東北に来てね! ニッポンの夏、満喫満腹旅行記(10)最終回

  • カテゴリ:日本
  • コメント:4件
  • トラックバック:0件
八幡平温泉郷について書いたので、ついでにもうちょっと地元の宣伝をして、夏の旅のレポートを終わりにしたいと思います。

20110812日本秋田231

ふたたび八幡平温泉郷入口の看板ですが、、、この看板のすぐそばに「志張(しばり)温泉ホテル」がありました。
ハイ、過去形です。
母方の祖父の土地でしたが、今から35年ほど前、ボーリングで温泉が出て、土地や権利を売ってホテルが建ちました。
ホテルの中には、祖父の親戚専用の部屋を用意してもらっていて、やがてホテルが繁盛したので、その部屋も譲ったほどだったのです。
毎日のように家風呂かわりに利用して、そしてインベーダーゲームにはまったという思い出の温泉です(ろくな思い出じゃないね…)。
何年前だったかしら、、、時代の流れというんでしょうかねぇ、親会社の経営の問題もあり閉鎖してしまいました。
今は、こんな姿になってしまいました。

20110812日本秋田233

雪の重みでつぶれてしまったのだそうです。
仮にもホテルとして経営していた立派な建物だったんですけどね、人がいなくなった建物のもろさというのか自然のすごさというのか、なんだかちょっと切なくなりました。

さて、前回の話と前後しますが、銭川(ぜにかわ)温泉への散歩途中で子供の頃には気がつかなかったいろんなものを発見しました。

20110812日本秋田223   20110812日本秋田224

秋田蕗です、大きさ、わかるかしら?
おにいさんが感動していたので、これはカンドーものなのか、、、と気がついた次第。
本当の(?)秋田蕗は、雨宿りができるくらいにもっともっと立派です。

では、この道端に転がっていた実、これは何かわかりますか?

20110812日本秋田204

何年か前に同じように近所を散歩して、おにいさんに同じように質問されたのですが、わからなくって思いっきり呆れられたことがあります。
見上げてみると、、、

20110812日本秋田272

アップで見ると、、、

20110812日本秋田208

アップで見てもわからないものは、わからな~い!
これは、ナント、胡桃なんだそうな。
えーっ 胡桃ってこんな風になるの~? とビックリ。
えーっ こんな身近にあるのに知らなかったのー!? と、逆に驚かれてしまいました。
う~ん、、、子供の頃、何して遊んでたんでしょうねぇ???

20110812日本秋田226

8月上旬の栗の木、今頃、食べごろになってるかしら?
栗拾いはよくしましたよ。

20110812日本秋田268

それから山ブドウ狩りも。
まだ実はなっていなかったようですが、葉っぱが道路までやってきて、なおその先を伸ばそうとしている姿にたくましさを感じます。

そうそう、この間、イタリアンに行って飲んだワインが甘くてアルコールをあまり感じず、思わず「このワイン、葡萄酒みたい」と、わけのわからないことをつぶやいて笑われてしまいました。
私にとっての「葡萄酒」は、山ブドウジュースのことなんです。
子供の頃から山ブドウジュースをずっと飲んでいたのですが、この話をタイにいる同じ鹿角(かづの)市出身の酒飲み仲間のお姉様に話したら、すぐにわかってくれました。
同郷っていいですねぇ~

(これは岩手産)

===

八幡平頂上は、紅葉シーズンが終わってしまうとすぐに雪が降り出して、ゴールデンウィーク頃まで通行止めになってしまうという雪深いキビシー土地です。
こんなところで商売するのは、ホント―に大変。

紅葉シーズンには、キャンペーンやらイベントも用意されていますので、東北旅行を計画している方は、お立ち寄りになってはいかがでしょうか?

 秋田八幡平温泉郷のサイト
 十和田八幡平観光物産協会
 秋田八幡平スキー場

ちなみに八幡平温泉郷にある温泉は、やはり湯治で有名な硫黄の香りのする玉川温泉、日本一の強酸性泉の新玉川温泉、露天風呂が充実している蒸ノ湯(ふけのゆ)温泉、「馬で来て足駄で帰る」と言われるほど効能豊富で泥風呂など珍しい風呂がたくさんある後生掛(ごしょうがけ)温泉、今年になって経営者がかわってリニューアルした志張(しばり)温泉などなど、じっくり滞在して温泉巡りをしたくなるほど充実しています。
(本当は、もっとあったんですけど、土石流でなくなってしまった温泉や経営難で閉めてしまったところもいっぱいなのです。。。)

2011年の私の夏休み、しっかり満喫しましたが、やっぱりあっという間という感じでもありますね。
実家ではダラダラし過ぎて、料理の写真とか全然撮ってない、、、ジュンサイたっぷりのそばとかとんぶりいっぱい混ぜた冷やし中華とか食べたのにねぇ。
帰りは、盛岡から東北新幹線に乗って成田空港へ。
新幹線の楽しみは、やっぱりお弁当。

20110814日本駅弁01

盛岡の駅で枝豆が売っていたので大喜びでビールと一緒に買ったら、、、生でした~
確認しなかったのが悪いんですけどね、紛らわしい売り方しないで欲しい・・・・。
味見もさせてくれたんですよ~、もちろん茹でてあるもので、ウマイ! 2袋! って買っちゃったんですよね。
この枝豆は、仕方なく空を飛んでタイまでやってきました。

私が選んだのは、みちのく味めぐり弁当

20110814日本駅弁10

東北の4県の名物がギュッとつまったお弁当です。
秋田は、比内地鶏の鶏飯、青森は、帆立飯、岩手は、三陸産秋刀魚の磯辺揚げ、山菜の醤油漬け、赤カブのスライス、宮城は、鮭はらこ飯、、、と、炭水化物充実弁当です。
私は、ご飯をお酒のおつまみにできるんです。
鮭はらこ飯って、岩手の名物かと思ってたんですが、宮城もなんですね、三陸ってことなんでしょうか。

20110814日本駅弁02   20110814日本駅弁03

おにいさんが選んだのは、イーハトーブ花巻(故郷弁当)。

20110814日本駅弁07

鮭西京焼き、ベビーホタテうに醤油焼き、煮物、白金豚ごましゃぶしめじ添え、かしわそば蕎麦の実そえ、味噌饅頭、十穀米、ウニ醤油のおにぎりウニ添え、香の物チャグチャグ漬け

震災復興の東北支援、何もできていない私ですが、ほんの少しだけ貢献できたかしら、、、!?
日本酒はたっぷり消費しましたけど。
秋田は、直接の地震の被害はありませんが、「東北」のイメージが同じなのか、そもそも日本経済がそれどころではないのか、とにかく観光客が激減していて、やはりダメージを受けています。
東北新幹線もやっと正常ダイヤで運行されるようになったそうですので、もっと東北にたくさんの人が集まって、元気な東北が戻ってくるよう祈っています!
みなさまもよろしくお願いします!!


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。