FC2ブログ

簡単にパクチーファラン パン風に!

  • カテゴリ:ハーブ
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件
アップロードファイル  「料理本 見てできたのは 似て非なる」  (健幸575 No.48 -川柳)

私の場合、特に菓子系、粉系に多いんですけどね、、、料理本のおいしそうな写真とは似ても似つかない、とか、見た目OKなのに、食べるとウッ! とか・・・。何が違うんでしょうねー、たしかに分量がアバウトな時はありますが、きちっと量ってもダメなときはダメだったり・・・。



アップロードファイル  昨日に続き、パクチーファランを使った料理を紹介します。(→ 昨日の記事はコチラ)
アップロードファイル  パクチーファランは、パクチーがダメな人には、全くダメだろうけど、パクチー好きは、はまるだろうなー。
アップロードファイル  でも、パクチーとはやっぱり違うっていう人もいますね。
アップロードファイル  そりゃ、そうだ、強烈過ぎるって人もいるよな。
アップロードファイル  タイの強烈なハーブや野菜は他にもあるじゃないですか、実を言うと、なんか、最近、強烈の尺度が・・・。
料理として紹介することはまずあり得ないと思われるタデとかドクダミとかね、あと名前も知らないようなの、タイ人、生でバリバリ食べちゃうんですよね。
それから比べたら、パクチーファランだってかわいいものかも・・・。
・・・にしても、今回の料理、上の川柳で書きましたけど、料理本とはだいぶイメージ違いましたね・・・。

ハーブパン2
by ☆青☆

アップロードファイル  なんか未来は感じたよな、みんな、ふ~ん、、、とか言いながら食べてただろ、しかし、あれだな、最後の仕上げの部分がアバウトなんじゃないか? 成形というか・・・。
アップロードファイル  大雑把な性格がこういうところにしっかりあらわれますねー。
みんな、これは一体なんなんだろう・・・って感じで食べて、パンって言われて、ふ~ん??? って感じでしょ?
もう少しフワッとすると思ったんですが、これじゃあ、チヂミとあまりかわらないかも・・・。
アップロードファイル  あとさ、パンだと思えば、薄味も納得なんだが、もっと味がするものかと思って食べちゃうんだろうな、パクチーファランも香りはあるが、味って感じじゃないからな。
いちいち説明して食べてもらうってのも変な話だが、パンだよって最初から言えば、印象が違ったかもしれんぞ。


アップロードファイル  苦し紛れにヨーグルトを出してみたんですが、、、ハハ、パクチーファランとヨーグルト、意外にあいましたね、それはある意味すごい発見かも。 
この中の「赤ピーマンの薄焼きパン」おいうお料理で、「赤ピーマンの色と甘みを生かしたフォカッチャ風。フライパンで焼けるクイックブレッド」というのをアレンジしたんですけど・・・。
アップロードファイル  赤ピーマンなんてどこにもないし、そりゃ、似て非なるものができて当たり前だろーが!


参考にした本は、こちらです。 → 



 この後、レシピを紹介しますが、その前に! クリック応援お願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
【パクチーファランの即席パン 材料】  
パクチーファラン 50g、 ミニトマト 4個 (普通のトマトでOK)
小麦粉(薄力粉) 1カップ、 重曹 小さじ1/2、 塩 小さじ1/2
ぬるま湯 大さじ2~3、 オリーブオイル 大さじ3、 

【作り方】
(1) ボウルに小麦粉と重曹、塩、オリーブオイルを入れて、水を少しずつ加えてなめらかになるまでこねます。
(2) 別のボウルに細かく切ったパクチーファランとトマトを入れ、小麦粉を少々(分量外)をまぶします。
(3) (1)に(2)を加えて軽くこね、ラップをかぶせて30分ねかせます。
(4) 好みの大きさの薄い円形にのばし、フォークの先で全体に穴をあけます。油をひかないフライパンで両面をこんがり焼きます。


ハーブパン

アップロードファイル  思ったほどパクチーファランが強烈な感じでもないんだよな、ホント、意外にもヨーグルトに合うし。
まあ、フォカッチャだと思えば、チーズもありだな、しかし、ピーマン入りのも食べてみたいなー。

アップロードファイル  パクチーファランとピーマンならきっと合うでしょうね、でも、急に思い立って作ろうとしたときにピーマンがなかったんですよー。
アップロードファイル  今度、ピーマンをテーマにしたときにでも再挑戦してみてくれよ。
アップロードファイル  そうそう、それでいうと、このレシピでパクチーファランではなく、他のハーブでもOKってことですよね。 
アップロードファイル  ・・・って、そういえば、バジルバージョンもあっただろう?
アップロードファイル  ええ、実は、この写真の半分は、バイ・ガパオ、ホーリーバジルを使ったものなんですよね、レシピがメンドーなので省略しちゃったんですが・・・。
アップロードファイル  バジルの方が万人ウケするだろうな。
アップロードファイル  バジルなら、おしゃれなブランチに登場してよさそうですね。
アップロードファイル  それって、パクチーファランじゃダメって言ってるみたいじゃないか、もっとパクチーファランを応援してあげないと。
アップロードファイル  そうですね、みなさま、個性あるパンを食べたいと思ったら、ちょっと試してみるのもいいかも???


<パクチーファラン>
セリ科ヒゴタイサイコ属 熱帯アメリカ原産 学名: ERYNGIUM FOETIDUM  
日本語: 刺葉(とげは)コリアンダー、大葉香菜、ノコギリコリアンダー、オオバコエンドロ
英語: FALSE CORIANDER, SPIRITWEED, STINKWEED
味と香りがパクリーより強烈な感じがします。
葉はかたく、ふちに刺があり、食用時には問題ないが、枯れると鋭いとげになります。
パクチーより暑さに強く、夏の初めに苗が手に入れば、夏中料理に使えます。


(↓) 上で押されていない方、どれでもいいのでクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ   にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ  ブログランキング  FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメント

トラックバック