれていたそうですが、鳥のキウイにそっくりということで、キウイフルーツと呼ばれるようになりました。
キウイと中国って、、、なんだかイメージが、、、。

いかがでしたでしょうか?
今日は、前置きが長くなってしまいましたが、こんな感じで、時々「健幸クイズ」をお届けしていきますので、一緒に頭の体操をしましょー!

あっ、ついでにもう1問。

健幸クイズ 第3問 「日本には、加藤清正が16世紀末の朝鮮出兵の際に持ち帰ったことから、当初『清正ニンジン』と呼ばれていた野菜があります。その野菜とは、なんでしょう?」

ハイ、答えは、、、次なる料理研究のテーマ野菜となりますので、また明日! 


(↓) 上で押されていない方、3つポチポチポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ     ブログランキング     FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。