ヒヨコマメ豆腐弁当

タイの洪水のニュースは、最初に浸水した工業団地が回復してきているニュースが入ってきたりして、なんだかやっと先が見えてきた気がします。
でもまだバンコク中心部は攻防戦といった状態らしく、そのギリギリのラインに家がある友人たちは、毎日、避難準備をしながら出勤して、恐る恐る様子を見に帰って・・・の繰り返しで、もうすっかり憔悴しちゃってます。
水が来ないのはありがたいけど、来ると覚悟してそれなりの備えもしてきたので、逆にさっさと来てくれた方があきらめがつく…という複雑な気持ちのようです。

さて、毎日、何をしてるんだかよくわからないけど時間だけが過ぎていきますが、、、とりあえず、お弁当の記録だけは・・・とフェイスブックに写真は載せるようにしているのですが、やっぱりもうちょっと説明も加えたいし、使ってもらえそうなレシピはお知らせしたいので、出来る限りこっちでもアップしようかな、とも思ったり…。
健幸弁当屋開業日記ってことで見守っていただけるとうれしいです。

しかし、、、今日こそは早起きしてタラート(市場)に行くはずだったのに、昨日、おにいさんが日本から帰って来て夜11時ごろに帰宅したものだから、そっからいろいろしゃべってたらまた午前1時近くの就寝となってしまい、、、またもや寝坊。
なので思ったのと違うのが出来てたりもしますが、メインは昨日から仕込んでいたヒヨコマメ。
今日のお弁当の名前は「CHICK PEA TOFU BENTO(ヒヨコマメ豆腐弁当)」ですかねぇ。

20111115ヒヨコマメ豆腐弁当

緑がメインだからカメラの色の調整が難しくって…(カメラというか最近すっかりタイマンで携帯なんだけど)、ただでも色がさみしい弁当なのにど~もおいしそうに見えませんねぇ。

(1) ヒヨコマメ豆腐 

主役の割にテカッてなんだかわからない状態に写ってますが、、、左上の黄色がヒヨコマメ豆腐です。
先日、粉からも作ってみましたが、やっぱり豆から作った方がおいしいかも!
オカラもできますしね、オカラは冷凍してますが、どう使おうかワクワク。

容器が大きくてスカスカなので、周りにパクチーのマナオ和えを添えてみましたが、おにいさんからクレーム
パクチーがキョーレツ過ぎてヒヨコマメが死んでる…と。
やはりあんかけ風の和風だれでおいしくいただきたいそうな。
スカスカをどうするかが問題ですが、、、そのうちリベンジします。

ちなみにパクチーには、マナオをいっぱい絞ってますが、変色しないんですねぇ。

(2) ザクロと春雨のサラダ

春雨サラダにピンクのかわいいザクロをちらしたら、きれいなサラダができるんじゃないかと思ったんですが、、、ザクロの種が大き過ぎで食べづらかったです。
高級ザクロは、種が気にならないみたいなんですが、3個100バーツがいけなかったんでしょうか、もっと安いのもあったし、高いのもあったんですが・・・。
飾りで数粒散らすくらいにするのがよさそうです。
おまけにホウレンソウ(冷凍)も混ぜてるんですが、マナオを絞ったら色が… 普通の青菜はそうですよね。

(3)プルーン

真ん中の小さいコーナーは、デザートか漬物か…と思っているのですが、今日は手抜きでプルーンそのまま入れちゃいました。
ホントは、プルーンの洋酒漬けにしたいところ。

(4) トウガンのグリーンピースソースがけ

グリーンピースとキノコのソースなんですが、かけたというよりその中でトウガンがおぼれている状態、、、これもおにいさんからブッブーとなりました。
何も知らずに食べる人は、ソースが不気味に思えるらしいです。
それにトウガンのよさが消えてしまうので、ちょこっと上にかけるくらいがいいみたい。
これもそのうちリベンジ!
トウガンは、安いしドーンと使える食材なので、もっと研究したいですね。

そうそう、思ったより見た目がさみし過ぎたので、蕎麦の実をちらしてみました。

(5) ひじき玄米ご飯

今日は、和食という感じでもないので、ひじきもちょっとフュージョンにオリーブオイルとニンニク・マナオ・塩で味をつけたものをご飯に混ぜました。
ひじきというとしょう油で炒め煮のイメージですが、オリーブオイルと塩だけでもおいしく食べられるんですよ。
くこの実は、色のアクセントのためにちらしてみました。

実験弁当とはいえ、、、タイ人に食べてもらう勇気はまだなく、、、いやぁ、日本人にも難しいかなぁ、、、
あとニンジン、パプリカ、トマトなど赤でもうちょっと華やかにしたいですね。
あー、なんか悶々と自分の中で言い訳したり思ってたことを書きだせたのでスッキリ!
明日こそ早起きします!!


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック