【コールラビ】 異界から届いた野菜⁉ 見た目よりずっと使いやすいの!

先日紹介したロマネスコを宇宙の食べ物みたいと言われた方がおりましたが、このコールラビもなんかそれっぽい奇妙な姿ですよね~。

20150130コールラビ(5) (520x388)

今年になって何人かに「これ何?」とか「どうやって食べるの?」とお問い合わせをいただいておりました。
写真は、タイのロイヤルプロジェクトで買った物ですが、他にオーガニック野菜販売店など限定された場所でしか買えなくて、なんかおしゃれな野菜のイメージです。

20150130コールラビ (3) (520x388)

が、ベトナムではゴロゴロ売ってました。

20150130コールラビ (520x388)

20150130コールラビ (1) (520x390)

天秤でも!
それほど身近な野菜なんでしょうね。
やっぱりフランスの影響かしら~?
でもどうやって食べてるのか、、、漬物にしてそうな気もします。

日本名がカブカンラン(蕪甘藍)とかカブタマナ(蕪玉菜)とか言われるうように、日本人は、蕪料理を応用してもらうといいですね。
タイでは、いい蕪が手に入らないので、蕪変わりに使いたいです。

皮はかたいのでしっかり剥いて、生でも加熱しても食べられます。
私は何度か買って、やっぱりてっとり早くスープにしちゃいましたが、コールラビが主役となれるような食べ方をもっと考えたいところですね。




ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。