縁起のいいガックからスタート!

新年おめでとうございます!





今年は年女なので、笑って過ごしたいと思います!

今年の目標は、このブログを活性化させること! ナンテ(^^;;
Facebookで野菜と果物についてつぶやいていくので、同じ内容になりますが、できるだけこちらにもアップしたいと思ってます。



今年最初に紹介するのは、縁起良さげなベトナムの市場で見かけたガック、ナンバンカラスウリです。
Gac fruitsという英語、ベトナム語からきてたんですね。
ベトナムでは、正月(テト)や結婚式に赤く熟した種とその周りを使って赤飯を炊いて祝います。
それにしてもタイで見かけていたのより一回り大きくてビックリ!



念願の赤飯も目にしました。
食べてみるべきだったかしら…σ(^_^;)



中国南部、東南アジア原産で、タイにもฟักข้าว(ファクカオ)と呼ばれて昔からあったようですが、たまに未熟な野菜として利用されるくらいでした。

長いこと世界に知られていませんでしたが、その栄養と機能性が注目されてから、ジュースになったり粉末やらカプセルやらに加工されるようになりました。

何がすごいって、トマトの70倍のリコペン、ニンジンの20倍のβカロテン、オレンジの40倍のビタミンCが含まれているそうで、赤飯を食べたベトナムの子供の血を調べたら、βカロテンの濃度が非常に高かったとか。抗がん作用だけでなく、ダイエット食品としても注目されているようです。
タイでもジュースをよく目にするようになってきましたので、一度お試しあれ!
まあ、一度飲んだだけてどうなるもんでもないでしょうけど(^^;;
ニガウリと同じ仲間なので、ベランダで自分で栽培するのもいいかも?
ガセサート大祭りで種を見かけましたよ~!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック