ブロッコリーとフワフワ豆腐のうま煮

アップロードファイル  今日は、ブロッコリーは、ブロッコリーでも、スティックセニョールを使ったお料理です。
生のままのスティックセニョールの写真がなくってスミマセンが、お料理写真でイメージつかめますかね?
アップロードファイル  それにしても、なんでセニョールなんだろうなぁ。
アップロードファイル  スティックブロッコリーとも呼ばれてはいるようですけど、あと、茎ブロッコリーとか。 
アップロードファイル  いや、そうじゃなくてさ、なんでセニョールなのかって話だよ。
アップロードファイル  ええ? そんなの誰が名づけたかわからないですよー、でもブロッコリーがイタリア語からきてるからセニョールなんですかねぇ、ミスター・ブロッコリーってことでしょ?
アップロードファイル  セニョールは、スペイン語だぞ、イタリア語はシニョールだろ、それにミスター・ブロッコリーだったら、シニョール・ブロッコリーだぞ。
アップロードファイル  そ、そんな理屈っぽいことを・・・
スティックセニョールって、日本で開発されたんだそうですね、やっぱり日本人がつけた名前なんでしょうかね。
アップロードファイル  だからさぁ~、なんでセニョリータじゃないかって問題だよー、絶対、セニョリータの方がおいしそうなのに・・・。
スティックセニョリータ! なんてかわいらしくていい名前なんだろう!

アップロードファイル  な~んだ、そういう問題ですか~、いくら女性が好きだからって、そんなことにこだわらなくても・・・
いずれにしても、まだまだ知名度が低いですが、ブロッコリーとカイランをかけあわせたものなんですよ、あっ、カイランについては、以前にとりあげてますので、ホームページをご覧下さいね!(→ カイランのページへ

ブロッコリー豆腐のうま煮
by sakko

アップロードファイル  これの魅力は、なんといっても茎のうまさを存分に味わえるってことだよな。
アップロードファイル  真っ白な豆腐に茎と蕾のグリーンがきれいですね、なんか雪の間から緑が出てきたみたいな感じで春っぽいですね。
アップロードファイル  フワフワした豆腐がソースのようでもあり、たっぷり食べられるな。
アップロードファイル  スティックセニョールは、ブロッコリーと同じで栄養いっぱい、ビタミンC、カロテン、鉄分、スルフォラファンなどなど、パワーフードと呼べる野菜です。
では、レシピを紹介します。

 レシピの前にお願い! ランキングに参加しています。3つポチポチ応援ください!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
【材料】 
スティックセニョール 6本くらい
絹ごし豆腐 1/2丁
にんにく(みじん切り) 1片、 水 100cc、 とりがらスープの素 小さじ1、
酒 大さじ1、 しょう油 小さじ1、 オイスターソース 小さじ1、
片栗粉 大さじ1/2(水大さじ1で溶いておく)、 油 適量

【作り方】
(1) スティックセニョールは、半分に切っておきます。
(2) 豆腐は、水切りをしておきます(キッチンペーパーに包んでレンジで3分チンすると簡単です)。
(3) フライパンに油をひいて、ニンニクを炒めて香りが出たらスティックセニョールを入れ、油がまわるまで炒めます。
(4) 水と鶏がらスープの素を入れて、煮立ったら豆腐をほぐしながら入れて一煮立ちさせて調味料を入れ味を調えます。
(5) 水溶き片栗粉でとろみをつけてできあがりです。


ブロッコリー豆腐うま煮

アップロードファイル  フワフワ豆腐とブロッコリーの組み合わせ、なんか気に入ったぞ!
アップロードファイル  ブロッコリー料理をどうしようかって悩む人にも、お豆腐をどうにか料理したいなーって人にもいいですよね。
アップロードファイル  実際のところ、スティックセニョールが手に入らない場合は、ふつうのブロッコリーでもいいわけだよな。
アップロードファイル  ちょ~どよく、ブロッコリーでも作ったのがあるんですよ~。

ブロッコリー豆腐
by ☆青☆


アップロードファイル  これは、ずいぶん豆腐が細かいな。
アップロードファイル  これは、どちらかというとホントに豆腐をソースのようなイメージで作ってますが、やっぱり大き目の方がしっかり食べられる感じがしますね。
アップロードファイル  向こう側に見えるのがブロッコリーの茎だな。
アップロードファイル  ハイ、硬い部分をとって茹でていますが、おいし~ですよねー、でも、実をいうと、私、ブロッコリーの茎を食べられるって知ったのって2~3年前なんですよー。
アップロードファイル  えーっ! じゃあ、それまで捨ててたのかい!?
アップロードファイル  え~、あの~、その~、実はそうですね、タイで量り売りをするのに大きな茎がついてきて、どうせ捨てる部分なのに重さ稼ぎかと不満を言ってたくらいで・・・。
それがお料理番組で食べられるって知ってビックリ! 食べたらそのおいしさにもっとビックリ!!
アップロードファイル  情けないなぁ・・・。
アップロードファイル  だって、お店でサラダやなんかで出てくるときだって、茎がついてくることってないじゃないですかー!
でも、そもそも日本人は、茎が苦手だったのかしら・・・?
スティックセニョールは、日本で開発されたのに、日本ではウケなくて、アメリカに渡って、アメリカで大ウケして帰ってきたそうですよ。
アップロードファイル  アメリカ人は、健康野菜に敏感だからなー。
しかし、日本人は、アメリカ人がいいっていうと信じるのかねー。

アップロードファイル  まあまあ、凱旋帰国のスティックセニョールをしっかり応援してあげましょう!
あっ、もちろんタイにも売ってますよ!
そういえば、スティックセニョールで調べると、アスパラガスのような味と表現しているのが目立ちましたね。
アップロードファイル  いやぁ、やっぱりカイランに似てるだろ~、まあ、カイランはブロッコリーのおにいさんみたいなもんだし、兄弟力をあわせてかわいい妹を育てたってことだ、、、となると、やっぱりセニョリータの方がピッタリじゃないカー!?

(↓) 上で押し忘れた方、がんばって書いていきますのでクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ   にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ  ブログランキング  FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。