焼きナス丼 ゴマ油の香りと生姜醤油でゴクッ!

タイの洪水、政府やバンコク都が必死にバンコク(だけ)守って、安全宣言を出してはいますが、まだまだ予断を許さない状況です。
それよか、明日には、スミタカルチャーセンターで健幸料理教室があるんですけど、生徒さんがキャンセル続いて参加者が少ないのはまだ仕方ないとして、テーマにしようとしている「豆腐」がスーパーから消えてる~
先週の時点で、とっくに水やインスタントヌードルは、高い輸入モノをのぞいてすっからかんになっているのだけど、なぜに豆腐まで!?
洪水の影響で流通が滞っているか、単にうちの近所のスーパーの在庫管理の悪さか・・・。

全体にスカスカのスーパーの棚で、木綿豆腐は売り切れで、絹ごし豆腐が3つだけ残ってると、やっぱりなんか焦って3つとも買っちゃいたくなりますねぇ。
実際のところ料理教室の実験用に必要なのですが、タイの豆腐は充填豆腐なので日持ちもするのです。

う~、早くこの状況、なんとかならないのかしら、雨季明けはもうすぐなんですけど、18日が山場っていってたのに、まだ続く模様…

そうそうバンコクで安全な場所にいるみなさん、ある程度の買い出しはわかりますけど、あまり極端な買占めはやめましょう。
被災者に必要なものが行き渡らなくなってしまってます、特に水だそうですので、よろしくです。

さてさて、日本でちょこっとだけ秋を満喫してきましたが、タイもちょっと涼しいので気分はすっかり秋モード
とはいっても、秋田は、すでに冬モード、タイは日中33度になるんですけどね
なんか無理やりな前置き、、、「秋と言えば・・・で思いつく食材はいろいろあるでしょうが、ナスもその一つですね」ってことを言いたかったのでした~

「秋ナスを嫁に食わすな」って言うじゃないですか
秋ナスがうまいからだとか、アクが強いからだとか、体を冷やすからだとかいろんな説がありますね。
あぁぁ、、、でも実は、嫁に食わせない秋ナスの秋って旧暦だから、ナスってやっぱり夏野菜です。。。

それは置いといて、、、何度も紹介してますが、タイで一般的な長ナスは、焼きナスにすると日本のナスよりおいし~
(日本にも焼きナスにピッタリなおいしいナスがあるかもしれませんが、食べてない…)

20110908長ナス

焼きナスの食べ方で私がイチバン好きなのは、ゴマ油で焼いて生姜醤油でシンプルに食べると言うモノ。
先日、私が用事で遅く帰って、おにいさんが台所に立っていたのですが、ただいま~! と帰った途端に、胸がキュンとなるような香りが。
あっ、焼きナスだー!!
これ、ホントにご飯にも酒にもよく合いますよね、あまりに合うのでご飯にのっけちゃいました。

20111017茄子丼1

 焼きナス丼

(1) 生姜をすりおろしておきます。
(2) タイのナスは皮が厚いので、皮は剥いちゃって、縦横それぞれ1/2~1/3に切ります。水につけてアクをとります。
(2) フライパンにごま油をひいて、ナスを焼きます。両面を強火で焼いてから、大さじ1程度の水をくわえて蓋をして中火にして蒸し焼きにします。
(3) 生姜としょう油をざっとまわしかけて味をからめて、熱々をご飯にのっけます。

蒸し焼きにするのは、タイのナスのトロトロ度をアップさせるためですが、薄めに切って火が通りやすかったり、歯ごたえが残る程度のナスがよければ不要かとも。

20111017茄子丼2

メインがシンプルなので、スープは具だくさん。
酸辣湯もどき、でした。
他にもおかずはあったはず、、、ですが、写真に撮るほどでもなかったようです。

焼きナス、多めに作っておいて、当日はそのまま食べて、翌日にお弁当のご飯にのっけるのもいいですよね。


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック