胡瓜の冷汁

アップロードファイル  「お世辞より 食べ尽くされた皿うれし」  (健幸575 No.160)

おいしいという言葉はもちろんうれしいのですが、自分でも味見しているわけですから、きっとお世辞だろうなぁ・・・と素直に喜べないときがあります。お世辞を言わせてしまう未熟さにへこみそうになりますね。あと、おいしいという言葉を言い慣れない人というのもいますね。おいしいものを当然に食べるような環境とか、家庭での習慣によるものかとも思いますが、何も言わず食べ人の反応って、ホントに何も感じずに食べてるのかなーと心配だったりしますが、ペロリと食べてくれるとホッとします。


健幸料理研究所は、タイで手に入る食材を利用してテーマを決めてお料理を作っています。ブログの更新は、同じ食材の料理が続きますが、過去にいろいろな野菜を使っています。また、熱帯のタイですから、四季のある他の国とは旬が違いますが、右のカテゴリから野菜を選んで過去の記事で献立作りにお役立てください。

お知らせ: 10月9日夜から12日まで留守になりますので、コメントが遅くなると思いますがご了承ください。

★今回のテーマ野菜★  ― キュウリ  
  「胡瓜の冷汁」    VEGAN
  

秋の深まる四季のある国の方々には、なんなんですが、、、冷汁です。
キュウリの冷製スープは以前から挑戦していたのですが、今回は、和製スープ、つまり味噌汁に挑戦です。
カノウユミコさんの「ベジタブルでフルコース―オードブルからデザートまで、野菜度100パーセント・レシピ 」を参考に作りました。

キュウリ味噌汁

by ☆青☆

キュウリは、生のままなんです。
生のままミキサーにかけたら、キュウリジュースとどう違うの? って感じなんですが、お味噌が入って、しっかり味噌汁です。
すごくさわやかで、クククッと飲みほしたくなってしまいます。

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
【胡瓜の冷汁: 材料】
キュウリ1本、 ダシ用昆布の細切り 大さじ1
味噌 大さじ2、 水 500cc、 ネギ・青じそ・白ゴマなど 少々

【作り方】
(1) ダシ用昆布をあらかじめ水につけておきます。
(2) キュウリを細かく切って、昆布ごと味噌を加えてミキサーにかけます。
(3) なめらかになったら、お椀にうつして、ネギや青じそ、胡麻などをかけてできあがりです。


キュウリ味噌汁2


今回は、昆布を欲張ったら(10cmくらい)、味噌もダシ入り味噌だったので、ホントに濃い~感じの味に仕上がりました。
うちにダシ入り味噌しかなかったので使いましたけど、ダシなし味噌の方がいいでしょうね。
昆布は、加熱しなくても、水に漬けておいたのと、一緒にミキサーにかけたってことで、しっかりダシの味を出せるんですねー。

こうして汁をみてたら、なんだかとっても爽やかな感じがするので、おまけでマナオ(レモン)を絞りたい衝動になりましたが、そういえば味噌汁でしたね、、、さすがにあわないでしょうね。

実際のところ、、、ジュース感覚で飲めてしまいそうです。
キュウリは、利尿作用がありますからデトックスにもピッタリ、むくみ体質の方におすすめですよ。

(↓) 上で押されていない方、3つポチポチポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ     ブログランキング     FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。