それぞれの支援のカタチ、私の選んだ道

お天気もよく一見、相変わらず平和な週末を迎えているシーロム地区です。
昨日は、日本の方にも親しまれているチャトチャック・ウィークエンドマーケットのあたりまで水がきたし、知り合いが多く住んでいる西側ラマ2世通りに水がいくのは避けられず、日曜日にも水が流れ込むという情報が入り、いよいよかーとちょっとだけ緊張しちゃいました。
でもやはり、私自身は、朝起きるとやっぱりいつもと変わらぬ毎日がスタート、変わらぬ朝を迎えられたことに感謝、感謝です。
少しでも被害が少なく済むよう、、、このまま水が広がらなければいいような、さっさと終わって欲しいようなフクザツな気分です。


さてさて、前にご案内しておりましたが、昨日は、日本に一時帰国している友達たち「ヤマトナデシコ in Thailand@Tokyo」の方々がタイの洪水被災者向け支援チャリティイベントを開催しました。
早速にビデオが届きました!



みんな一時帰国中のあわただしい中、よくこれだけ準備されたなーと感心してしまいます。
義援金は、1日で246,430円も集まったそうです。
でも金額の多寡ではなく、このビデオになるようなタイという国、タイの人たちへの支援の気持ちが大事なのだなぁと思います。
そしてそういう気持ちって伝えあうことが大事だとも思うのです。
恩をきせるというのではなく、前にツイッターでタイ人が勘違いして日本人がタイを「#タイ洪水」を利用して応援してくれてる! ってすごく喜んでくれたのですが、その時につくづくと思いました。
伝えるだけでも喜んでもらえるのだなーと。
昨日のイベントは終わったばかりですが、支援は、これからずっと続けていきたいですね。


そして、次なる日本でのイベントのお知らせ!
大阪のみなさん、注目でっせー

バンコクでヨガを教えているナツ先生が、チャリティーヨガを行います。

日時: 11月12日(土曜日) 
場所: ヨガスタジオ Foresta 大阪市中央区平野町2-5-14 FUKU BLD,三休橋4F

クラスの内容、お申込み等の詳細は、コチラのページをご覧くださいませ。
女性にうれしい講座が用意されています。



フェイスブックやツイッターをみてても、日本人でもタイで土嚢を詰めるボランティアに参加したとか、支援の品を発送する手伝いに行って来たとか、自ら行動している人たちの多さに驚いたり感心したり。
私も何か…と思うのですが、これはタイの洪水に限らず、東日本大震災の時からずーっと考え続け、そしてこれからも考えていかなければいけないことだと思っています。

そこでとりあえず出した答えは、やはり私は、私の好きなコトをとことんつきつめて、私自身が幸せになりながら周りの人が幸せになったらいいなあということです。
私の頭の中に常にあるのは、マザーテレサの言葉。(こちらから引用

マザー・テレサが、良く口にする言葉がある。「大切なことは、遠くにある人や、大きなことではなく、目の前にある人に対して、愛を持って接することです」。実は、初来日の際にも同様のことを言っているのだ。「日本人はインドのことよりも、日本のなかで貧しい人々への配慮を優先して考えるべきです。愛はまず手近なところから始まります」(1981年4月、初来日の際)。

彼女を助けたい、インドに行って手伝いたいという日本人に向かって、マザーは叱咤したそうです。
なんかガツーンって来ましたね、助けてくれるのね、ありがとう、じゃないところがマザーです。

世界中を見回せば、いつでも不幸な人がいて、あっちもこっちもと思うのだけれど、当然に自分の体は一つだけ。
自分が何をするべきかを考えた時、マザーのように全てを捧げて活動することもすばらしいけれど、みんなができることをしてその輪を広げていけば、それでみんな幸せになるんじゃないかなーと思うのです。

そこで思うのですが、そのためにお金儲けをすることは、ちっとも悪いことではない。
金儲けと言うと、日本人は悪いイメージを持っている人もいるけれど、正統な手段で稼いで、そのお金をちゃんと社会にまわせば、お金っていうのはすばらしいものだと思うのです。
そこで、稼ぐためにどうするか・・・と考えると、やっぱりできることは限られているし、いくら儲かる話だからといって、キライな事を毎日続けるのはどうかと思うし。

やっぱ、好きなコトしなくっちゃ!
私の好きなコト --- そりゃ、もちろん食べて飲むこと
いやしかし、単に食べて飲んで騒いでるだけじゃ、体壊して不幸になりますんでねー、そんな本能のままに動くだけじゃダメでしょー
やっぱり、健幸的に食べて飲んで騒いで が、大事なわけですよ。

