カナの葉、うまく使えるかな~?

何度も書いてますが、カナの葉というのは、とにかく立派なもので、しかもタイ人は、それをあまり利用していないとか・・・。
何かうまい使い道はないのかと、今回、☆青☆は、葉の研究に力をいれてみました。
手っ取り早いのは、スープですね。
思ったよりクセがないので、和風、洋風、中華風、どれでも合いますが、やっぱ中華風がもっとも合う気がします。
和風の場合は、一度、別に茹でてから刻んで入れるといい気がします。
カナスープ

これは、しいたけでダシをとって、しょう油味にして、卵を溶いて入れた和風中華スープです。
葉をもっとこまか~く刻んで、表面にフワーッと浮かんで緑におおわれるのもきれいで面白いです。

他に試してみたかったのが、高菜のような使い方ができないかとということで、茹でて塩水につけてみました。30分くらいかな? 
一晩漬けたままにもしてみましたが、緑の色が鮮やかなままでしたので、使い道が広そうです。
とりあえず、ご飯に組み合わせて、押寿司にしてみました。

押し寿司かな?

レシピにならなくってすみませんって感じなのですが、、、ご飯は、玄米と黒米、雑穀をテキトーに混ぜています。
それに酢と白ゴマ、黒ゴマをたっぷり。お好みでお砂糖や塩もどうぞ。
黒米が入ると、ご飯がモチッとするのと、甘みがでるので、私は、お砂糖は、使わないんですけどね。
押寿司の型があれば便利ですが、なくてもタッパーなどでできますよ。
下に葉を並べて、ご飯を入れて、さらに細かく刻んだ葉を並べてまたご飯をかけてギュッと押して、ひっくり返してできあがりです。
切り分けるのがちょっと難しいですね、包丁を濡らしておく必要があります。
そうそう、押寿司の型やタッパーもちょっと湿らせておいた方がいいです。
この時は、恐る恐る作ったせいもあり、葉をケチってしまいましたが、せっかくのカナの葉を楽しむには、もっとしっかり葉を使ってもよかったと思います。
でなくちゃ、「カナの押寿司」である意味がないですものね。

お寿司じゃなくても、、、ってことで、おにぎりです。
こっちの方ら楽チンですね。
ご飯は、なんでもいいと思いますよー、酢飯でももちろんいいし、味付けご飯とか、ごま塩タップリとか。
カナ包みおにぎり

ご飯をくるんで、ギュッと握ると、葉がギュッと締まって、ご飯にぴったりフィットするのです。
必要以上に中のご飯をギューギュー握らなくてよいので、かえっておいしいおにぎりになるような気がします。
おにぎりって、実は、おいしいですけど、栄養が足りないですよね、、、これなら、野菜もとれるってことでよいと思いません? しかも簡単だし!

・・・ということで、どれもレシピというより、単なるアイデアの紹介ですが、思った以上に応用範囲が広いってことなのです。

ついでに・・・カナの葉シュウマイやロールカナなんてどうでしょう?
かなシュウマイ ロールかなぁ

な~んてねぇ~、紹介はしてみたものの、、、ど~もイマイチでした
アイデアは、いいんじゃないかと思うんですけど~。
ふつ~にシュウマイやロールキャベツ風にしたら、それなりにおいしくなったかも、ですが、肉を使わないってことにこだわって、全粒粉とタロイモを使ったんです。
レンコンでもよかったのだけど、レンコンがなかったし・・・。
全粒粉とタロイモのバランスが悪いのか、そもそも味付けの問題もあり、あと、蒸しすぎで葉の色がかわっちゃったのも問題で、あぁ~あ、な結果でした。
料理がうまくいかない時って、へこみますね。
でも、絶対、おいしいのを作れそうな気がするので、私の研究テーマにしていこうかと思ってます。
再チャレンジだー!
う~、やっぱ、肉を使わなくちゃ、おいしいって言ってもらえないのかしら・・・って、いやいや、負けちゃいけない、☆青☆は、肉なし料理にこだわってみます!


(↓)より多くの人に見てもらいたいと思い、ランキングに参加しています。クリックで協力をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ にほんブログ村 料理ブログへ 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。