玄米キュウリサラダご飯と生野菜の話

アップロードファイル  「生野菜 冷える体は慣れ次第」  (健幸575 No.158)

よく「冷え性だから生野菜は・・・」とおっしゃる方がいます。でも冷え性は、生野菜のせいではありません。冷え性には、冷え性になる生活習慣の原因があります。食べ過ぎ、白砂糖・動物質・添加物などの過剰摂取による腸の汚れ、骨盤や背骨などの骨の歪み、運動不足、体への過保護、ストレスなどで血液の流れが悪くなるのです。生まれつきの体質だからと自分をかわいそうがっている人がいますが、生まれつきの冷え性はいません。原因があるはずです。生野菜や果物を食べると、たしかに一時的に体温が下がりますが、それが冷え性を作るのではありません。その一時的な冷えがイヤだというなら、同時に唐辛子やショウガなどを摂取すればいいだけのことです。また、慣れで冷え度がかわってくるものです。冷え性の人は、冷えた体を温められないので、生野菜が悪者にされるのです。本当の健康体は、冷え方も違いますし、冷えてもすぐに回復できます。冷え性の根本的な原因を棚にあげて、体質改善の努力をせず、ただやみくもに生野菜や陰と呼ばれる食品を避けるのはおかしいのです。
ある種の健康理論には、生を避けるべきというのもありますが、生の食材を与えないで飼育したラットの脳が小さくなり、すい臓が肥大したという話があり、さらに加熱食材だけを食べたラットは、食欲のコントロールができなくなったといいます。また野菜にガン予防などの効果があるといわれていますが、特に生の野菜にそのパワーがあるといわれています。(だからといって生だけを食べるようにということでもありませんので・・・。) これから冬に向けて、生野菜をますます避けてしまう人が多くなると思いますが、むしろ今から生野菜を積極的に食べて慣らすことをおすすめします。最初、調子が悪くなることがあるかもしれませんが、好転反応です。心配な方は、よ~く噛んで食べてください。同時に冷え性の本当の原因を見極めて、改善していってください。繰り返しますが、生野菜のせいではありません。このことに関しては、またあらためてじっくり書けるといいなあとは思っています。


健幸料理研究所は、タイで手に入る食材を利用してテーマを決めてお料理を作っています。ブログの更新は、同じ食材の料理が続きますが、過去にいろいろな野菜を使っています。また、熱帯のタイですから、四季のある他の国とは旬が違いますが、右のカテゴリから野菜を選んで過去の記事で献立作りにお役立てください。


お知らせ: 10月9日夜から12日まで留守になりますので、コメントが遅くなると思いますがご了承ください。

★今回のテーマ野菜★  ― キュウリ レンコン  
「玄米キュウリサラダご飯」      VEGAN(チーズを除けば)  
  

四季のある国での旬はすっかり過ぎてしまっていると思いますが、、、これからしばらく「キュウリ」をお届けします。
キュウリは、以前にも紹介しておりますが(→ キュウリにイボがない!)、タイのキュウリは、イボのない太くてずんぐりむっくりしたものが多いのです。
タイのキュウリ
でも最近は、日本のキュウリと同じイボのあるキュウリが出回るようになってきました。
前は、日本のキュウリだと飛びつきますと、おいしくなくってガッカリすることも多かったのですが、最近、大分、改良されてきたように思います。
今回は、イボあり、イボなしこだわらずにいろいろ使ってみました。

まずは、、、毎度、同じような料理でスミマセンが、、、

キュウリ玄米サラダ
by ☆青☆

タイキュウリは、欧米のキュウリと同じようなタイプかと思うのですが、欧米では、皮を剥いて種もとって使うことが多いようで、サラダご飯にもそのようにして使っています。
今回は、日本のキュウリを使いましたので、もちろんそのまままるごと利用しています。
緑がきれいでサラダとして映えますね。

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
【キュウリ入り玄米サラダ: 材料】 
(サラダとして食べるか主食とするかで違いますが、2人分より多いかも・・・)
キュウリ 1本
チョンプー(リンゴ) 1個、 赤ピーマン 1個、 スライスチーズ 1枚、 
パクチー(香菜) 適量、 カシュナッツ(ナッツなんでも) 大さじ1、
玄米 1合、 豆(なんでも) 大さじ1、 麦(粟) 大さじ2、 水 3カップ

(1) キュウリは、できれば薄塩に半日くらい漬けてから細かく切りますが、時間がなければ細かく切って塩もみします。白豆、麦も半日くらい水に浸しておきます。(種類により)
(2) チョンプー(リンゴ)、スライスチーズ、カシュナッツ、パクチーは細かく切ります。
(3) 玄米、豆、麦を一緒に水から茹でて、玄米が芯が残る程度のかたさに茹で上がったらザルにあげ、水で洗ってよく水を切って冷まします。
(4) 材料をすべて混ぜ合わせます。

キュウリ玄米サラダ2

豆は、種類によると思うのですが、加熱が不十分になるのが心配であれば、別に茹でて後で混ぜてもいいでしょうし、缶詰を利用してもいいと思います。
まあ、具は、なんでもアリなんですよね。

キュウリを塩水に漬けるのは、それだけキュウリがキュッとしまっていい歯ごたえになるというのと、水っぽさがなくなると思ったからです。
キュウリの塩分とチーズで味がつきますので、 他に調味料は使いません。
チーズはなくてもいいという声もありましたし、たしかにない方がよりヘルシーですから、お好みで、ということですね。

今回、玄米にタイの雑穀を混ぜてみましたら、その食感がおもしろいと好評でした。
麦かと思っていたのですが、どうも粟だったようです。
よくわからないで買っちゃっているんですけどね、、、サラダご飯には、とても効果的に働いたようです。


(↓) 上で押されていない方、3つポチポチポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ     ブログランキング     FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。