カナじゃこでご飯がすすむ~!

カナの料理で最初に紹介するのは、まずは、誰にでも親しんでもらえる簡単料理から!
ご飯モリモリ止まらないー! カナとジャコのふりかけです。
もちろん、このままおつまみにもなりま~す。

カナじゃこ by sakko

アツアツご飯にのっけた写真もあればよかったのかも~、ですが、研究所には、できあがったのを持ち寄ってもらうので、なかなかそういう写真は、とれないんですよ~。


[材料]
カナ 茎の細い部分 6~7本
ジャコ 50g
ごま油 小さじ1、白ごま(炒ったもの) 少々、しょうゆ 小さじ1/2

[作り方]
(1) カナの茎を沸騰した湯でさっと茹で、冷水にとって水気を切り、2~3mmの小口切りにする。
(2) フライパンでごま油を熱し、ジャコを炒め、ほどよくなったところでカナを入れる。
(3) 鍋肌からしょう油を入れ、からめて出来上がり。

[ポイント]
● ジャコは、モノによって塩気が違うので、味見をしてからその塩気に合わせて味付けしましょう。
ホントにしょっぱいのは、熱湯をかけるとか、しばらく水に漬けるとかして塩抜きしてから使いましょう。
☆青☆は、タイの市場で買ったりしたら、いろいろなものが入ってたりするので(^_^;)、よく洗って、しばらく酢水につけて塩抜きします。
ジャコがやわらかくなるのと、生臭さと汚れもとれるかなぁ・・・と。
もちろん、スーパーで売っているのは、そこまでしなくても大丈夫ですよ。

● ジャコの炒め加減もお好みで。フワッとやわらかいのが好きな人は、短めに、カリカリが好きな人は、それだけ長く。どっちがいいかは、お好みですが、カナには、フワッとしたのが似合うかな? あと、アツアツ白米には、やわらかいの、玄米には、カリカリが似合いそうです。

● 大根おろしをかけてそのまま食べてもおいしそうです。大根おろしって、ご飯にかえてしゃぶしゃぶして食べるのもおいしいんですよ~。
● 刻み海苔を加えてもいけるかも?
● カナの葉っぱを茹でてから混ぜて炒めると、おつまみ風になります。


ジャコは、毎日でも食べたいカルシウム源、 一つまみが牛乳200ml一本分とも言われているんですよ~。
肉も魚も料理しない☆青☆も、ジャコだけは、常備しています。
カナもカルシウムがたくさんですから、無敵のカルシウムふりかけですね! 


(↓)より多くの人に見てもらいたいと思い、ランキングに参加しています。クリックで協力をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ にほんブログ村 料理ブログへ  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。