そこで考えに考え抜いたわりには平凡な答えではあるのだけれど、、、とりあえずお弁当屋さん、それからお惣菜屋さんかカフェか、そしてパーティー屋さんを始めます!
パーティー屋さんは、もっと後になるので、それはもう少し形になってからお知らせするとして(いつになるかわかりませんけど)、料理修業・ビジネス修行を兼ね、まずはお弁当屋さんを細々と始めます。
お弁当屋さんは、読んでも字のごとくで・・・
私のことですから、健幸弁当ですけどねー、これがタイでどこまで受け入れられるのかまーーーったく未知数。

とりあえずお弁当容器を探さなくっちゃ・・・と、これまた知り合いに頼んでとりあえず3種類を試してみました。
そうそう、こういう「知り合いに頼む」というのは、安易なようでしょうけれど、これぞ周りを幸せにしていくことなのだと思ってるんですよねー。

10月末のバンコクに避難のすすめが出ていた非常事態の中、食材をどこまで買い込むべきか悩みながらの乏しい冷蔵庫の中身で作ったお弁当たちなので、公開するのもどうかなーと思いつつ、、、

20111026弁当

うわぁ~、地味
非常事態の場合は、食料を買い込むべきだと思うでしょうが、停電になったら冷蔵庫のモノはパーになるので、冷凍・冷蔵が必要なものは、むしろ買い控えていたこともあり、、、葉野菜がありませんねー。

20111027弁当

やはり葉野菜はないのですが、少し明るくなるようにしてみました。
しかしこの2種類の弁当箱は、実際にタイの日本料理のお弁当デリバリーで利用されているものなんだそうですが、大きいんですよねー。
みんなホントにこんなにいっぱい食べてるの~? とビックリかも。
真ん中にドーンと揚げものだのメインのおかずが来るからなんでしょうねー。

オモシロイのが、上の四角いのは、タイ人がやっている日本料理屋さんが好んで使って、下の長方形のが日本人がやっているお店が使うそうです。
それは、白いご飯をどーん! とみせるかどうかの価値観の違いなんだそうです。

20111028弁当2

私の基本は玄米なので、白い容器の方がよさそ~です。

ーーーという結論になったのに、ただ今、一番上のしか在庫がないそうで(本来個人には売らない)、どうやらしばらく四角いタイプでお試ししていくことになりそうです。
これからも練習作を作ったらアップしていくので、みなさんのご感想、お聞かせくださいね。

とりあえず商売の形にするには半年くらいかかるでしょうし、本当に儲かるのかどうかドキドキ状態っていうか、失敗したら逆に多くの人に迷惑かけて不幸にしちゃうわけですから、本気で挑まなければいけません。
仕事も来年早々、引き継ぎが終わったら辞める予定です。
「その年になって、そんなメンドーなことしなくても」とか「今のうちに好きなこと、とことんしてみたらいいですよ」といういろんな意見に揉まれながら、恐る恐るのスタートです。

でも、働いて儲かっていれば、とりあえず従業員だけでも幸せにはできますよね。
早速に洪水で仕事を失くした人が手伝わせてほしいと言ってたりするので、やはり私のやるべきことは、この道かと思い始めています。
儲かるのかしら、、、おにいさん曰く「おいしければ大丈夫!」
ううう、それがイチバンムズカシイのだー、なんせ健幸弁当、ガッツリ系もなく、タイ人が慣れ始めたあるいはあこがれているかつ丼、カレー、やきそば、ラーメンなどの日本食とは全く違うわけだし…。
日本人でも「肉がガツンと入ってない弁当なんて」とはっきり言う人もいますからねー。

これからいろいろ準備で大変になるので、ブログアップも頻度が下がるか短くなるかだと思います。
それより何より、多分、みなさんのブログにお邪魔するのは、ほぼムリな気がします、すみません。
それでもおつきあいいただける方は、この先もどうぞよろしくお願いします。



ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)



弊著「南国(タイ)の野菜たち」には、タイの野菜情報やレシピがたくさん載っています!
日本国内の方は、アマゾンでどうぞ!(書店では販売しておりません。)
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでお求めいただけます(よく売り切れになってますが、頼めば入荷します)。
タイ在住の方、タイ好きの方、野菜好きの方はぜひお求めになってみてください!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。