インゲンと豆腐が仲良く田楽に!

アップロードファイル  「昼飯に 一歩外出りゃ 水びたし」  (健幸575 No.13)
タイ正月の水掛祭り期間、大人も子供も知らない人同士でもにぎやかに水をかけあって楽しんでいます。暑さしのぎだとかお清めだとかいろいろ言われていますが、無邪気に水をかけあっている様子は、見ていてとても楽しそうです。でも、見てるだけで十分です。祭りの心構えなしに下手に外を歩いて水をかけられると、ちょっと・・・っていうか、こちらは、水をかけ返せないので一方的にかけられるだけとなり、悔しいのです。かといって、装備して出かけるほどでもなく・・・。
=========================


アップロードファイル  おいしいインゲンって、ただ茹でて、味噌をつけて食べるのもおいしそうですよねー。
アップロードファイル  そりゃそうだ、味噌和えがあるくらいだからな、味噌もあうだろ。
アップロードファイル  でも、ただつけて食べるだけじゃつまらないので、こんな風にしてみました。

インゲン田楽2
by ☆青☆

アップロードファイル  おお、ヘルシーメニューの定番、味噌田楽だな。
私は、飲み屋でいつも真っ先に頼むよ、ただ、おいしい味噌田楽をおいてる店が少ないけどな。

アップロードファイル  ハハ、タイだと味噌が甘すぎることが多いんですよねー。
アップロードファイル  この味噌は、ちょっと変わった味噌だったな。
アップロードファイル  黒ゴマ入りの味噌です、自分で言うのもなんですが、おいしかったですね、詳しくは、レシピで紹介します。

 レシピの前に! 3つクリックして応援して下さい!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
【材料】  
インゲン 6~8本、 
木綿豆腐(堅豆腐、厚揚げでも) 半丁
黒ゴマ味噌: 味噌 大さじ2、 黒砂糖 大さじ1、 酒 小さじ1、 みりん 小さじ1
ニンニク 1片、 黒ゴマ(炒ってすりおろす) 大さじ3、 オリーブオイル 少々

【作り方】
(1) 豆腐は、よーく水切りしておきます。
(2) インゲンは、筋のあるものは筋をとって、塩を入れた熱湯でさっとゆがきます。
(3) 水きりした豆腐を薄く適当な大きさに切って、少量の油で水気を飛ばすように押しながら焼き目をつけます。
(3) インゲンを1/2~1/3の長さ(豆腐と同じくらいの長さ)に切り、豆腐と交互に櫛に通します。
(4) そのまま焼いて、インゲンにも多少焦げ目がつく程度に焼きます。
(5) オリーブオイルでニンニクを炒めて取り出し、残りの材料を全て混ぜます。インゲンと豆腐を盛り付け、味噌をつけながらいただきます。


インゲン田楽4

アップロードファイル  これ、ウマいし簡単そうに見えるんだが、豆腐の水切りって結構メンドーなんだよ・・・。
アップロードファイル  ああ、それなら厚揚げ豆腐でもいいんじゃないですか。
あと、タイには、中国の堅豆腐がスーパーで売られていますからね、あれを使ってもいいと思いますよ。
アップロードファイル  ああ、そうだな、インゲンにも歯ごたえが残ってるから、豆腐もちょっと歯ごたえがあるくらいがいいもんな。
アップロードファイル  だから、しっかり水切りしたんですよね。
アップロードファイル  ただの豆腐田楽より見栄えがいいし、もちろん栄養もアップしてるわけだから、宴会にピッタリだな。
この黒ゴマソースがまたうまかったよ。

アップロードファイル  ただの味噌じゃ、、、と思って、頭を悩ませてたんですけど、結局、お料理本を参考にしちゃいました、ごま油をオリーブオイルにしたりして、ちょっとだけ違えてますけど。
PARCO出版の「Cerfeuil’s Dip & Paste」という本なんですが、わりと簡単に作れるディップやペーストがたっくさんあってワクワクしちゃいます。
こんなのありかーっていうんで、いい刺激になりますしね。

アップロードファイル  インゲンもおいしいソースに出会えて喜んでる感じだったよ。
でも、他にもいろんなソースがあるなら、試してみたいなー、じゃあ、インゲン味噌田楽、うちで作ってみるとするか。


インゲン田楽
(↓) 上で押し忘れた方、どれかクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ   にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ  ブログランキング  FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。