眺めていると手を合わせたくなるありがたい果実

ブッシュカン (仏手柑)
Buddha's hand

これまた縁起がいい幸運をもたらすと言われる果実です。
タイでは数えるほどしか見たことがありませんでしたが、ベトナムでは山のように売られてました。

20150106(5) (640x478)

とにかく香りがよく、お寺のお供物になることが多いようです。

20150106(1) (640x640) 20150106(2) (478x640)

なんか「ちょっと私の代わりに拝んどいてよ! 」な感じもするんですけど。
ほとんど皮からできてるようなもので切っても白いので、食べるのはオレンジの皮を食べるような工夫が必要です。
ユニークな形で名前の由来も納得、最初、名前を思い出せず、「あ、わかった、 千手柑だ!」なんて口にして、後で正解を思い出して一人でウケてました。

20150106(3) (640x478)

日本語も中国語も英語もありがたい名前をつけてるのに、仏教国のタイは、ส้มโอมือ(ソムオームー)なんですよね〜。なんかこだわりがあるのかしら…?

20150106(4) (478x640)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。