ヘチマの味噌漬け

アップロードファイル 「手作りに 何処も同じ 回帰して」  (健幸575 No.193)

冬本番前の今、韓国ではキムジャンというキムチを漬ける季節です。トラックに満載された白菜が運ばれ、家中大忙しでキムチを漬けるのが風物詩です。でも最近は、核家族化やアパート暮らし、キムチ離れのせいでこの光景が減って、平気で中国産のキムチを買うようになっていたとか。それを嘆く記事を昨年までは何度も目にしましたが、今年はちょっと違うようで・・・中国の食品への不安から、今年は、手作りする人が増えているそうです。日本では、不況のせいで漬物樽と石の手作りセットが売れているとか・・・。やっぱり手作りっていいですよね!



★今回のテーマ野菜★  ― ヘチマ  
  「ヘチマの味噌漬け」      VEGAN  
  

サラダでヘチマが生で食べられるというか、生がとってもおいしいことを発見しましたので、、、となれば、漬物にしてみるしかない!

私的には、ヘチマ料理の中でイチバン気に入ってしまった料理です。

ヘチマ漬物
by ☆青☆

う~ん、料理と言えるのかしら・・・。
いえいえ、漬物も立派な料理ですよね!
ヘチマがほどよくやわらかく、お味噌の味がふ~んわりと伝わってきてメロメロになります。
いつもなら、酒だ、ご飯だ! と騒ぐところですが、いやもう、これだけでいいですって気分です。

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
【ヘチマの味噌漬け: 材料】 
ヘチマ 1本(お好みで)
味噌(お好み) 適量

【作り方】
(1) ヘチマの皮を厚く剥いて適当な長さ(タッパーにはいるくらい)に切りにします。
(2) お好みの味噌をまんべんなく塗って一晩寝かせ、輪切りにしていただきます。

訂正: すみません! 最初の更新の時、へちまを最初から輪切りにして漬けると書いてましたが、最初は大きなままで周りに味噌を塗るのです。そうじゃないと漬かり過ぎです。逆に短時間で食べたい時はそうするといいでしょうが・・・。

ヘチマ漬物2

長く漬けるときは、味噌を薄くしたり甘くしたりしてみてください。
水分がほどよく出て、味噌のうまさが適度にしみていい感じなんですよ~。
ちょうど、いい味噌を手に入れたので、そのおかげかしら? とも思うのですが。
私は、麦みそがちょっとお気に入りです。

そういえば、、、塩漬けも試した記憶が・・・そちらは上手にいかなくて、記憶から抹殺しかけてたのでした。
塩漬けが合わないというより、私の漬け方がいい加減だったのです。
でも、塩漬けよりも、甘みが加わる味噌漬けの方がよさそうです。
糠床がある方は、ぜひ、糠漬けをお試しになってみていただきたいですね。

保存食としてたくさん作っておいて、困ったときのお味噌汁の具に使えそうですね。
刻んでご飯に混ぜちゃってもきっとおいしいと思います!





(↓) 上で押されていない方、3つポチポチポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ     ブログランキング     FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。