鳥の血の芋!? ビックリ山芋を発見!

タイの情勢は、王様のお誕生日前後こそ休戦状態でしたが、月曜にはまたなんか動きがあるようで…(-_-;) ちなみに火曜日が祝日なので、明日は、オフィス街は静かなものでしょうね。
さて、しばらくは、宣伝を冒頭に持ってきちゃいます!

仲間10と一緒に電子書籍を出版しました!
この機会に電子書籍を初めて利用して、その利便性にビックリ! という方が続々!
電子書籍に興味がないと思っている方、気になっている方、ぜひお試しください!



ということで、本文ですが、また、オモシロイ野菜を市場で発見しちゃいました。
またまた市場で発見! こんな発見にワクワクできる私ってシアワセ!

紫山芋1

มันเลือดนก (マン・ルアット・ノック)
単にマン・ルアットとも言います。
直訳すると「鳥の血の芋」という不気味な名前になってしまいます。
サツマイモのようにも見えますし、カットしたところはビーツのような、なんかレバーっぽくも見えるので、たしかに血の芋というのも納得してしまうような見た目です。

紫山芋2

食べてみると、ナント、ヤマイモそのもの! 
日本語は不明ですが、沖縄に似たようなイモがあり、中国では、紫山芋とか紅山芋と呼ばれます。
タイ人に聞くと、生では食べないようですが、ヤマノイモ属っぽいので、多分、OKでしょう。
・・・ってことで、食べてみました(^_^;)

紫山芋3

OKです、イケます!
写真に撮り忘れましたが、ふかしたのを塩をつけて食べてみました。
おにいさんには、「こんな家庭料理っぽい食べ方じゃなくて、もうちょっとさ~」とブツブツ言われてしまいましたが・・(-_-;)
でも、卵焼きやお好み焼きに混ぜるっていうのも不気味だし…。
すったらスゴイ色になるだろうし・・・。

いや、やっぱりやってみましょう!

紫山芋4

なんとまあ、美しい色なんでしょう。
しかも味は、ヤマイモそのもの!!
納豆とオクラといぶりがっこを混ぜちゃってますが・・・上手い!
美味しすぎてご飯がすすんじゃって、思ったより酒がすすまず、、、まあ、健幸にはそれでよかったんですかね。

この芋、12月から2月くらいの限られた時期しか出回らないんですって。
今のうちにいっぱい食べちゃいたいです!




ズッシリ重い(苦笑)紙の本、弊著「南国(タイ)の野菜たち」もよろしくお願いします。
タイの野菜情報やレシピがたくさん載っています!
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでもお求めいただけますが、SALADeeでお買い求めいただくと割引があります。 
タイ在住の方、タイ好きの方、野菜好きの方はぜひお求めになってみてください!!
残念ながら、日本(アマゾン)での販売は、終了となりました。日本在住の方で欲しい! という方は、メールやFBメッセージなどでご連絡ください。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。