健幸料理教室「豆腐」の巻

バンコクに水が押し寄せてくる―っ! と、やや騒ぎが大きくなりかけてる中、お料理教室開催しました。
生徒さん、さすがに少なかったです。
お子さんの学校が休みとか、ご主人の工場が被災して家にいるとかで、思うように家を出られない方が多かったようです。
さらに自宅待機だの一時帰国命令が出いる会社もあるらしく、そんな中で参加してくださったみなさま、ありがとうございました!
少人数な分、品数多く、あれこれ試せておもしろかったですね。

今回のスミタカルチャーセンターでの健幸料理教室のテーマは「豆腐」でした。
な~んだ…なんて言うなかれ! いや、私が生徒だったらちょっとな~んだ…って思うんじゃないかな―と

豆腐は、特に女性の美と健康には不可欠、健康長寿のためにも全ての人に積極的に食べて欲しい食材です。
1日1丁をめざしましょう!
でも冷奴ばかりじゃねぇ~

豆腐というと日本というイメージでしょうが、やはり本家は中国。
中国の長寿の村は、豆腐をたくさん食べているんだそうで、日本人が知らない豆腐もたっくさん。
日本人は、長く保存できるのはアヤシイとかすぐ言っちゃいますけど、昔からの知恵で長期保存できる豆腐もあるんです。
タイは、中華系の方が多いので、豆腐はたっくさん食べています。
せっかくタイにいるので、彼らを見習って、もっともっと豆腐を工夫して食べていきたいですね。

授業では、こんな豆腐もあるのよー! っていうのをまず紹介。

20111020スミタ健幸料理豆腐13   20111020スミタ健幸料理豆腐14

干豆腐と百頁。
中国では、「豆腐干」と呼ばれている一般的な豆腐です。
長く保存でき、ギュッと豆腐が凝縮されているので栄養も満点、食べ応えがあります。
細く切った、中華や台湾料理屋で、これを細く切った豆腐干絲の料理もよくありますね。
百頁は、濃いめの豆乳を布に流し込んで1枚1枚かためた、まさに布や紙のように薄い豆腐です。
これを細切りしたのも豆腐干絲というのか、その辺、よくわからないんですが、麺のように使うことができて便利です。

私の期待通り(?)、生徒さんたち、ご存じなかった方が多かったので、これを早速料理してみました。

20111020スミタ健幸料理豆腐08

欣菜(タイセロリ、中国セロリ)との和え物。
豆腐もセロリもお好みの千切りにして、豆腐を軽く茹でてゴマ油、塩、ニンニクと和えるだけのチョー簡単料理。
なのにウマウマー!
パクチーでもいいし、ニンジンやキクラゲを加えた豪華版もいいですね。

20111020スミタ健幸料理豆腐02   20111020スミタ健幸料理豆腐04

干豆腐のコロコロステーキ風。
干豆腐は、中国のベジタリアンが肉がわりに使うこともあるそうで、料理次第でいろいろ楽しめそうです。
炒めものに入れるとちょっとソーセージっぽかったり。
このコロコロステーキ風は、お好きな味付けをして炒めてね、と生徒さんにお任せ状態。
カレー粉を使ったチームと、ニンニクとトウガラシを使ったチームがありました。
どっちもおいしかったー!
小麦粉か片栗粉に味をつけてまぶすだけ、もともと堅いので揚げなくても表面だけ焦げ目がつけば大丈夫!
味つけは、シンプルに塩コショウでもゆかりとかふりかけでもオモシロイですよ。

さて、次は、この機会に中華食材と楽しみましょう!・・・ってことでドーンと登場!

20111020スミタ健幸料理豆腐11

ザーサイです。
これを豆腐に混ぜて、他にもいろいろ具をいれてかためて、あんをかけていただきました。

20111020スミタ健幸料理豆腐09

もう一品、中華食材を使ってみました。その食材の写真はないんだけど、、、わかりますかねぇ?

20111020スミタ健幸料理豆腐01

ピータン豆腐です。
台湾屋台では、ピータンも豆腐もそれぞれ別々に切ったのが出てきますが、これは簡単料理、ガーッと混ぜちゃえー!ってことで混ぜ混ぜしたものです。
見た目なんなんですけど、これがなんだかミョーにうまいんですよ。
白身(黒いけど)はみじん切り、黄身(これも黒いけど)はフォークなどで潰して、水切りした豆腐と混ぜ混ぜ、醤油やネギ、生姜、ゴマ油などお好きな薬味でどうぞ。

20111020スミタ健幸料理豆腐07

昨日も紹介した胡桃を混ぜた白和えも作っていただきました。
本当は、パパイヤなどの果物を加えたかったのだけど、買う時間とパワーがなくって、、、すみません。

20111020スミタ健幸料理豆腐05   20111020スミタ健幸料理豆腐06

雑穀のお粥と残り物をあれこれ混ぜたスープと一緒に。

20111020スミタ健幸料理豆腐03

市販の干豆腐の五香粉味とカラメル味(!)、さらに私が持参した豆腐の漬物、梅酢漬けと味噌漬けも一緒に試食。
漬物は、長期保存できるので便利ですよ!
でも思った以上に味がしっかりしみるので、漬け汁の味は調整してくださいね。

あっ、ここで腐乳を出すのを忘れちゃいました~。
中国人は、腐乳をお粥と一緒に食すのだそうで、それも試してみようと持参してたのに…。

最後は、やっぱり

20111020スミタ健幸料理豆腐12

家で作って来たデザートもお出ししました。
チョコバナナ寒天です、豆腐、豆乳、バナナ、ココアの最強デザート!?

20111020スミタ健幸料理豆腐10

ハイ、みんなでいっただきまーす!
豆腐ばっかりなのに、すっかりお腹いっぱいでした。

来月は、今年最後の健幸料理教室、テーマは「雑穀」の予定です。
11月17日(木) です、お問い合わせは、Tel: 02-714-0809 ~10 スミタカルチャーセンターまでどうぞ。
その頃には、洪水騒動も静まって、たくさんの人と笑顔で会えるといいですね!!


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。