ヘチマをテーマにまいります!

アップロードファイル  「モッタイナイ気持ちを楽に コンポスト」  (健幸575 No.189)

タイの野菜は、農薬が心配なのもあり、、、ニンジンでも大根でも皮は捨てます。レタスやキャベツも外側は捨てます。(トマトなど、スポンジや布ふきんで洗ったり、熱湯かけて使うのももちろんあります。農薬の除去についてはまたそのうちに) 有機・無農薬栽培で無駄なく使っているのをみると、罪なことをしているような気にもなりますが、有機・無農薬栽培ばかりにこだわっていては、現状、野菜をたっくさん食べることができません。種類も限られてしまいます。なので、思い切って捨てるのも仕方なしかと・・・。先日、コンポストを買って、ズボラな私には絶対無理というおにいさんの指摘を聞き流し、せっせとかき混ぜております。おかげで、皮を捨てる罪悪感がちょっと減りました。


★今回のテーマ野菜★ ― トカドヘチマ

なんだかもったいぶって登場させた感もありますが、、、ハイ、予告どおりヘチマです。
季節的には、タイ以外の国では、おもいっきりずれてるのでしょうね。
四季のある国では、夏野菜です。
タイでは、年中いただくことができます。

ヘチマは、理科の実験で使うようなふつ~のヘチマもありますが、タイでスーパーでよく目にするのは、トカドヘチマです。
トカドとは、十角、10本の稜線が入っているヘチマです。

ヘチマ

ホントにちょうど10本というのが面白いですね。

タイに来てからヘチマを食べるようになり、しばらくハマッたことがありました。
日本に帰ったときに両親に話したら、「ヘチマは、食べられんだろー?」と、あまりにも驚くので、かえってこっちがビックリしました。
もともと野菜の知識がない私には、抵抗なく食べられたヘチマですが、逆に日本でヘチマのことをよく知る人には、ヘチマを食べるというのは、驚きだったようです。

東南アジアの野菜について詳しい著書の多い吉田よし子さんも、お嬢さんがマニラから帰国した際の授業参観の日、ヘチマを食べるという話をしたところ大騒ぎになり、父兄ばかりか先生までもが「ヘチマは食べない」とおっしゃられたそうです。
仕方なく、授業の後にお母さんがみなさんに説明されたというお話を書いています。
お嬢さんもお母さんもヘチマが大好きだったのだそうです。
実際、ヘチマはおいしいのです。
日本人もタワシや化粧水にするだけでなく、もっと食したらいいのではないかと思います。
沖縄、九州では食べているそうですが、他の地域の方で食したことのある方はおりますか?


 続いてヘチマの基礎知識です。でもその前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
【トカドヘチマ】
[学名]  LUFFA ACUTANGULA ROXB.
[英語]   ANGLED GOURD / ANGLED LOOFAH
[タイ語] ブワッブ・リヤム
[その他の名称]  糸瓜=イトウリ(日本)、絲瓜(中国)、 ナーベーラー(沖縄)、
パトラ(フィリピン)、 ジンゲ=ジンガ(インド)
[植物学上の分類]   ウリ科ヘチマ属

[原産地]  熱帯アジア、またはアフリカ
[産地]  タイ国中、特にコンケーン、ローイエット、ブリラム、ラムパーン、トラン
[食べ頃]  年中 (日本は夏)
[購入場所と値段]   2本 28B
[購入時の注意]  やわらかいもの、しなびてないもの、傷がないもの、虫食い跡のないもの

[野菜の歴史など] 
ヘチマは中国の糸瓜(イトウリ)で、母音の「イ」がとれて「トウリ」になり、「ト」がイロハで「へ」と「チ」の間なので、ヘチマ(へとチの間)と呼ばれるようになったそうです。
タイでは、

[味の特徴]  
加熱するとトロトロ、あるいはツルリと口に中に入り、甘みを楽しめます。
汁物にいれると麩のような淡白な味です。
季節によって、あるいは食し方によって土臭さや苦味を感じますが、それがいいという人とダメな人に分かれます。

[一般的な料理方法]  炒め物、スープ、味噌汁、カレーなど
タイでは、ナムプリック(タイ味噌)につけて生で食べることもあります。
また、炒め物にしたり、ゲーンリアンというスープに入れたり、煮物にしたりします。

[取り扱いのポイント] 若い実を食べます。  
陵がある分、しっかり皮を厚く剥いて、ワタも種もそのまま利用します。

[保存の仕方]
水気を拭いて、キッチンペーパーや新聞紙にくるんで冷蔵庫で保存します。

[栄養性・機能性]
水分が多く、ビタミンC(キュウリの10倍)が豊富、カロテンやビタミンB1も含んでおり、栄養価が高い野菜です。
低カロリーですから、ダイエットにもピッタリです。
抗酸化作用があり、利尿効果も高く、糖尿病や腎臓病にもよいとされてきました。
また、酵素の働きで、飲み過ぎや二日酔いにきくそうです。
タイでは、母乳の出がよくなると信じられていたそうです。

ヘチマ2


【参考】
 野菜果物辞典 「ヘチマ」
 ケンコーコム ケンコミ(健康情報口コミサイト) 「ヘチマ」
 沖縄の食雑貨 沖縄雑貨「うりずん」 
       「ゴーヤーより美味しい沖縄野菜 ナーベラー(へちま)

   

(↓) 上で押されていない方、3つポチポチポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ     ブログランキング     FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。