ミルフィーユ風レンコングラタン

アップロードファイル  「おいしいの 言葉のほかに ないものか」  (健幸575 No.139)

飲食店、特に高級料理店とか有名店に連れて行ってもらって「おいし~」としか表現できない自分っておバカまるだしなんじゃないかと情けなくなります。芸能人がグルメ番組で同じような状況だと、ホントは、味なんてわかってないんじゃないかと穿ってみたり。ブログ書いてて感じますが、おいしさの表現ってホントはもっと豊かなもののはずなのに、困ったものです。ワインのソムリエの授業に表現力を磨くというのがあるそうで、たしかに野菜ソムリエの授業でも、感動を伝えるための手段として、そういう授業がありました。自分で言葉を作りだすなんて高度な技は無理でしょうから、せめて、いろいろな人の言葉に耳を傾けて、自分のものとしていくことが必要なんでしょうね。
=========================


★今回のテーマ野菜★  ― レンコン  
  「ミルフィーユ風レンコングラタン」
     

レンコン料理というと、キンピラなどの和食や中華料理などが思い浮かぶのですが、洋風のおしゃれな料理にも変身できちゃうんですよねー。
大好評だったお料理を紹介します。

レンコンミルフィーユ
by sakko

写真をだけではお分かりにならないでしょうが、餃子の皮が使われてるんですよ~、だから作るのは見た目よりずっとカンタン!
ミルフィーユ風というだけあって、材料が重ねられてます。
さてさて、どんなお料理か? レシピで確認してくださいね!

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

【ミルフィーユ風レンコングラタン: 材料】  
レンコン・ニンジン・餃子の皮・バター・チーズ・豆乳・塩・コショウ
それぞれグラタン皿の大きさなどにもよると思いますので、適当な量ということでお願いします。

【作り方】
(1) レンコンとニンジンは、薄くスライスして、レンジで2分ほどチン♪ します
(2) 耐熱皿にバターを塗って、餃子の皮、チーズ、レンコン、ニンジンを交互に重ねていき、塩コショウをかけ、豆乳を加え、180℃で10~15分ほどオーブンで焼きます。トースターでも大丈夫、焦げ目がつけばOKです。


レンコンミルフィーユ2

あらビックリ、ホントに2手順で終わっちゃいました。
塩コショウは、チーズのしょっぱさを見ながら加減してくださいね。
餃子の皮、こんな風にも利用できちゃうんですねー、レンコンと合わさってもちっとした食べ応えのある感じになります。
レンコンってもっとかたいのかと思いましたが、もちっとやわらか~くおいしいんですよ。
もちっとさせるためには、レンコンを酢水にさらさずそのままあたためてくださいね。
もちろん、シャキッとしたのが好きな方は、酢水にさらしてから使うといいでしょう。

生クリームでも入っているかのような風味で、いかにも子供が喜ぶ顔が浮かんできますが、ワインにもピッタリなので大人のうれしそ~な顔も浮かびますね!
みんながハッピーな料理ってハッピー度も倍増!!


(↓) 上で押されていない方、どれでもいいのでクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ     ブログランキング     FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。