雨期後半、気になる水位と鍋料理

日本の台風の被害は、想像以上の大きさに驚いております。
被害に遭われた皆様には、心からお見舞い申し上げます。

しかし、タイも他人事ではなく、、、台風こそやってきませんが、洪水の被害は全国各地で深刻なものがあります。
もし関心を持っていただけるのでしたら、コチラから被害の様子を見てみてください。
でも、このサイトのトップを見たら、なんかタイや日本だけでなく、パキスタンやマレーシアもだし、世界各地で大変なことが起こっていますね。
どれだけ寄付しても足りない状態で、もうそんな寄付できる余裕もどこまであるのか、、、どうしたらいいのでしょう。

タイという国は、とても大きいので、よく言われるのが「チェンマイで洪水が起これば、1ヶ月後にバンコクにやってくる」ということです。
バンコクもちょっとの雨ですぐに洪水になって、それは雨期の風物詩でもあるのですが、さすがに床上というのは、私が住むシーロムではなくなっております。
それも王様のおかげかと感謝の日々ですが、しかしチャオプラヤー川の水位はとても気になります。
上流は、すでに各地で洪水が発生していて、毎年のことですが、アユタヤあたりはバンコクの犠牲になってわざと川の水を流されていると聞いたこともあります。

20110922タークシン橋4

私の勤め先は、「川向う」と呼ばれるトンブリ地区にあって、住まいのシーロムからはタークシン橋を渡ります。
これは通勤途中のタークシン橋からの眺め。
たま~に勘違いされている方がいるのですが、タークシン橋は、いつぞやの首相の名前ではなく、トンブリ王朝のタクシン王の名前からきています。
ビミョーに発音が違うのですが、日本人が発音すると同じになってしまうので、王様のお名前の方は、タークシンとちょっとのばすつもりで発音するといいです。

話しがそれますが、この川べりでただいま建設中のコンドミニアム。

20110922タークシン橋1

このコンドーのせいで、弊社からの川を眺める絶景がすっかりさえぎられてしまい、私は「第2のバブルの塔」と呼んでブーブー言っています。
完成したらこのあたりもずいぶんと人口が増えるんでしょう。
お店やレストランが増えて便利になるのはいいけれど、さらに渋滞がひどくなるかと思うと、いいんだかなんだか・・・って気になります。
第1のバブルの塔は、この対面にあるのですが、、、

20110922タークシン橋3

たまたま虹が出てたので撮ったんですけど、このビル、いつか倒れるんじゃないかとヒヤヒヤです。
かれこれ15年以上、1997年のタイのバブル崩壊前から放置状態。

今年の異常気象を感じるのが、タイがちっとも暑くないってことです。
たま~にタイらしい日はありますが、なんかどんより曇り空の日が続いています。
昨日なんて寒くって(会社にいるとエアコンが・・・)、思わず夜の約束は、鍋をお願いしてしまいました。

20110922JIMJEAW1.jpg

シーロムにある「Jim Jeaw House」です。
タイでは1年中鍋やってるんですけどね、お気に入りのこのお店は、オープンエアの店なので、やっぱり涼しい日がいいですよね。(とはいっても28度くらいだと思うんですが)

20110922JIMJEAW5.jpg   20110922JIMJEAW2.jpg

昨日は、食べるのとしゃべるのに夢中で、これは昨日の写真ではないんですけどね、それだけよく通っているってことでもあります。
なんか東北風なのか北部風なのかちょっとかわった鍋で、店の名前がついたオリジナルのようです。
でもこの店、たまに味がかわってることがあって、先日は、大ガッカリでした。
昨日は、鍋の形が変わってましたが、味は、まあまあかな、、、ハーブがちょっと足りなかった気がするけど。

20110922JIMJEAW9.jpg   20110922JIMJEAW6.jpg   

このタレがまたおいしい、ちょっと味噌っぽくって辛くはないんですが、なんかひかれる味です。
日本人ならやっぱり〆はこれ!
昨日は、ご飯にたどり着く前にお腹いっぱいだったのでやめておきましたけど、実際のところ、レモングラスやコブミカンの葉や食べられないモノがいっぱい入っているので、こうい鍋はおじやにするのはちょっと不向きかも・・・。
味は絶妙なので、ご飯投入前にいろいろすくってしまうのがよさそうです。

さてさて、今も雨が降っているバンコク、オフィスは寒くて上着を着こんでおります。
今晩は、何にしますかねぇ~?


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)




弊著「南国(タイ)の野菜たち」には、タイの野菜情報やレシピがたくさん載っています!
日本国内の方は、アマゾンでどうぞ!(書店では販売しておりません。)
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでお求めいただけます(よく売り切れになってますが、頼めば入荷します)。
タイ在住の方、タイ好きの方、野菜好きの方はぜひお求めになってみてください!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。